アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

おみやげに宇宙食を 【彦】

user-pic
0

【彦】でございます。

工場や市場の見学がブームのこのごろです。

今回は 横浜市の臨海部、みなとみらいエリアにある技術館をご紹介します。

 

技術館の名は、『 三菱みなとみらい技術館 』。

その名の通り 三菱重工業が運営しているコミュニティスペースです。

最寄り駅は、JR京浜東北線・根岸線や横浜市営地下鉄が通る「桜木町」、あるいは

横浜高速鉄道の「みなとみらい」ですが、日産自動車グロ-バル本社ギャラリー

http://www.nissan-global.com/JP/COMPANY/HQ/ )の最寄り駅である「新高島」、

さらには 散策を兼ねつつ「横浜駅東口」からでも歩くことができます。

 

近くには100円パーキングはじめ駐車場も多くありますし、

技術館のほかにも見どころ盛りだくさんのエリアですので、まるまる1日、

あるいは宿泊しても尽きないほどに 大いに楽しめると思います。

 

 ■ 『 三菱みなとみらい技術館 』 ホームページ

 → http://www.mhi.co.jp/museum/

■ ウィキぺディア 『 三菱重工業 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E9%87%8D%E5%B7%A5%E6%A5%AD

 

技術館のみどころは、乗りもの関連 ( 主に1階フロア )とエネルギー関連( 同 2階 )。

入場してそのまま進むと、左側に"航空・宇宙ゾーン"、 右側に"海洋ゾーン"と

"交通・輸送ゾーン"という具合に乗りもの関連の"体験型"展示が用意され、

2階にあがると"環境・エネルギーゾーン"を中心に、その傍らの歴史コーナーでは

歴代の代表的な鉄道車輌、艦船、船舶の模型も数多く展示されています。

( フロアガイド → http://www.mhi.co.jp/museum/information/guide.html )

 

なお、2階のトライアルスクエア(http://www.mhi.co.jp/museum/trial_square/、要当日予約)

では、 『 楽しみながらものづくりの一端を体験できる 』 コーナーとして 小学生以上

(推奨年齢:小学4年生以上) を対象とした 3つの体験講座が 人気を集めています。 

 

"3つの体験講座"とは、次の3つ。

 1) フェリー・深海潜水艇・ジェット機・ヘリコプターといった船や航空機の「設計」と「操縦」ができる
    オリジナルのソフトウェアを使った体験スタジオ 「 3D_CADワークス スタジオ プロ 」

 2) 特殊な仕掛けのテーブルの上に現れるデジタルパーツを、みんなで協力して組み立てて、
    蒸気機関車や自動車の製作体験ができる「フューチャーファクトリー」

 3) 大型モニタに表示されるCG映像と6軸揺動装置によって
    実機さながらの本格的なヘリコプターの操縦体験ができる「スカイウォークアドベンチャー」

 

平日の館内には 校外活動や修学旅行でみなとみらいエリアを訪れた小学生・中学生の姿も

少なくありません。  単に展示を眺めるだけの見学ではなく、身体を使う体験型のアイテムも

多いので 、じっとしていられない彼らも楽しそうです。

 

DSC0387_800.jpg  DSC_0494_800.jpg

【 写真左 】 上: ロケットエンジンの実物展示 ( 1階・航空・宇宙ゾーン )

        下:有人潜水調査船「しんかい6500」の実物大カットモデル ( 1階・海洋ゾーン )

【 写真右 】 上:発電用ボイラー模型/下: ガスタービン用空気圧縮機 ( いずれも2階 )

 

 

見学のあとは、1階にある「ミュージアムショップ」をのぞいてみるのも一興です。

いろいろな "らしい" アイテムが並ぶ中から、 話題づくりに・おみやげに、 私のイチオシは

 『 宇宙食 』 。 国際宇宙ステーションでも使われている(?) ほんものが購入できます。

保存食にもなりますし、食べれば《へぇー》と思うことうけあいです。

 

□ ご参考) ウィキペディア 『 宇宙食 』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%A3%9F

□ ご参考) ウィキペディア 『 国際宇宙ステーション 』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

 

 

入場料は、大人が300円、中・高校生は200円、小学生が100円。  しかし、

Webサイトにある 入館割引クーポンhttp://www.mhi.co.jp/museum/information/coupon/

をプリントアウトして持参すると入場者ひとりにつき100円ずつ割引してもらえます。

つまり、大人は200円、小学生は無料(!)。 

 

開館時間は10時~17時 ( 入館は16時30分まで)、

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)と年末年始、

模様替えやメンテナンスを行うための 「特定休館日」 は休館です。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/202

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ