アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

溶接を趣味として始めるには【yamag】

user-pic
0
110220banner01.jpg

溶接体験教室が人気のようですね。自分の手で好みのアイアン表札やランプなど作れたら楽しいですよね。溶接というと、難しい、怖い、というイメージがあると思いますが、やってみると意外とそうでもなかったりします。鉄や溶接棒が溶けていく感触はなかなか気持ち良いものですし、鋼材を思うままに操れる感覚はとても楽しいです。そんな魅力のある溶接を趣味として始めるとしたら、何が必要でいくら掛かるのか。"溶接"をキーワードにいろいろと調べてみました。


溶接を趣味として始めるために必要なもの

必要なもの 各メーカーから様々な仕様のものが出ています
溶接機
遮光面
溶接棒
皮手袋
エプロン


溶接を趣味として始めるために必要な予算

  • ・溶接機 ¥9,000 ~ ¥40,000
  • ・遮光面 ¥1,500
  • ・溶接棒 ¥2,000
  • ・皮手袋 ¥400
  • ・エプロン ¥2,000

合計 約¥15,000 ~ ¥45,000

最低¥15,000あれば道具を揃えることができるんですね。もっと10万円くらいすると思っていました。趣味として始めるにはそれほど金銭面でのハードルは高くないようです。
でも経験無しにいきなり道具を揃えるのは勇気が要りますよね。ワークショップやホームセンターなどでのイベントに足を運んで溶接を体験してみましょう。

溶接を体験しに行ってみる

110220icon01.jpg アイアンワークショップ
多くのメディアで紹介されている人気のワークショップです。
毎週水曜日と土曜日に開講。1回約2時間5,000円です。
ショートコースもあるそうです。
110220icon02.jpg KANAMONO工房
こちらも多くのメディアで紹介されている人気のワークショップです。
基本的に毎週日曜日に開講。1回3,000円です。
こちらはテレビ放送された動画がありました。→「岩井が行く」(音が出るので注意!)
110220icon03.jpg 大島工業
こちらは2011年4月から再開予定だそうです。


少しでも溶接に興味を持った人は、こちらのサイトを見てもっと溶接を好きになりましょう。

溶接がもっと好きになるサイト

110220icon04.jpg 溶接の道
溶接関連の記事を画像や動画などを交えて紹介したり、管理人の体験を基にした記事を公開しています。
すごく分かりやすく書かれています。管理人さんの夢は巨大合体ロボットを作ることだそうです。いいですね!
110220icon05.jpg アーク溶接の原理
Youtubeからです。
こういう実験は本当におもしろい。ワクワクしてきます。
110220icon08.jpg 溶接人
スター電器製造株式会社が運営しているサイトです。溶接の魅力がたっぷりと書かれています。
趣味で溶接を始めたい人には役立つ情報が満載です。僕も今回いろいろと参考にさせて頂きました。
110220icon07.jpg 『なっちゃん』『とろ鉄』 鉄工所マンガBIG2が語る奥深き溶接の世界
昨年のウエルディングショーで行われた、たなかじゅんさんと野村宗弘さんのトークショー&サイン会の模様です。


僕は20年くらい前に木型屋で検査治具や倣いモデルのフレーム製作で溶接を使っていました。下手くそだったので、火花を飛ばしまくってあちこちに火傷をしていました。でも、こんな僕でもたまにビードが上手く盛れるときがありました。そんな時は自慢したくなるくらいうれしくなります。はじめにも書きましたが、(趣味としての)溶接はそれほど難しいものではないと思います。自分の手で自分のイメージしたものを鉄を溶かしながらあれこれと作っていくのも楽しいと思います。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/171

スター電器(スズキッド)のノンガス直流半自動溶接機「アーキュリー(Arcury)」シリーズの製品一覧をご紹介します。 価格は、40%近い割引を行っている販... 続きを読む

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ