アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

オリンピックとものづくりの接点 【彦】

user-pic
0

 カナダ・バンクーバーを会場として、冬季オリンピックが開催中です。

 

 テレビで見ながら、

 《さすがにメダルを取るようなトップクラスは、もはや何かが違う、、、》と溜め息まじりであります。

 付け加えれば、わが家は今回のオリンピックが初めての「横長・薄型・地デジ」でのテレビ観戦、

 中継映像の美しさも溜め息混じりです。

 さらに、あと何年かすれば実験的に3Dのテレビ中継も始まるはず、

 《臨場感すごいかもなぁ、、》 などと妄想する次第です。

 

 このタイミングですので、今回はオリンピックとものづくりの接点を探ってみたいと思います。

  ちょうど、スポーツ雑誌の雄、Numberがこんな特集やってます。

◎ 『 バンクーバー五輪 匠たちの挑戦 』
  → http://number.bunshun.jp/column/list/original_column_id:499

 

 下記4つのレポートが掲載されています。

 いずれもものづくり系のみなさんも納得の、Numberらしい内容です。

  『 スケート界の"レーザー・レーサー"? ウエアを巡るハイテク開発競争。』
  『 ルールに翻弄されるスキージャンプ。日の丸飛行隊を蘇らせた最新スーツ。』
  『 日本の"ものづくり魂"から生まれた、上村愛子の金メダル・ブーツ。』
  『 上村愛子が使う秘密兵器とは?女王を支えるメイド・イン・ジャパン。』
 

 あるいは、Yahoo!トップページの特集に、先日このようなニュースが掲載されていました。

  ソフトボール元日本代表の高山樹里が全日本チーム入りした話題もあったボブスレー、

  東大阪市のねじメーカー「ハードロック工業」の技術が採用されているそうです。
  

◎ 【町工場から五輪へ】ボブスレーのナット メダル取り緩みなし

   → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100208-00000007-san-spo 

 
 
 一方でこんな記事もあります。 今回は転倒続出だったボブスレーですが、
 そのソリの製作、ドイツのクルマのチューニングショップが手がけているそうです。 
 洋の東西を問わず、職人の技の香りがぷんぷんします。
 
◎ 「これが世界NO1ソリだ!」
 
 上記のブログ、"氷上最速ECOカーを日本で作りたい。"と結ばれています。
 その気持ち、よく分かります。
 
 
 そういえば、昨年の北京五輪では埼玉県の「砲丸」づくりの職人が
 チベット問題に抗議してボイコットしましたが、
 (ニュース記事→ http:// www.j-c ast.com /2008/0 3/25018 226.htm l
 兎にも角にもスポーツを支える職人、好きです。
 
■ 砲丸の専門メーカー・(有)辻谷工業 (埼玉県富士見市)
  ホームぺージ → http:// www16.p lala.or .jp/tsu jitanih ougan/
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/231

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ