アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

『日本理化学工業』【モルテック松井様寄稿】

user-pic
0

今週は、株式会社モルテック社長松井様のブログ『金型屋の社長から愛をこめて』からご寄稿いただきました。

 

企業には人を幸せにする力がある。

企業にあるその力とは一体どのようなものなのか。

この記事を読むと社会における企業の役割について考えさせられます。

 

 

「日本理化学工業株式会社へ工場見学」

 

日本理化学工業へ工場見学に行ってきました。

moltec100516-01.jpg

こちらの会社は、『カンブリア宮殿』にも取り上げられて、何度もテレビに登場している有名な企業です。

全社員の7割が知的障がい者ということで、ご存知の方も多いと思います。

 

会社の玄関を入るとすぐに、受付の方が明るい笑顔で迎えてくれました。

大人数で伺いましたので、食堂兼会議室でお話しを伺いました。

 

始めに、大山会長が知的障がい者雇用の経緯について、丁寧に説明してくださいました。

 

昭和30年代前半に、養護学校の先生から頼まれて、テスト的に期限付きで2人を受け入れました。

当時、15才の少女2人です。

テスト期間が終わったとき、社員から

「そのまま雇ってあげようよ。」

「俺たちが面倒みるから。」

という声が上がり、思い切って正規採用としたそうです。

 

障がい者が、4〜5人に増えたとき、

「福祉施設で面倒を見てもらった方が彼らにとっては幸せなんじゃないだろうか?」

という迷いが生じました。

 

そして、たまたま出会った禅寺の住職に思わず相談したところ、こう言われました。

「人間には4つの幸せがあります。」

「1つ目は、愛されること。」

「2つ目は、ほめられること。」

「3つ目は、人の役に立つこと。」

「4つ目は、人に必要とされることです。」

「ほめられたり、人の役に立ったりできるのは、福祉施設ではなく企業なのです。」

「企業の方が人間を幸せにできるのはないですか。」

この言葉を聞いて、大山会長は障害者雇用の決意を固めたそうです。

 

moltec100516-02.jpg

 

こちらは、オリジナル商品の『キットパス』。

主原料は、化粧品にも使われているパラフィン。

安心素材ですし、濡れたタオルで拭き取れば、簡単に消すことができます。

幼児に、これで思い切り落書きさせて、五感を刺激することで感じる心を目覚めさせます。

産学連携により作り上げた商品ですが、「モノからコト」への移行が進む現代の時流に乗った商品と言えましょう。

 

moltec100516-03.jpg

 

食堂の窓にも、こんな風に落書きがありました。(笑)

いい感じですね〜

 

moltec100516-04.jpg

 

食堂の壁には、こんな風に皆さんの顔写真と共に、今年の目標が貼ってありました。

あちこちに掲示物が多いのですが、見ていると、働いている人たちの姿が見えて、温かい社風が伝わってくる感じがしました。

 

moltec100516-05.jpg

 

こちらは、工場内です。

どの方が障がい者なのか分からないくらい、皆さん、てきぱきと楽しそうに作業をしていました。

明るく挨拶をしてくれて、とても感じが良かったです。

 

moltec100516-06.jpg

 

障がいを持った人たちを教えるとき、最初は相当苦労されたようです。

大山会長は、

「障がい者だと言っても、会社には一人で来る。」

「信号も、ちゃんと守ることができる。」

「だったら、その能力で仕事ができる工夫をしよう。」

ということで、赤や青の色による識別を始めたそうです。

 

この他にも、あらゆる所に工夫が見られました。

「作業者がきちんと作業ができないのは、作業者が悪いのではなくて、指示方法がよくないから。」

そんな信念を持って、指導をしているそうです。

 

「障がい者の先輩が、後輩を指導するんです。」

というお話しにも驚かされました!

「作業を覚えるだけでも大変なのに、人に教えるとなるとかなりハイレベルなのでは?」

「本当に、そんなことができるんですか?」

そんな質問をしたところ、

「教えるというのは、上から目線ではダメなんです。」

「同じ目線の人が教える方が分かりやすいし、素直に聞いてくれます。」

という答えが返ってきました。

これには、目からうろこが落ちた思いでした。

 

今回の工場見学では、この他にも勉強になったりヒントになったことが沢山ありました。

また、大山会長のお話の中からも多くのことを学ばせていただきました。

とても感謝しております。

 

日本理化学工業。

経営的にも企業の社会的責任においても見習いたい会社です。

 

日本理化学工業株式会社 http://www.rikagaku.co.jp/

 

執筆:モルテック株式会社 代表取締役 松井様

モルテック株式会社 http://www.moltec.co.jp/

松井様ブログ http://ameblo.jp/moltec

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/114

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ