アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

『昭和精工株式会社』後編【yamag】

user-pic
0

引き続き、昭和精工の訪問記です。今回は昭和精工の広い工場内を大公開。

 

工場見学

 

工場内を案内していただきました。

 

110401-01.jpg ショールームです。
昭和精工の公開できるすべての技術がここで見られます。順送プレス加工サンプル、FBプレス加工サンプル、削出し部品、レンズ。。。こんなものまで作っているのかー。と思う製品がいくつもありました。
製品一覧 → http://www.showa-seiko.co.jp/product/index.html
110401-02.jpg 左の写真は順送プレスの工程を並べたものです。順送プレスは、成形工程をいくつにも分けて、順番に成形し、最終形状に仕上ていきます。この成形工程を設計するのが一番肝で大変な作業なのだそうです。
110401-06.jpg 機械加工室です。
マキノ、オオクマの高速高精度加工機があります。その他にも汎用フライス、精密旋盤などがあります。
機械設備一覧 → http://www.showa-seiko.co.jp/facilities/machine/machine.html
110401-07.jpg HERMLE5軸加工機です。
しかも、C30とC40、2台もあります。CAMソフトは、work-NCを使用しています。5軸の加工データを作成している方が言われていた言葉が印象に残りました。「CAMソフトを使えるようになるのは簡単。どれだけ効率の良いパスを作るか、段取りはどのようにするか、実際に物を作る過程で考えなければならない部分については、やはり経験値が必要。ソフトがあるからできるってもんじゃない。」
110401-05.jpg 放電室です。
FBプレスは精密な形状のため、切削加工では難しい形状があります。その部位を放電加工で仕上げます。電極素材にはグラファイトと銅がありますが、昭和精工では主に銅電極を使用しています。
放電加工(wiki) → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E9%9B%BB%E5%8A%A0%E5%B7%A5
110401-08.jpg CAD設計室です。
とても広くてきれいでした。背中合わせではなく、コミュニケーションが取りやすい様に皆の顔が見えるように配置してあります。
110401-04.jpg 従業員の憩いの場所。休憩室です。
自動販売機、喫煙場所も設備されています。このような福祉の面もしっかり整っています。
充実した施設 → http://www.showa-seiko.co.jp/facilities/institution.html
110401-09.jpg 食堂です。
従業員130名がらくに座れる大きさのイスとテーブル。中央には大きな液晶テレビがあり、とてもゆったり食事を楽しめそうです。社内に厨房があり、栄養バランスをしっかり考えて作られたメニューになっています。働く人を大切にしていることがよく分かります。
110401-10.jpg 研究開発棟という関係者以外は一切立ち入れない場所があります。お客様からの難易度の高い開発要求に応えるべく、昭和精工のありとあらゆる技術が持ち込まれ、日々研究開発を行っています。

 

工場内はとにかく広くてきれいでした。社員の方もみなさん元気良くあいさつしてくれました。
どの部署のホワイトボードにもワークフローやスケジュールが貼られており、誰が見てもひと目で進捗がわかるように各担当者の予定が書き込まれていました。部署内の進捗を部署内全員が把握し、ミスなく作業効率を高める。昭和精工の高品位な製品はこうして生まれているのですね。

 

昭和精工ブランドを世界に

 

昭和精工は、海外へ向けた戦略も行ってます。高いFB技術を世界で流通させ、世界各国から受注が入るような企業を目指しています。どんなに複雑な難解な仕事でも積極的に受け、世界№1を目指し日々技術を高めています。

昭和精工の経営理念 → http://www.showa-seiko.co.jp/company/index.html

 

3時間に及ぶ工場見学は、海老澤さんの
当社は、『世界から認められる存在価値のある企業』になる。
という力強い言葉で締めくくられ終了しました。

 

 

海老澤さん、お忙しい中丁寧に対応して頂きありがとうございました。
プレス成形は、自動車ボディの何千トンという大物成形しか見たことがなかったので、今回、精密プレス成形の緻密な技術を見ることができて大変勉強になりました。同じプレスでもまったく世界が違うのですね。順送プレスはメンテナンス中で見られませんできたが、また機会があればぜひ見せてください。今後ともよろしくお願い致します。昭和精工の益々の発展を願っております。

 

今回ご紹介した昭和精工の技術に興味のある方は、直接、お問い合わせ頂くか、当ブログのお問い合わせページからご連絡ください。
http://www.sugoizo-blog.com/toiawase.html

 

昭和精工株式会社
神奈川県横浜市金沢区福浦1-4-2
http://www.showa-seiko.co.jp/


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/188

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ