アイテム

  • 110818-01.jpg
  • 110816-09.jpg
  • 110816-08.jpg
  • 110816-07.jpg
  • 110816-06.jpg
  • 110816-05.jpg
  • 110816-04.jpg
  • 110816-03.jpg
  • 110816-02.jpg
  • 110816-01.jpg
  • 110808-03.jpg
  • 110808-02.jpg
  • 110808-01.jpg
  • 110801-07.jpg
  • 110801-06.jpg
  • 110801-05.jpg

2011年8月アーカイブ

まもなく8月もおしまいです。残暑お見舞い申し上げます。

 

3.11を機に、電力の確保と節約に関心が高まった中で迎え、過ごした夏でした。

このような中、この8月前半、東京都内では、次のようなお知らせのニュースがありました。

 

東京都・産業労働局が7月28日に発表したもので、

 「生産活動・事業活動の継続にあたって電力の確保が不可欠な都内の中小企業、

  または(3社以上で構成される)中小企業グループを対象として

  ディーゼルエンジンやガスタービンエンジンなどを使った自家発電機の導入に必要な

  費用の一部を助成する」 というものです。

 

この助成は今年度から2年間行われ、

2年間に合わせて250社と10のグループへの助成を見込んでいます。

 

今年度中に申請した企業に対しては2000万円を上限に経費の3分の2を助成、

工場が密集する地域などで複数の企業が自家発電機を共同で導入する場合には、

今年度、5億6000万円を上限に経費の4分の3が助成されます。

助成を申請する際、各企業には、

発電量の見通しや設備の導入に向けた計画などの提出を求めていますが、

都は、必要があれば電力などに詳しい専門家を企業に無料で派遣することも行うそうです。

 

■ 東京都・報道発表資料 [2011年7月28日]

 電力確保に努める中小企業の皆様へ自家発電導入を支援します!

 平成23年度緊急対策事業 中小企業向け電力自給型経営促進支援事業

 自家発電設備導入費用助成のご案内

 → http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/07/20l7s800.htm


===================

 

中小企業では電力は電力会社から購入するのが一般的ですが、

大企業においては必ずしもそうではないようです。

 

たとえば、産業用の大口電力需要家に限れば

その3割程度の電力が自家発電によって賄われており、

石油石炭、紙パルプ、化学の各産業では

それぞれでは8割、7割、6割の電力が自家発電で賄われているそうです。

 

■ ウィキペディア 『自家発電 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%AE%B6%E7%99%BA%E9%9B%BB

 

■ 発電所保有企業幹部「電力会社から電気買うのはバカらしい」

 → http://www.news-postseven.com/archives/20110618_23167.html

 

また、2000年3月に「特定規模電気事業者 (PPS, Power Producer and Supplier) 」が

認められてからは、比較的大きな発電設備を持つ企業を中心に、売電事業に積極的に

乗り出すところも現われています。
 
中小企業や家庭においても、太陽電池や燃料電池などのコジェネレーション発電装置を備えて

余剰電力を売電する小口の自家発電が現われるようになっています。

 

■ 非常用発電機のメーカー、販売会社の一覧

  # "「砥石」と「研削・研磨」の総合情報サイト"ですが、発電機情報も充実しています。

  → http://www.toishi.info/link/emergencypg.html

 

■ 太陽光発電 ネット上最安値 発掘隊

  # 自分が思っていたより低価格でした。相場の参考になるかと思います。

  → http://www.taiyo33.net/


 

感動的な帰還をなした小惑星探査機はやぶさ。
あれからもう1年(と2ヶ月)が経ちました。
日本の小さな町工場の巧みな技術を集結したこの探査機。
はやぶさのこの感動の軌跡を思い出し、はやぶさが教えてくれた「あきらめない勇気」でいま立ちはだかる震災や円高という苦難をがんばって乗り越えて行きましょう!


はやぶさ感動の動画



11:17からの「おぉー、はやぶさ、おかえりー!」が何とも感動的です。



やっぱり日本の技術者はすごいと思う。



4:30~ イオンエンジンとは。
はやぶさ特集 2/3 http://youtu.be/O4Oc8pJvGnk
はやぶさ特集 3/3 http://youtu.be/E6nLhjUUxQU


夏休みの思い出に子供と一緒に作ってみませんか


□アオシマ 1/32小惑星探査機はやぶさ
・アオシマHP http://www.aoshima-bk.co.jp/
・はやぶさプラモ発売ニュース http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1004/20/news060.html


□ムック 大人のプラモランド vol.3
小惑星探査機はやぶさ(夜行バージョン)
はやぶさLOVEとくべつこうざ 


□大人の超合金
・小惑星探査機はやぶさ http://tamashii.jp/special/o_chogokin/spec/index03.php


□はやぶさレジンキット(販売終了ですが...)
・財団法人宇宙科学振興会 http://www.spss.or.jp/promotion/goods.html


映画『はやぶさ』10/1 roadshow


映画『はやぶさ』公式サイト http://movies.foxjapan.com/hayabusa/index.html


株式会社enmono(http://www.enmono.jp/ja/)の三木氏と宇都宮氏がパーソナリティーを務めるMMS(マイクロモノづくりストリーミング)に当応援ブログの書評ライターochi氏(株式会社モールドテック落合氏)が出演します。


次世代製造業潮流『マイクロモノづくりストリーミング(MMS)』
第16回放送 ゲスト:モールドテック落合孝明
http://7colors.tv/live/events/57681


応援ブログ記事(ochiさん初登場の記事)
さらに協力な助っ人あらわる【彦】 → http://www.sugoizo-blog.com/2009/06/post-31.html
書評『任天堂 "驚き"を生む方程式』【ochi】 → http://www.sugoizo-blog.com/2009/06/-ochi.html


㈱モールドテックは、プラスチックやダイカストなどの金型設計が主業務ですが、その経験値を活かし、モノづくりプロデューサーとしても活躍されています。
個人の方や製造業に縁のない企業などが、"自社商品を作りたいがどうして良いか分からない"というような場合、手描きのスケッチ図などから製品にするまでの工程を組み立て、データ作りから金型製作、製品成形までをプロデュースします。
事例紹介はこちら→http://www.pluto.dti.ne.jp/~m-tec/pg233.html


そして本事業とは別に、このブログで何度も紹介しています「製造業的復興支援プロジェクト」の代表も務めています。

110818-01.jpg
製造業的復興支援プロジェクト公式HP
http://mono-shien.com/


明日のMMSでは、モールドテックの事業紹介および事例と「製造業的復興支援プロジェクト」の活動についての話が聞けそうです。
なぜ、このプロジェクトを立ち上げたのか。遠方の支援者たちとはどのようにコミュニケーションをとっているのか。このプロジェクトは今後どのように進めていくのか。など、「製造業的復興支援プロジェクト」をもっとよく知りたいという方は必見です。


放送は、明日8月19日(金)12:00~13:00です。
ぜひご覧になってください。


8/9、宮城県名取市の仮設住宅「箱塚桜団地」に行って来ました。
前回は池袋から高速バスで行きましたが、今回は数名と乗り合わせて自家用車で行きました。


10時、名取市役所に到着。

2011/08/09 10:11:06
名取市市役所。みんな集まりました。これから仮設住宅に向かいます。 #製造業的復興支援 http://lockerz.com/s/127911490


今回の参加者数は、大人11名、大学生1名、小5女子2名、小4男子1名の計15名。
岩手、宮城、富山、栃木、茨城、埼玉、神奈川、静岡からの参加でした。
110816-01.jpg
みな、やる気に満ち溢れています。


名取市役所の担当の方に挨拶し、仮設住宅「箱塚桜団地」へ。
10時30分到着。
集会所で団地の役員の方々に挨拶し、作業の段取りについてミーティングを行いました。

2011/08/09 10:40:12
仮設住宅で軽くミーティングなう #製造業的復興支援


今回の作業は、
1)簡易網戸を設置する
2)エアコン室外機の上にウレタンマットを設置する
です。
箱塚桜団地は102戸あるため、効率よく作業するために網戸取り付け班と室外機ウレタン班の二手に分かれて作業することになりました。
室外機ウレタン班には親子チーム(3組)が、残りの大人たちと大学生が網戸取り付け班に回りました。


11時、作業が始まりました。

2011/08/09 10:54:33
簡易網戸取り付け作業始まる #製造業的復興支援 http://lockerz.com/s/127920894

2011/08/09 11:18:30
室外機ウレタン取り付け作業も始まりました #製造業的復興支援 http://lockerz.com/s/127926024


網戸取付は、一軒づつ家の方に声を掛けて設置の確認を取り、作業をしていきます。
右扉のお宅は玄関内側に、左扉のお宅は外側に付けていきます。
付属のマジックテープを上左右の縁に貼り、簡易網戸を張っていきます。
網戸のれん中央の部分にもマジックテープが付いているのですが、付属の両面テープだと接着力が弱くて剥がれてしまうので、皆で話し合い、マジックテープをホッチキスで止めることにしました。

110816-08.jpg
110816-03.jpg
110816-02.jpg
皆、暑い中、いい汗を流しながら作業しました。


ウレタン取付は、室外機にウレタンを乗せPPテープで巻いていきます。
110816-04.jpg


PPテープは子供たちが量産してくれました。
子供たちにとって大人たちとの共同作業はとてもよい経験になっと思います。
110816-05.jpg
110816-06.jpg
110816-09.jpg
子供たちも暑い中頑張りました。


作業していると仮設住宅の方々が「暑い中ご苦労さま、ありがとうね」と声を掛けてきてくれます。
そこから少し雑談なんかもして。
現地の方々とのこのような交流もこの復興プロジェクトの原動力です。


子供たちの大活躍で室外機ウレタンの取付は、お昼過ぎには終了しました。

2011/08/09 12:22:45
室外機ウレタン取り付け完成。#製造業的復興支援 http://lockerz.com/s/127939608


14時過ぎに全作業を終了。
網戸取付は、不在宅もあり、時間内には全戸設置することはできませんでした。


集会所で飲み物やアイスでのどを潤し、一服。
団地の役員さんに作業報告をして、15時に仮設住宅を後にしました。
110816-07.jpg


網戸を取付られなかったお宅は、翌日、宮城県在中のメンバーが行き、不在宅を除く全てのお宅の取付を午前中に完了させてくれました。


これでひとまず「即必要とされているもの」への対応は完了しました。
この夏の間に全戸に網戸の設置が間に合って良かったです。
室外機の雨だれの音もこれで軽減されることと思います。
少しでも快適にこの夏を過ごせてもらえたらうれしいです。


さて、製造業的復興支援、もちろんこれで終わりではありません。
これから更に議論を重ね、製造業ならではの支援の形を模索し行動していきます。


参加者のブログ
MSP社長の戯言ブログ「箱塚桜仮設住宅への訪問支援」
http://e098.dgblog.dreamgate.gr.jp/e88890.html


製造業的復興支援プロジェクト関連ツィート
http://hashtagsjp.appspot.com/tag/製造業的復興支援


製造業的復興支援プロジェクト公式HP
http://mono-shien.com/

何回か記事にしています「製造業的復興支援プロジェクト」ですが、本日8/8、公式HP、公式アカウントが公開となりました。

ホームページURL⇒http://mono-shien.com/
twitterアカウント⇒@monoshien

「製造業的復興支援プロジェクト」について


製造業的復興支援プロジェクトは、東日本大震災で家を失い、
仮設住宅での生活を強いられている方たちに対して支援を行っております。
製造業ならではの知識と技術で仮設住宅の問題点を解決し、
被災した方々の住環境を少しでも改善したいと考えた有志の集まりです。


日本の高度経済成長を支えた町工場が、
今度は震災からの復興へ向けて歩み始めた日本を支えます。
私たちは吹けば飛ぶような中小零細企業ばかりで、
決して経営に余裕があるわけではありません。
しかし、被災して何もかも失った方たちを想うと何もせずにはいられません。
力を合わせて取り組めば、きっと被災地のためになる支援ができます!


具体的な活動といたしまして、以下のようなことに取り組んでいます。
・玄関に網戸がなく、窓が開けられない問題について
・エアコン室外機への雨垂れ騒音対策(かなり大きな音がします)
・収納(押入れ・下駄箱・棚など)の提供
・その他、現地ヒアリングにて支援を要請された物の提供


このホームページは製造業的復興支援プロジェクトのメンバーと
ご支援くださる方々とのコミュニケーションの場として開設いたしました。


知恵がある方は知恵を!
資材がある方は資材を!
資金がある方は資金を!
熱い気持ちがある方は魂を!
どんな形でも結構です。応援メッセージをいただくだけでも、
その気持ちを「製造業だからこそできる支援」に変換して被災地に届けます!


製造業または製造業に関連する方だけでなく、異業種の方も遠慮なくご参加ください。
プロジェクトのメンバーも製造業だけではありませんし、
いろいろな方のご協力があってこそ、被災地に対して有効な支援ができると考えています。
我々の取り組みにご賛同いただける方は、是非ご協力・ご支援お願いいたします。


製造業的復興支援プロジェクト メンバー一同


7/20第2回目の訪問でいろいろな問題点があったことは先日書きましたが、
その後、2回の会議を行い、明日8/9に第3回目の訪問をすることになりました。


目的は、前回試験的に設置した
1)簡易網戸を全戸に設置する
2)エアコン室外機の上にウレタンマットを設置する
です。

110808-03.jpg


110808-01.jpg


私も明日は参加して汗を流してきます。
富士を3時に出て、5時に鶴見で合流、10時に現地入り。
15時ごろまで作業し、富士に22時過ぎに戻る予定です。
写真は出来る限りたくさん撮ってこようと思います。
活動報告は、このブログと「製造業的支援プロジェクト」公式HPにアップする予定です。

新聞記事からのクリップです。

 

日経ネット2011/7/19 のアップロードに

 「ものづくり」ならぬ「ものつなぎ」でも先端行く日本の接合技術
 企業も"つなぎ"新たな付加価値生み出す

という記事があります。 ( この記事、ログインなしで全部読めます。)

 → http://www.nikkei.com/tech/ssbiz/article/g=96958A9C93819696E0E2E2E1E48DE3E1E2E5E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 

  《 社会全般、このごろ"ものづくり"という単語の乱発が過ぎるのではないか?、

    そのものづくり、何をつくるものづくりですか? どういうレベルのものづくりですか? 》

 と問いたい場面が多すぎる 、、、と感じるこのごろ、

 「ものづくり」と「ものつなぎ」を分けて着目する視点に新しさを感じました。

 

あるいは、この記事も興味深かかったです。 同じく日経ネット、2011/4/26の記事、

 デザインと匠の技術で「地元ブランド力」高めよ

 → http://www.nikkei.com/tech/ssbiz/article/g=96958A9C93819696E0E0E2E7968DE0E7E2E6E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 

■ 日経ネット 『 ものづくり進化論 』 インデックス

 "「空き工場」で復興支援 中小企業の絆を生かせ" (2011/5/3記事)、

 "中小の町「総合製造業」に賭ける"(2011/1/18記事)なども 《 へぇー 》 と思いました。

 いろいろありますので、アクセスおすすめです。 

 → http://www.nikkei.com/tech/ssbiz/page/p=9694E0E5E2E3E0E2E3E2E1EAE4E0

 

 (以上です♪)

110801-00.jpg

工場、とくに製鉄や製油、製紙工場などの巨大プラントに惹きつけられる人は少なくないと思います。


闇の中に浮かび上がる巨大な要塞。
そびえ立つ鉄骨剥き出しの建造物、有機的に絡み合うパイプライン、光り輝く保安灯。
工場夜景は不思議な魅力に満ち溢れています。


わたしが住むこの街にも製紙工場がたくさんあり、夜ともなれば光り輝く巨大工場が浮かび上がります。

110801-05.jpg 110801-04.jpg


さて、今回はそんな魅力たっぷりな工場夜景の鑑賞ツアーをいくつか紹介します。
この夏休みに友人と恋人とお子さんと一緒に工場夜景の魅力にハマってみませんか。


●室蘭夜景ナイトクルージング http://www.muro-nc.com/
12人乗りのクルーザーで、JX日鋼日石、新日鉄、日本製鋼を船上から堪能。
大人¥3,000 小人¥1,000


●工場夜景ジャングルクルーズ http://www.reservedcruise.com/fact/
京浜工業地帯を見学。京浜運河、川崎港、塩浜運河、田辺運河、南渡田運河の工場を巡覧。
¥4,500 ワンドリンク付き


●川崎工場夜景スポット http://search.hatobus.co.jp/main/detail.php?id=12768
"焼肉のまち"川崎コリアタウンで焼肉を食べたあと、夜景スポットへ。川崎工場夜景ナビゲーターによる解説付
大人¥5,980 小人¥4,380


●川崎工場夜景バスツアー http://www.city.kawasaki.jp/event/info5881/index.html
普段入れない「川崎臨港倉庫㈱」の屋上から特別に工場夜景の鑑賞できる。
大人¥3,200 小学生¥2,500


●工場夜景クルーズ http://www.city.kawasaki.jp/event/info5370/index.html
屋形船の船上から川崎の工場夜景を見学。塩浜、池上、田辺、南渡田、京浜、大師。千鳥の7つの運河を回る。
大人¥4,000 小学生¥3,000


●千葉港めぐり観光船 http://www.chiba-port.co.jp/chiba_port1.html
食品コンビナート、成田空港へのジェット燃料の油送基地、JFEスチール東日本製鉄所千葉地区など。
大人980円  小人(小学6年まで)490円


●鹿島港遊覧船 http://www.kashimafuto.co.jp/
日本の工業生産拠点 鹿島港を遊覧。
大人¥1,200 小人¥600


●四日市コンビナート夜景クルーズ http://kanko-yokkaichi.com/index.shtml
四日市の幻想的な工場景観を堪能できる
料金はプラン別


●工場群夜景鑑賞バスツアー http://www.jtb.co.jp/shop/ShopOther.aspx?shopid=534&branchno=18
第一弾2~4月、第二弾5~7月、大好評にて終了。第三弾を8~10月に実施予定。


(東洋経済BOOK ニッポンの工場を参照させていただきました)




そういえば、夜景ではありませんが、九州~広島取材で工場群の写真を数枚撮っていました。
行きの新幹線の中から撮ったものなので、あまりよい写真ではありませんが。

110801-06.jpg 110801-07.jpg


撮った場所は、この写真と当時の車窓から見えた景色を思い出して、googleマップと照らし合わせてみたところ、山口県周南市沖見町1丁目付近だということが分かりました。
ここら辺一体に広がるコンビナートにすごく興奮したことを覚えています。
夜は相当美しい表情になるのでしょうね。

大きな地図で見る

RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ