アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

『加治金属工業株式会社』 前編 【彦】

user-pic
0

  10月になりました。

  今回は航空機部品の加工を得意分野とする栃木県宇都宮市の加治金属工業(株)をご紹介します。

 

ユーザーの要求に応える一貫生産システム、複雑形状の5軸加工

 

 同社は、国産航空機やボーイング社の各種航空機の胴体や主翼を構成するメンバー(=骨格)部品を中心に、"大型の5軸マシニングセンタを用いた高速・高精度加工" と "あらゆるニーズに応える表面処理" を提供している航空機部品のエンジニアリング企業です。

 加工〜品質保証に必要な治具の設計・製作から加工品の表面処理・塗装にいたるまで、部品製作のすべてのプロセスを社内で対応できる一貫生産体制をもち、日本では数少ない米国ボーイング社の認定工場となっているなど、その技術力は国内外から高く評価されています。

 具体的には、ボーイング737、747、757、767、777について、主翼、フラップ、スポイラー、フェアリング、メインランディングドアなどを、また、エアバス機についてもA380の垂直尾翼の部品を製造しています。  みなさんが仕事に・旅行に利用している飛行機のどこかにも、おそらく加治金属工業の部品が使われているに違いありません。

 (機種と担当部品についての詳細は同社Webサイトをご覧ください→ http://www.kajimetal.co.jp/gijutsu.html

 

 また、官需機向けには、航空自衛隊のF-2戦闘機の垂直尾翼やパイロン等、F-15戦闘機のリアスキン、AH−1S対戦車ヘリコプターの胴体、MBRS多連装ミサイルシステムの発射台、輸送機の主翼、海上自衛隊の対潜哨戒機の主翼に関連する部品も製造しています。

加治金属工業(株)
http://www.kajimetal.co.jp
所在地: 栃木県宇都宮市 不動前2−2−46
従業員: 約100名

fig01_800.jpg

写真2 加工例

 

主力加工機は「MAG3」。同社の1号機は牧野フライスの国内1号機


 航空機の部品は、薄肉・軽量・高剛性・高信頼性の確保のために鋳造などは行わず、アルミ合金のブロック材から注文数だけ部品一点一点を削り出して製造することが一般的です。

 同社が手がけている各種部品も、アルミ合金のブロック材の大部分を切削除去するため、加工歪みの発生にも配慮しつつ最少の段取り回数と治具レス加工を基本方針として高精度・高能率に加工を行う必要があります。 また、加工するサイズも大きく、複雑な曲面形状も多い特性があります。

 このような加工の要求に応えるため、同社は牧野フライス製作所のフラッグシップ機のひとつである「MAG3」を主力NC加工機として稼働させています。

MAG3を選択した理由としては、
 1)海外製の5軸加工機よりもメーカーのサポート対応がよいこと、
 2)ファナックのNC装置を選択したかったこと、
 3)海外製に比べて高速加工と高精度の両立を期待できそうなこと、などがあったそうです。

 なお、MAG3を導入する際には、素材をセットしてから連続加工ができる加工システムを構築するべく、"機械加工専用の工場"も新たに建設したそうです。

 

 DSC_8802_800.jpg

写真3 5軸高速マシニングセンタ「MAG3」
 牧野フライス製作所製、主軸の最高回転数は30000rpm、3000×1500×500mmの加工サイズで、主翼の付け根や胴体の骨格部品にも対応。 なお、同社のMAG3は牧野フライスの国内納入1号機。"6パレットチェンジャ付きMAG3"としては世界1号機。
 なお、MAG3のほかにも、BMC-50E(東芝機械)、M-300L(森精機)、MC108H(牧野フライス)なども活躍。

 

DSC_8799_800.jpg

写真4 ワーク・治具のベースプレート

部品の素材(ブロック材)や第2治具を取り付けるためのベースプレート。 いくつかのパターンをあらかじめ用意している。

 

次回は同社のものづくりについて、もう少し詳しくご紹介したいと思います。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/80

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ