アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

『ウォーマー株式会社』

user-pic
0

記念すべき第1回目は、
静岡県沼津市にある『ウォーマー株式会社』さんを紹介します。


創立は2004年4月。まだ若い会社です。
従業員数は、10名。
取扱業務は、製缶/射出成形型製作/検査治具・加工治具製作です。
自社の技術を用いて、自社製品も作られています。
工場は2棟ありまして、製缶工場と金型・治具製作工場に分かれています。


製缶工場の方を紹介します。
製缶を担当している従業員の方は、6名です。

従業員の方は、皆若くて元気があります。

僕が行くと、大きな声で「ちわーっす!」と挨拶してくれました。

気持ちいいですね。
保有設備は以下の通りです。

・半自動溶接機500W 2台
・半自動溶接機350W 3台
・アルゴン溶接機 2台


4m四方程度のものは、普通に製作できるそうです。
この大きさのものを精度良く、組み立て溶接するんですって。
すごいですね。僕には想像もできません。

工場などへ出張して、設備のメンテナンスもやっているそうです。

工場内に2階建て事務所があったんですが、これも自分たちで作ったんだそうです。

※写真撮り忘れました。次回行った時に撮ってきます。


金型・治具工場を紹介します。
金型・治具を担当している従業員の方は、4名です。
受注可能な型サイズは、フロントバンパークラスだそうです。
すごいですね。

このサイズが可能なら、ほとんどの型は作れるでしょう。
バンパーの金型は、立ちが深いので加工するのに非常に苦労します。
5軸加工が必要だったり、巨大な可動駒があったりと、高い技術が必要な金型です。


中国や韓国の金型屋とも繋がりがあるそうです。

ネットワークが広いですね。
保有設備は以下の通りです。

・マシニング NIIGATA 800×450×450

10090190815.jpg



・マシニング OKK 1800×750×750
 

10090190857.jpg


・放電機 1台
・ワイヤーカット機 1台
・ラジアルボール盤 1台

・フライス 1台

10090194712.jpg



・旋盤 1台
 

10090194872.jpg


現在は、海外で作製された金型の修繕で忙しいようです。

型の修正は、CADデータが無かったり、CADデータ通りに出来ていなかったりで結構大変です。

ほとんど現物合わせになるのですが、そこで職人さんの登場です。

ウォーマーさんにも職人さんがいますが、これがまたホント、かっこいい!

言葉少ないんですが、こう何かオーラを感じます。(表現下手です。許してください)

こういう職人さんたちが現場を製造業を支えているんですね。


ウォーマーさんは、お客様が困っていることは何とかして助けたいという思いで、常にパワー全開で仕事をされています。

24時間体制。
キャッチフレーズは、「金型病院」「金型のコンビニエンス」だそうです。
面白すぎです!


検査治具は、主にプレス部品用のものを作製されています。
樹脂製の簡易検具から鉄製の量産検具までオールマイティーに作製されています。

僕が行ったときも、樹脂検具を機械加工しながら、量産検具を組み立てていました。
その他に穴開け加工治具なども作製されているようです。

大きさの制限は特に無いそうですが、マシンニングに乗せられる範囲かな、と言われていました。

テーブルが1800×750なので、相当大きいものまで作製できますね。


ウォーマーさんは金型が作れるので、自社製品を作ることも可能なんです。
今はちょっと時期が外れていますが、電子レンジ湯たんぽを作製、販売されています。
暖かさが長時間持続するということで、たくさんの方からご好評を頂いているそうです。
インターネットから購入することが出来ますので、今年の冬は是非お試しになってみてはいかがでしょうか。
他にも、こちらも自社製品ですが、AROMAピアスといった面白いものも販売されています。
詳しくは、こちらのページで。

http://www.warmer.co.jp/


今後は、「何でも作れる会社」を目指して頑張っているそうです。
ウォーマーさんの更なる発展を願っております。


今回、紹介しましたウォーマーさんの技術にご興味のある方は、
直接、お問い合わせ頂くか、
もしくは僕の方へご連絡頂ければ、ご紹介を致します。
どうぞお気軽にご連絡ください。


ウォーマー株式会社

代表 : 佐野 芳史

静岡県沼津市小諏訪44-2

055-923-5111


最後に、
ウォーマーさん、お忙しい中、貴重なお時間を頂きまして誠にありがとうございました。
いろいろなお話を聞かせて頂き、大変勉強になりました。
また、お伺いさせて頂きますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
一緒に元気な日本を作っていきましょー!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/14

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ