アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

『株式会社小幡製作所』後編【yamag】

user-pic
0

先日、紹介した小幡製作所の自動加工機。その中のカテーテル自動加工機についてもう少し詳しく紹介したいと思います。

 

カテーテル自動加工機

 

カテーテルは、先端形状がストレートだと体内に入るときに引っかかるのだそうです。先端を斜めにカットし、更にRにすることで痛みもなくスムースに入っていくのだそうです。

 

カテーテル自動加工機の中ではこのような工程で加工されています。

 

110429-07.jpg
供給→定寸カット→内側面取→スエッジング→R面加工→排出

 

加工された実物を見せてもらいました。

 

110429-02.jpg
大きさはφ1mmくらいです。

 

110429-03.jpg
先端の外側が斜めにカットされ更にRが付いています。

 

110429-04.jpg
針を通したところです。引っかかりなく入って行きそうな感じです。この自動加工機の中では、このような細かい加工が行われています。

 

医療用としては他にも以下のようなチューブの加工機も作られています。

 

110429-05.jpg

 

このような高い精度が要求される自動加工機の製作も小幡製作所の得意とするところです。

 

小幡さんの閃きと行動力

 

小幡さんの閃きは、時として業界の枠を越えていきます。いろいろな開発事例の話を聞かせてもらいましたが、どれも僕の予想もつかない方向へと話が展開していき、とても面白く、また新たな気付きをもらいました。ひとつの事柄をあらゆる角度から見ることはとても大事なことだと改めて思いました。
また小幡さんは閃いたことややりたいと思ったことはすぐ行動に移していきます。技術やアイデアを売り込みたい人物や企業へは物積極的に連絡を取り、会いに行きます。
小幡さんは言います。
「仕事がない、なんて言うことはありえない。人が生活している以上、何かしら仕事はある。普段の生活の中で困っていることはたくさんあるでしょう。そういうところに気が付くか気が付かないか。視点を変えてみれば仕事はそこらじゅうにある。」
僕も自分の見える範囲、見えている範囲でしか仕事を探していないように思います。もっと広い視野で周りを見渡さなければいけないのだと強く感じました。

 

パートナーを募集

 

110429-06.jpg小幡さんの頭の中にはまだまだいろいろなアイデアがたくさん詰っています。小幡製作所で製作が可能なものは次々と製品化していますが、中には小幡製作所1社では技術的に資金的に難しいものもあります。そこで小幡さんは協力してくれるパートナーを募集しています。もし「興味がある」「一緒に開発したい」という方がいましたらぜひご連絡していただければと思います。よろしくお願い致します。

 

小幡さん、このたびはわざわざ横浜まで足を運んで頂き、ありがとうございました。これらかも世の中が便利になるような素晴らしい自動機を開発し続けてください。小幡製作所の益々の発展を願っております。

 

今回ご紹介した小幡製作所の技術に興味のある方は、直接、お問い合わせ頂くか、当ブログのお問い合わせページからご連絡ください。
http://www.sugoizo-blog.com/toiawase.html

 

株式会社小幡製作所
千葉県船橋市松が丘3-34-12
http://tecjp.net/obata-s/

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/199

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ