アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

ポータブル発電機 vs 小型蓄電池 【彦】

user-pic
0

9月1日の防災の日が過ぎ、3.11から半年。

前回に続き、自家発電関連の話題を書きたいと思います。

 

今回はじめにメモしておきたいのはこちらです。  ( 残念ながら日本製ではありません。)

5月9日のNHKニュース「おはよう日本」まちかど情報局でも紹介されたところの

『 足こぎ発電機 "まわしてチャージ充電丸" 』です。

 → http://shopping.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&p=%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%81%97%E3%81%A6%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%B8%E5%85%85%E9%9B%BB%E4%B8%B8&uIv=on&first=1&ei=utf-8

 

『 手回し充電+ラジオ+LEDライト+携帯電話の充電機能 』の防災アイテムは種々ありますが、

"まわしてチャージ充電丸"は手回し式でなく、足こぎ式になっています。

( 口コミはこちらにあります。→ http://happy.nissen.co.jp/skus/1361834/reviews/ )

 

 

ところで、最近は電力回生機能のついた"走りながら充電できる電動アシスト自転車"が

各社から発売されています。

 

電動アシスト自転車のバッテリー容量は、普及クラスで70~100wh、

大型バッテリータイプならば150~200wh。 いざというとき、この電力を使えないものでしょうか

探してみると、、、、やっぱりありました。 こちらは日本製です。

日経トレンディの7月29日の記事に詳しくレポートされていますのでご紹介します。

 

■ 災害時にも活躍? 「発電機になる電動アシスト自転車」があった!

 → http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20110728/1036993/

 

============

 

ところで、アウトドアレジャーなど向けにポータブル発電機を所有する人も多いと思いますが、

今回の大震災では、ガソリンが買えない事態もおきました。(※)

最近は、カセットコンロ用のガスを使うタイプの発電機も現れているので、

これなら保存・保管しやすいので災害時にベターかもしれません。

 

   ※ ただし、長期保存に対応した「ガソリンの缶詰」という商品があります。 

     その名もズバリ 『 ガソリン缶詰株式会社 』 という静岡市駿河区の会社が製造。

     「軽油の缶詰」、「白灯油の缶詰」もラインナップされ、自治体などに人気があるそうです。

      Webサイト → http://homepage3.nifty.com/gaso-can/

 

 

代表的な発電機としては、ホンダの"エネポ"こと「EU9iGB」( http://www.honda.co.jp/generator/enepo/

または、かの可搬発電機メーカーことデンヨー(株)が製造している「GE-900B」「( http://www.denyo.co.jp/products/pdf/ge-900.pdf )でしょうか。

 

ちなみに、デンヨーのGE-900にはカセットボンベを使う「GE-900B」のほかに

LPガスボンベを接続して使用する「GE-900P」があり、

どちらのタイプも三菱重工はじめとする各社にOEMも行われています。

 

ちなみにエンジンはどちらも2馬力程度(ホンダは自社製、デンヨーは三菱重工製)、

発電量のカタログ値は、エネポが900VA(≒900W)、GE-900Bが850VA(≒850W)で

どちらもカセットボンベ2本を使用し、定格出力の場合で約1時間、

250W程度の負荷の場合は2時間の発電ができます。

 

  # 《 、、、、2時間しかできないの?? 》 と感じる方もいるかもしれませんが、、、。

 

============

 

しかし、電池が高性能になってきた最近は、さらに違う選択肢も現れてきました。

そうです。蓄電池です。 ポータブル発電機と同じくらいの価格(数万~10万円くらい)で

蓄電池が買えたら、どちらを買いますか?

去る9月5日、このようなニュースがありました。

 

■ ソニー、家庭用蓄電池を10月発売 需要高く発売前倒し
 → http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110905/biz11090516400013-n1.htm

 

容量は300wh。 30wの電機製品なら10時間くらい使える計算です。

ちなみに、三洋電機から発売されている蓄電池(容量:130wh)についても、

6月7日、このようなニュースがあります。

 

■ 三洋の小型蓄電池が人気 売上げが前年の10倍以上に
 → http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110607/biz11060723310046-n1.htm

 

今年は、ソニー、三洋のほかにも、各社からさまざまなサイズの蓄電池システムが発売されました。

緊急時以外においても、電力需要のピーク抑制に活用できるという点でも、

企業で、家庭で、これからは蓄電池の果たす役割が大きくなるのかもしれません。

  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/273

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ