アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

日本の○○をグラフ化してみる【彦】

user-pic
0

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

 

振り返ってみますと、一昨年(2009年)の年明けあたりをドン底として、

その年の後半、昨年と、徐々に仕事が増えて迎えた新年、

取引先各社・同業各社の予想を総合しますと、今年も後半にむけて回復基調ということで

さらに良い年間違いなし(!)な気がいたします。

 

このような右肩上がりの局面においては、

今年の自分としましては、無病息災・無事故・無違反の第一目標をそのままに、

よりいっそう 無理なく・無駄なく、小さな工夫とチャレンジ精神で日々前進したい次第であります。

 

また、新しく“動画による情報発信”にも取り組みたいところです。

小さなデジカメにも一眼レフにもハイビジョン画質の動画機能が標準装備の今日、

YouTubeはじめ、各種SNSでも動画対応がすすみ、ケータイでも動画再生ができるとなれば

《そろそろ活用してみようか、、》 と思わずにいられない新年です。

 

知人からきくには、最近は使いやすく本格機能を備えた動画編集ソフトさえも無料とのこと。

「“Aviutl”がいいよ」というので、近々試してみたいと思っています。

 

■ ウィキペディア『 Aviutl (エーブイアイユーティル)』 → http://ja.wikipedia.org/wiki/AviUtl

 

==================

 

さて、今回は【彦】の新年初投稿、このような情報サイトはいかがでしょうか。

 

『経済・投資を中心に時節やモバイルなど多彩で他愛もない情報(Garbagenews)をお知らせするサイト』

 → http://www.garbagenews.net/ 

 

たとえば、このような情報がグラフで示され、分かりやすく解説されています。

 

【国債・公債のデフォルト確率上位国をグラフ化してみる(2011年1月15日版)】
 → http://www.garbagenews.net/archives/cat_24574.html

 

【主要国のGDPをグラフ化してみる(2008年分反映版)】
 → http://www.garbagenews.net/archives/1335765.html

 

【主要国の対外純資産額をグラフ化してみる】
 → http://www.garbagenews.net/archives/1199207.html

 

【世界の対外債務国ワースト20をグラフ化してみる】
 → http://www.garbagenews.net/archives/1195325.html

 

【世界の対外債務額上位20国をグラフ化してみる(2010年2月16日更新版)】
 → http://www.garbagenews.net/archives/1269735.html

 

【日本の経済成長率をグラフ化してみる……(上)用語解説】
 → http://www.garbagenews.net/archives/1060922.html

 

【日本の経済成長率をグラフ化してみる……(下)グラフ化とオマケ】
 → http://www.garbagenews.net/archives/1060924.html

 

【日本における学歴・性別と失業率との関係をグラフ化してみる(2009年版)】
 → http://www.garbagenews.net/archives/1593519.html


【「新卒でなくとも新卒扱いで応募可能」な企業の動向をグラフ化してみる】
 → http://www.garbagenews.net/archives/1593295.html

 

 

ほかにもいろいろあります。

興味のある方は、同サイトの『 特集 』 カテゴリ( http://www.garbagenews.net/archives/cat_23761.html )を 是非ご覧になってみてください。  実にいろいろな情報がグラフ化されています。

 

  自分としては情報、および情報開示そのものの重要性もさることながら

  情報をどのようにして相手に伝えるか、開示のタイミングや方法論、そういう視点でも

  なかなか興味深いサイトだと感じました。

 

本年もよろしくお願いいたします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/164

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ