アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

「鈴鹿8耐」に出かけてみました 【彦】

user-pic
0

  【彦】でございます。 

 

 2週間まえの週末こと7月24(土)25(日)、いまさらながらではありますが当方家族、

 かの"日本最大のバイクレース"こと 『鈴鹿8耐』に初めて出かけてまいりました。

 

 2008年の東海大学のルマン24H自動車レースへの参戦( http://www.u-tokai.ac.jp/lemans/  )もそうなのですが、

 工学教育・メカニック教育の一環としてビックレースに参戦する動きが気になっていたこともあります。

  あるいは、『ソーラーカーレース』、『マイレッジマラソン』、『鳥人間コンテスト』などもそうです。

 

 たとえば、ソーラーカーレースのサイトで大会事務局コメントをみますと、"近年は、学生たちが車の車体製作などにもかかわることから、"ものづくり"の基本を学ぶ場として、高校、高専、大学関係者からも高い評価を受けています。" と書かれています。

 

 一方で、町おこしや地元のPRを目的に参戦する動きも気になります。

 たとえば、今年が参戦3度目という「石垣島マグロレーシング」。

 ホームページを見ますと、

 

 " でも、離島ということもあり、東京&大阪などからバイクで来るなんて人々は皆無に近い状況でした。

 「なんとか多くの人の目(とくにライダーさん)を石垣島に振り向けたい。」

 その夢を実現する方法として選択したのが、日本最大のモーターサイクルイベント「コカ・コーラ ゼロ 鈴鹿8耐」への挑戦だったのです。" とのこと。

  

 3度目のチャレンジである今年は、各方面の関心も高く、テレビ・雑誌などのメディアも積極的に取りあげたようです。


 

■ ウィキペディア 『 鈴鹿8時間耐久ロードレース 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E9%B9%BF8%E6%99%82%E9%96%93%E8%80%90%E4%B9%85%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

  

■  『 石垣島マグロレーシング、今年も鈴鹿8耐参戦へ 』(みん経/石垣経済新聞の2010年05月28日記事)

 → http://ishigaki.keizai.biz/headline/625/

 

■ 『 石垣島マグロレーシング 』 公式ホームページ (12位完走)

 → http://www.hippopotamus.jp/8tai/

 

■ 『 エヴァンゲリオンレーシング ロードレース版:鈴鹿8耐参戦 』 公式サイト(15位完走)

 → http://www.runat.co.jp/teamruna/eva.racing10/moto/

 

■ 鈴鹿8耐にエヴァ初号機出撃&対談第5回「ヒットコンテンツのメカニズム」その12

 ※ ビジネス面から"ヒットコンテンツ"について研究している筆者のしっかりした内容のブログです。 

 → http://blog.blwisdom.com/nozawa/201007/article_4.html

 ブログによると、今年の決勝日の入場者数は5万6千人。 ピークは1990年で16万人、年々減って2007年は7万5千人、メーカー各社がワークスチームを撤退した2009年が5万4千人だったそうです。

 

DSC_2293_800.jpg DSC_2484_800.jpg

 

 単なるバイクレースを越え、もはや"文化"のレベルに到達しているかのようなイベントの実際、

 今年はじめて出かけてライブでみることができました。

 

 下調べなどまったくせず、当然ながらインタビューの予定などもまったくなしに現地入り。

 そういうわが家にとっては日曜日よりも、4時間耐久・スリー走行・公式予選、パレード、前夜祭などなど、プログラム盛りだくさんの土曜日のほうが楽しめました。

 

 土曜日の夜、前夜祭の少し前の時間帯から、鈴鹿サーキット周辺で行われる一般参加によるバイクパレードもそうですし、今年が初めてという前夜祭でのSKE48によるパフォーマンスも想像以上で、いろいろな要素が相まってのお祭り(="日本最大のモーターサイクルイベント")なのだなぁ、と感じました。 競技の中心であるレーサー、マシン、チームスタッフならびにサーキットスタッフのスゴさはもちろんのこと、イベントを構成する各種ソフトウェアのスゴさも垣間見た気がいたします。

 

 結果、現地から帰って、『 しっかり予習してから、もう一度来てみたいレース 』と思いました。

 そのときには、パドックでのインタビューなどもしてみたいです。 ( もしもインタビューをするとなると、さらに早く、木曜日・金曜日から現地入りする必要もありそうです。)

 

 

□ ご参考 : 『 "コカ・コーラ ゼロ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 』ホームページ

 → http://www.suzukacircuit.jp/8tai/

 

□ ご参考 : 『 2010 Dream Cup ソーラーカーレース鈴鹿 』 公式サイト

   → http://www.dream-cup.com/

 

□ ご参考 : ウィキペディア 『 ソーラーカー 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC

 

□ ご参考 : 『 Honda エコマイレッジ チャレンジ 』 公式サイト ( 今年から大会名が変更されました。)

 → http://www.honda.co.jp/Racing/ecopa/

 

□ ご参考 :  ウィキペディア 『 本田宗一郎杯Hondaエコノパワー燃費競技全国大会 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E5%AE%97%E4%B8%80%E9%83%8E%E6%9D%AFHonda%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E7%87%83%E8%B2%BB%E7%AB%B6%E6%8A%80%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E4%BC%9A

 

□ ご参考 : ウィキペディア 『 6ストローク機関 』 (マイレッジマラソン関連)

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/6%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%A9%9F%E9%96%A2

 

□ ご参考 : 読売テレビ放送 『 鳥人間コンテスト 』 公式サイト

 → http://www.ytv.co.jp/birdman/

 

□ ご参考 : ウィキペディア 『 鳥人間コンテスト選手権大会 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E5%A4%A7%E4%BC%9A

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/235

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ