アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

書評『もし高校野球のマネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』【ochi】

user-pic
0

月末恒例の書評です。
今回ご紹介する書籍は、 『もしドラ』の愛称でお馴染みの
現在大ヒットとなっているコチラです。


o0320024010495800112.jpgのサムネール画像

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』

 

マネジメントの父と称され、世界最高の経営学者といわれた

ピーター・ドラッカー教授の経営書『マネジメント』。


高校の野球部の女子マネージャーみなみは、書店にてこの本を間違えて購入してしまいます。
はじめは難しくて後悔するのですが、しだいに野球部のマネジメントにも生かせることに気付きます。

 

甲子園を目指す野球部に、『マネジメント』を取り入れた感動の青春物語。

 

というわけで、この本は、
ドラッカーの『マネジメント』という、硬い本を題材にしているにもかかわらず。
すっと入り込めて、一気に読め、しかも、感動すらさせてくれる。


普段、ビジネス書を敬遠している方にも是非おススメしたい一冊です。




ただ、表紙が恥ずかしいんですよね

 


■ 目次
第一章 みなみは『マネジメント』と出会った
第二章 みなみは野球部のマネジメントに取り組んだ
第三章 みなみはマーケティングに取り組んだ
第四章 みなみは専門家の通訳になろうとした
第五章 みなみは人の強みを生かそうとした
第六章 みなみはイノベーションに取り組んだ
第七章 みなみは人事の問題に取り組んだ
第八章 みなみは真摯さとは何かを考えた


 

■ 書感

本書には本家『マネジメント』の引用が多くでてきますが、
引用の引用になってしまうので、
この書評では、あえて『マネジメント』の引用部分を避けて書いています。


本屋さんまでやってきた彼女は、店員にこう尋ねた。
「何か『マネージャー』、あるいは『マネジメント』に関する本はありますか?」
(中略)
「これなんかいかがでしょうか?これは『マネージャー』あるいは『マネジメント』について書かれた本の中で、最も有名なものです。
(後略)」(p13)

 

こうして、野球部の女子マネージャーであるみなみは
ドラッカー教授の『マネジメント〜エッセンシャル版』に出会います。
「女子高生にドラッカーを勧める店員さんって。。。」
という疑問は、話が進まないのでなしです。

 

 

・結局、野球部の定義は分からずじまいだった。そこでみなみは、もう一度『マネジメント』を初めからじっくり読み返してみた(p35)
・『マネジメント』を読み始めて以来、みなみには一つの信念が芽生えていた。−迷ったら、この本に帰る。答えは、必ずこの中にある(p43)

 

このようにみなみは、ことあるごとに『マネジメント』を開き、繰り返し読みます。
言うならば、みなみにとって『マネジメント』は座右の書となったわけです。
多くの本を読み、色々な知識、技術を知ることは大切なことです。

 しかし、このみなみように、一冊の信頼できる書籍に出会えることは
非常に幸せなことであり、実は非常に大切なことだと思います。

 


・「働く人たちに成果をあげさせる」ことは、マネジメントの重要な役割だった。そのためみなみは、「どうやったら部員たちに成果をあげさせられるか」ということをずっと考えてきた(p89)
・人を生かす!
 それがこの頃のみなみの口癖になっていた。一日二十四時間、どうやったら人を生かすことができるか、そのことばかりを考えていた(p121)

 

そしてその座右の書に書かれていることを、日々実践しようとして常に考える。
うっかり、読んだだけで満足してしまいがちですが、
このような本は実践してこそ意味があるわけです。

みなみのように、常に考え実践しようとしなければなりません。

 

 

冒頭にも書きましたが、この書籍の評価は、
ドラッカーの『マネジメント』という本を、
非常に読みやすく、広い範囲の方に読めるように仕上げたことです。

 

しかし、それ以外にも、
一冊の本との出会うことの大切さ。
繰り返し読み、愚直に実践していく、ことの大切さ
そんなことを教えてくれている気がします。

 


『マネジメント』というと硬いイメージかもしれませんが、

誰だって、何かをマネジメントしているはずです。


本家ドラッカーの『マネジメント』は気軽に読むには敷居が高い本ですが、
この『もしドラ』なら、比較的気軽に読み始めることができると思います。

 

『マネジメント』の取っ掛かりに是非




ただ、表紙が恥ずかしいですけどね

 

 

■ 書籍概要

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
岩崎 夏海 著 / ダイヤモンド社 (2009-12-04)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/117

コメント(2)

| コメントする
user-pic

『もし零細企業のカリスマ社長がドラッカーの『マネジメント』を読んでなかったら』
って本が読んでみたいので
書いて下さい。w

『もし零細企業のカリスマ社長が。。。』
よし、執筆しますよ!
。。。って
それって、大多数の社長が該当する気が。。。

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ