アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

『株式会社ケイテックデザイン』 【彦】

user-pic
0

大型連休の合間でありますが、すごいぞ!ブログは休まず掲載、今回は【彦】が担当いたします。


今回は、各種部品加工と治具の製作を手がける『株式会社ケイテックデザイン』(神奈川県厚木市)のレポートです。

 

「ケイテックデザイン品質」をモットーに、

  ・「1/100mmの加工精度」、

  ・「人の手技」、

  ・「神奈川・厚木発、地域密着ものづくり。顔の見える関係を大切にします」

 の3点をテーマに掲げる同社、先日の『テクニカルショーヨコハマ2009』( http://www.tech-yokohama.jp/tech2009/ 、2月4日(水)〜6日(金)の3日間、於:パシフィコ横浜)では、得意の精密加工部品のサンプルと、ラジコン飛行機向けを中心とした自社製スペシャルパーツを心技隊ブースに陳列、多くの来場者のみなさんが足を止めて見入っていました。


 

10147202633.jpg

 

10147202637.jpg

<(株)ケイテックデザインが『テクニカルショーヨコハマ2009』で展示した精密部品の一部。一番大きな8コのツメがある一番大きな円形の部品がφ20。上の写真はそのまま見たところ、下は卓上ルーペの大きなレンズを通して部品表面を真上から見たところ。>


 

o0800053310174486232.jpg

株式会社ケイテックデザイン
http://www.ktech-d.com/
〒243-0801 神奈川県厚木市上依知1429-1


・MCと汎用フライスを最適活用

金属部品の試作および治工具の製作を手がける(株)ケイテックデザインでは、現在、2台の汎用フライス盤と3軸のマシニングセンタ、5軸のマシニングセンタの計4台の機械設備が稼動しています。

高い加工精度と仕上げの速さがセールスポイントの同社、製作数が1個か2個の仕事も数多くあります。

このような小さなロットでは切削開始までの準備時間が長いマシニングよりも手動式の汎用フライスを重用しています。

さらに、汎用フライスは粗加工や追加工にもフル活用。

汎用フライス盤とマシニングセンタを最適に使い分けて、精密部品を手早く仕上げています。


o0800052110174486236.jpg


<汎用フライス盤。NCデータの準備が不要なため製作数が少ない部品加工などにはむしろ能率的。粗取りや追加工、NCデータではなく手で加工することで得られる情報量の多さを活かして、新しい材料や新しいエンドミルを使う際の加工条件の見極めにも活躍。>


・有意義だった「あつぎテクノフェスタ2007」への参加

ケイテックデザインの工場がある厚木市は神奈川県のほぼ中央、日産自動車のテクニカルセンターをはじめ、NTTや日立製作所、ソニー、リコー、富士ゼロックスなどの情報通信関連の研究センターが集まる中核都市です。

厚木市では毎年10月に「あつぎテクノフェスタ」(主催:厚木市、厚木市商工会議所)が開催されています。

ケイテックデザインが今年2月のテクニカルショウヨコハマへ出展した経緯、さらに「神奈川・厚木発、地域密着ものづくり。

顔の見える関係を大切にします」という事業姿勢の背景をたどると、2007年に行われた『あつぎテクノフェスタ2007』への参加が契機になったといえそうです。

『あつぎテクノフェスタへの参加は、申込み期間に応募して出展料を払えばOKという一般的なものではなく"推薦制"。 

2001年にCAD/CAMを用いたNCデータのサービス会社として創業し、2004年1月に待望の機械設備を導入して現在の工場を立ち上げ、2006年には5軸加工機も追加して業務を拡張してきたケイテックデザイン。

その間の実績と将来性が評価されての出展ながら、「推薦された背景には"加工道場ブログ"によるマメな情報発信の効果も大きかったはず。

出展させていただいて、来場者とのFace to Faceのコミュニケーションに大きな価値を感じた。」(ケイテックデザイン・栗山 薫社長)そうです。

出展が認められると展示ブースが無償提供されるとともに、地域のケーブルテレビである「厚木伊勢原ケーブルネットワーク」(通称"あゆチャンネル"。由来など詳細は割愛します。)による生中継番組のテレビ取材にも出演できます。



o0800062710174486244.jpg


<2007年10月26日(金)〜28日(日)に厚木商工会議所で開催された『あつぎテクノフェスタ2007』。"技術で創る元気なあつぎ"がテーマの技術展で、厚木市内外の31(団体数)の企業、大学などが参加。なお、期間中は厚木中央公園を会場に「あつぎ商観技能まつり・ハイウェーネット物産展」も同時開催されており、家族連れや小・中学生の来場者も多数。>



o0800059710174486246.jpg


<地元のケーブルテレビ、通称"あゆチャンネル"による生中継。写真は本番直前の「笑顔の練習」のひとコマ。(中央が栗山社長) ライブ映像は、会場内各階に設置された大画面モニターや小田急線本厚木駅前にある「あつぎビジョン」で放映されるほか、厚木市ホームページなど、Webで広く配信される。レポーターや中継スタッフには地元にある湘北短期大学の学生をはじめ市民レポーターも活躍。>


【ご参考】
『あつぎテクノフェスタ』Webサイト(2008年版)
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/atf2008/

あつぎテクノフェスタ2007ライブ中継のようす( 厚木市Webサイト )
http://www2.city.atsugi.kanagawa.jp/jouhouit/atsugi_media/live/page_21475.html



・不況なんのその、自社ブランド商品も鋭意開発中!
加工と並ぶ同社のもう一つの事業の柱が「各種治具の設計・製作」。加工に必要な治具を社内で準備することから始まりました。

このほか、"こだわりの加工"の究極を目指すべく取り組んでいる「5軸加工」、鋭意開発中の自社ブランド商品については、それぞれ別の機会にレポートしたいと思います。


10147202643.jpg


<テクニカルショウヨコハマ2009で展示したラジコン用の特製オリジナルパーツ。高性能プロペラの製作も5軸加工機を活かしておまかせあれ! 栗山さん自身が大のラジコンマニア。本気で競技に参加するラジコン飛行機ファンはケイテックデザインに相談するのが吉。>


o0800066910174489507.jpg


<自社ブランド商品も鋭意開発中。改めてレポートします。>




o0800074010174489512.jpg


当ブログ4月19日掲載の「竜家.net」(http://ameblo.jp/gs-field/entry-10245681113.html )ではゴールデンレトリーバーのワンコ部長こと"下田チュッチュ"氏にご登場いただきましたが、ケイテックデザインにもいらっしゃいました。 

チワワのミント氏、肩書きはれっきとした「営業部長」です。 一般的なチワワの体重は3kg前後ですが、部長の体重は5kg。

メタボ傾向につき生活習慣の改善が必要ながらも、「並の営業マンより良い仕事をする」(栗山社長)そうです。

「おおむね会社に居て来客の皆様のお相手をさせていただいております」とのこと、ぜひお立ち寄りください!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/47

コメント(1)

| コメントする

1 ■ご紹介ありがとうございます。

お二人には、本当に頭が上がりません。
日本の製造業を、元気していける様、お互い頑張りましょう。
大熊@KTD 2009-05-13 16:31:43 >>このコメントに返信

2 ■>大熊@KTDさん

コメントありがとうございます。
今度は僕がお邪魔しますので、加工道場でフライス教えてください。

日本の製造業、一緒に盛り上げて行きましょうー!
今後ともよろしくお願いします。
yamag 2009-05-18 00:28:43 >>このコメントに返信

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ