アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

中秋の名月&国際天文年 【彦】

user-pic
0

 【彦】でございます。

 10月3日(土)は「中秋の名月」でした。

 その晩の首都圏付近は夕方から晴れて、夜にはすっきりと月を見ることができました。

 秋、寒くてそれどころではない冬の夜や水蒸気やチリ・ホコリで空が濁る春〜夏とちがって、もっとも夜空に親しみやすい季節です。

 

 きたる10月24日(土)、国立天文台 三鷹キャンパス(=かつての"東京天文台")では、年に一度の一斉公開である『特別公開』がおこなわれます。

 普段は見学できない観測・実験施設の公開、天文学の最新の成果を紹介する展示、特別講演会、家族で楽しめるスタンプラリーなど、もりだくさんの内容です。

 メカ好き・道具好きな向きには、望遠鏡・双眼鏡・デジタルカメラなども興味の対象かと思います。 特別公開の日には普段は非公開の http://www.nao.ac.jp/about/mtk/visit/shisetsu_sonota.html#50cm などを見ることができます。 私個人としては「太陽フレア望遠鏡」など、是非とも間近で見てみたいです。

■ 国立天文台 三鷹キャンパス 『 特別公開 』 Webサイト

 → http://www.nao.ac.jp/about/mtk/visit/tokubetsu.html

 

 ところで、今年は ガリレオ・ガリレイが眼鏡のレンズを組み合わせて自作した4cm口径の望遠鏡を星空に向けてから400年になることを記念した『国際天文年』です。

 10月22日(木)〜24日(土)の3日間は「Galilean Nights(ガリレオの夕べ)」と題した"世界一斉観望会&木星観測キャンペーン"に設定されています。 

 

■ 世界天文年2009 日本委員会 ホームページ

 → http://www.astronomy2009.jp/index.html

 

■ ウィキペディア 『 世界天文年2009 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%A4%A9%E6%96%87%E5%B9%B42009

 

 さて、具体的に「秋の夜空を見てみたい」となったとき、どうすればよいでしょうか。 私は、まず(株)ニコンのWebサイトにある『 星空案内 』のページを見ることをおすすめしています。

 とくに、"詳細ページ"中ほどにある各惑星についての案内や『今月の星さがし』、『今月の星座』は親切だと思います。

 国立天文台の「ほしぞら情報」(http://www.nao.ac.jp/hoshizora/topics.html )も有力ですが、

書き方の平易な前者の方が、初級者にも馴染みやすいと思います。

 

■ ニコン 『 星空案内 』 Webサイト

 → http://www.nikon.co.jp/main/jpn/feelnikon/discovery/stars/

DSC_5138_.jpg

10月3日(土)の夜、デジカメで撮影した月。

太陽の光を反射している月面は地球の昼と同じ明るさ。 三脚を使わず、手持ち撮影でもきれいに撮れます。

 

では、よい秋の夜長を。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/222

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ