アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

JIMTOFレポート(1)【彦】

user-pic
0

今週と来週は、彦さんのJIMTOFレポートをお送りいたします。


こんにちは。彦です。

去る10月30日〜11月4日の6日間、お台場にある東京ビッグサイトにて 『第24回・日本国際工作機械見本市』こと“JIMTOF2008”が行われました。 

【ご参考】JIMTOFホームページ  → http://www.jimtof.org/

米国イリノイ州シカゴで行われる「IMTS」、欧州を巡回開催する「EMO」と並ぶ世界3大見本市のひとつに数えられる世界的に有名有力な展示会で、2年に一度行われています。

近年はアジア各国からの出展者・来場者も多くなっています。

自分、10月2日(日)に出かけてみました。

そこで気になった展示を、加工にこだわる『製造業応援ブログ!』の視点で2点(12/6と12/13)ご紹介します。


『株式会社ゴードーソリューション』(静岡県浜松市)
ひとつ目は、(株)ゴードーソリューションが、(株)エグロ(http://www.eguro.co.jp/ )のブースで展示したNC装置にビルトインされた“ナスカ”。

PCで動作する汎用CAM “ナスカ”が、Windowsが動作するNC装置、いわゆるパソコンNCで使えるようになった点で新しさを感じました。

これまでにも、ヤマザキマザックの自社製NC装置「マザトロール」で自社製のCAMが使えたり、オークマの自社製NC装置「OSP」で同じく自社製のCAM「ADMAC-Parts」が使えるといった例はありました。

しかし、今回の展示のように“ナスカ・旋盤”のような汎用の旋盤CAMが使える例は、初めてではないでしょうか。

プラットフォームとなったパソコンNCはファナック製の320i。

エグロ社が製造するNC旋盤の大部分はファナック製のNC装置を使っています。

業界全体を見渡してもファナックのNC装置は大きな占有率を持っていますから、このような動きは他の旋盤メーカー、マシニングセンタメーカーにも波及するかもしれません。


・12月には『ナスカ・プロ』を発売

なお、ゴードーソリューションは、内部のプログラムを全てWindowsベースに書き直したうえで機能強化を盛り込んだ新製品『ナスカ・プロ』を12月に発売します。

これまでのナスカはWindows以前のDOS時代に作られたプログラムを改良しながら機能拡張を続けてきたもの。

最新のPC用プログラミングの技術を用いて全面的に内部の改修を行い、今後の発展性・拡張性を確保したそうです。

これまでのナスカの利便性を継承しつつ、さらに見やすく分かりやすい画面構成、加工工程の編集機能等の強化など、操作性と機能アップを迅速・柔軟に継続できる基礎が整ったとのこと、これからの展開が楽しみです。

 

10117399640.jpg

(株)エグロ( http://www.eguro.co.jp/ )のブースの一角に展示された、ナスカをプリインストールしたNC装置。


株式会社ゴードーソリューション

〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町300-1

TEL  053-465-0711

代表取締役  白畑豊一

http://www.godo.co.jp/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/26

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ