アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

『株式会社 エヌシー精工』

user-pic
0
10121544895.jpg

今週は、静岡県牧之原市にある『株式会社 エヌシー精工』さんを紹介します。


創業1989年、設立1996年。
従業員は5名。
産業機械や医療器具、精密機械などの各種部品加工を業務とされています。


保有設備です。
・マシニング オークマ MC 40-VB 4軸制御
・マシニング オークマ MC 4-VA
・マシニング 大阪機工 VM 5?
・微細加工機 碌々産業 MEGAIII
・NCワイヤーカット 三菱 FA-S
・3次元測定器 東京精密 RVF800A
・フライス
・旋盤
・CAD/CAM


10121544790.jpg



エヌシー精工さんの得意とする技術は、精密微細加工です。
医療器具など高い精度が要求される部品を作られています。
使用機械は、ROKUROKUの高精度マシニングを使用。
加工精度を保つため温度管理がしっかりなされている特別ルームに設置されています。


10121544791.jpg



精度の良い機械でも使い手によって加工精度は変わります。
機械の特性工具の特性切削加工条件など、すべてパーフェクトな条件が揃って、はじめて高精度な加工ができます。
切削条件は、材質はもちろんのこと、工具形状や突き出し長さやチャック形状により微妙に変わります。
切削量も影響してきますので、最適な切削条件を探し出すことはとても大変な作業です。
エヌシー精工さんは、長い月日を費やし、独自の最適な加工条件を構築しました。
加工サンプルは、エヌシー精工さんのHPで見ることが出来ますので、是非アクセスしてみてください。


10121544792.jpg



加工分野は、精密微細加工のほかに、一般部品加工、各種治工具、試作部品加工なども手がけています。
こちらの分野も精密加工のノウハウを用いて、高い精度で加工することが出来ます。
オークマの4軸制御マシニングもあるので、円筒形の加工も対応可能です。


 

10121544794.jpg


エヌシー精工さんは、いろいろな展示会へ積極的に出展されています。
社長さんは、「自社で技術を磨いているだけではダメ、どんどん表へ出てアピールしていかなければ何も始まらない」と言われていました。
確かにその通りだと思います。
高い技術があっても、それを知ってもらわなければ何も始まらないのです。


10121544796.jpg



既に過ぎてしまいましたが、11/26〜28の中小企業総合展にも出展されました。(紹介が遅くなってしまいすみません。。。
来年も積極的に出展されていくということですので、出掛ける機会がありましたら是非エヌシー精工さんのブースに立ち寄って頂き、高精度で加工された作品の数々を手にとってご覧ください。
出展情報はエヌシー精工さんのHPで確認できます。


 

10121544895.jpg


エヌシー精工さんの今後の目標は、
更に精密微細加工や治工具加工の技術を高めて行き、幅広い分野でのオンリーワンを目指していくということです。
これからのエヌシー精工さんの技術発展を願っております。


今回、紹介致しましたエヌシー精工さんの技術にご興味のある方は、
直接、お問い合わせ頂くか、
もしくは僕の方へご連絡頂ければ、ご紹介を致します。
どうぞお気軽にご連絡ください。


株式会社 エヌシー精工
代表取締役 鈴木 広道
【本社】
〒421-0421 静岡県牧之原市細江1912-19
TEL:0548-22-6114 FAX:0548-22-6154
【吉田工場】
〒421-0304 静岡県榛原郡吉田町神戸3656-9
TEL:0548-23-4600 FAX:0548-23-4601
http://www.nc-seiko.co.jp/pc/index.html


最後に、
エヌシー精工さん、お忙しい中、貴重なお時間を頂きまして誠にありがとうございました。
いろいろなお話を聞かせて頂き、大変勉強になりました。
またお伺いさせて頂きますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
一緒に元気な日本を作っていきましょー!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/28

コメント(1)

| コメントする

1 ■精密機械では

加工は車の振動を避けるために夜中に行うとか聞いたことがあります。
晴彩 2008-12-24 15:44:13 >>このコメントに返信

2 ■>晴彩さん

100分の1以下を狙うような加工は、些細な条件の違いも影響するみたいですね。
振動や温度など常に最適な条件を維持するのは大変なんですね。
yamag 2008-12-27 22:05:02 >>このコメントに返信

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ