アイテム

  • DSC_7577_800.jpg
  • DSC_7612_800.jpg
  • DSC_7599_800.jpg
  • DSC_7650_800.jpg
  • 12月号誌面_p66-67.jpg
  • 12月号表紙_800.jpg
  • 11月号誌面_p70-71.jpg
  • 11月号表紙_800.jpg

2011年12月アーカイブ

早いもので12月も後半になりました。

今回の投稿で2012年は〆であります。

 

書くまでもなく、ほんとうに多事多難な1年でした。

自分としては、《 なんとか乗り切った。。。 》 という印象の一年でもありました。

 

東日本大震災により被災されました方々には心よりお見舞いを申し上げます。

被災者の皆様が一日でも早く平穏な生活を取り戻されることを祈念いたします。

 

東日本大震災はもちろんのこと、その後の原発事故による避難や停電、

電力不足に伴う節電や日曜出勤、9月初旬の台風12号による紀伊半島の水害、

海外においては2月22日のニュージーランド地震での留学生の犠牲、

10月~11月のタイの洪水、日本人にとって、かつてない試練の年だったと思います。

 

■ ウィキペディア 『 東日本大震災 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD

 

■ 読売新聞社 『 2011年 読者が選ぶ10大ニュース 』

 → http://www.yomiuri.co.jp/feature/2011news10/list_j.htm

 

■ 共同通信社 『 2011年10大ニュース 』

 → http://www.kyodonews.jp/feature/top10/

 

製造業においては、"サプライチェーン" もキーワードのひとつになりました。

また、円高の影響も甚大でした。

エネルギー政策についても 流れが大きく変わりました。

 

今年を転換点として 新年は心機一転、新たなスタートを切りたいと思う次第です。

 

下記"レスポンス"、もともとは自動車情報のサイトですが、

2011年を総括する座談会の内容が その1~その6として公開されています。

ご参考として紹介いたします。

 

■ レスポンス【2011年10大ニュース座談会】その6 震災を経て学んだもの

 → http://response.jp/article/2011/12/28/167719.html

 

1年間 どうもありがとうございました。

みなさま、よい新年をお迎えくださいませ。

東京モーターショー2011が閉幕しました。

主催者の総括コメント、ならびに 出展各社のリンクURLをメモいたします。

 

■ 主催者・社団法人・日本自動車工業会による総括コメント

 第42回 東京モーターショー2011 成功裏に閉幕 -日本のモノづくりの逞しさを発信-

 → http://www.tokyo-motorshow.com/press_release/20111211.html

 

(以下、抜粋転記) 

 今回、会期を前回ショーよりも3日間短縮しましたが、会期中の総来場者数は前回比37%増の

 842,600人となり、第41回ショー(2009年)を大きく上回る結果となりました。 また、前々回の

 第40回ショー(2007年、会期17日間)の同一期間(10日間)の来場者数852,900人に迫りました。


 今回のショーを通して、様々な困難から立ち上がる日本のモノづくりの逞しさを

 国内外に発信できたものと確信しています。

 

 24年振りに会場を東京に移し開催した今回の東京モーターショーは、すべての

 国内メーカー14社・15ブランド、海外から21社・25ブランド(乗用・商用・二輪・カロッツェリア)

 が参加し、国際ショーにふさわしい展示内容となり、ワールドプレミア(世界初の発表)53台

 を含む最先端の製品や技術が多数登場しました。

 

 また、新たな取り組みである主催者テーマ事業"Smart Mobility City 2011"ではクルマ、都市、

 人々の暮らしに結びつく先端技術を発信したほか、5,500組以上が体験した「プロの運転による

 乗用車同乗試乗会」など、多数の参加体験型イベントを行いました。

 

 これに加えて、東京開催による来場者の利便性向上や平日午後8時までの開場、

 平日午後6時以降入場のナイター割引入場券の新規導入、臨海副都心をあげての盛り上げなど

 様々な施策が奏功し、成功に結びついたものと考えています。

 

(後略)

 

■ 時事ドットコム:特集「東京モーターショー2011」

 第42回東京モーターショーが30日、江東区有明の東京ビッグサイトで報道関係者に公開された。

 前回はリーマンショック後の世界的な不況で、海外の主要メーカーが参加を見送ったが、

 2年ぶりに欧州勢を中心に復帰。出展数は世界初公開の52車種を含む398車種に上る。

 → http://www.jiji.com/jc/v4?id=tms20110001

 

=================

 出展各社スペシャルサイト

 (下段は主催者サイトでの紹介ページ)

 

■ トヨタ企業サイト | 第42回東京モーターショー2011

 → http://www.toyota.co.jp/jpn/tokyoms2011/

  ( http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/110_070_Toyota001.html )

 

■ LEXUS> 東京モーターショー2011

 → http://lexus.jp/brand/ms/tms2011/

  ( http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/110_080_Lexus001.html )

 

■ 第42回 東京モーターショー 2011/日産自動車オフィシャルサイト

 → http://tms2011.nissan.co.jp/

  ( http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/110_130_Nissan001.html ) 

 

■ Honda | TOKYO MOTORSHOW Archives

 → http://www.honda.co.jp/motorshow/2011/

  ( 4輪:http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/110_270_Honda001.html )

  ( 2輪:http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/130_050_Honda001.html ) 

 

■ 【MAZDA】第42回東京モーターショー2011 マツダ ブースインフォメーションサイト.

 → http://www.mazda.co.jp/motorshow/

  ( http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/110_120_Mazda001.html ) 

 

■ 東京モーターショー2011 /三菱自動車のオフィシャルWebサイト

 → http://www.mitsubishi-motors.com/jp/discoveries/motorshow/2011/tms2011/ 

  ( http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/110_250_Mitsubishi001.html ) 

 

■ SUBARU : 第42回東京モーターショー2011

 → http://www.subaru.jp/tms2011/

  ( http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/110_140_Subaru001.html ) 


■ 東京モーターショー2011 【ダイハツ】

 → http://www.daihatsu.co.jp/motorshow2011/

  ( http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/110_090_Daihatsu001.html ) 

 

■ SUZUKI 第42回 東京モーターショー 2011

 → http://www.suzuki.co.jp/car/entertainment/motorshow/2011/

  ( 4輪:http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/110_260_Suzuki001.html )

  ( 2輪:http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/130_060_Suzuki001.html ) 

 

■ 第42回 東京モーターショー2011/ヤマハ

 → http://www.yamaha-motor.co.jp/motorshow2011/ 

  ( http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/130_040_Yamaha001.html ) 

 

■ 日野自動車 東京モーターショー2011スペシャルサイト | HINO GLOBAL

 → http://www.hino-global.com/j/motorshow2011/

  ( http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/120_010_Hino001.html ) 

 

■ ISUZU:東京モーターショー/いすゞ自動車の東京モーターショー2011情報

 → http://www.isuzu.co.jp/museum/tms/

  ( http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/120_020_Isuzu001.html ) 

 

■ 東京モーターショー2011/三菱ふそうトラック・バス

 → http://www.mitsubishi-fuso.com/ms/11/index.html

  ( http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/120_060_MitsubishiFuso001.html ) 

 

■ UDトラックス | TOKYO MOTOR SHOW - 東京モーターショー

 → http://www.udtrucks.co.jp/TMS_2011/

  (  http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/120_030_UDTrucs001.html ) 

  

■ 第42回東京モーターショー 2011 - Kawasaki

 「Ninja ZX-14R」など2012年参考出品モデル等12台を出展

 → http://www.khi.co.jp/news/detail/20111116_1.html

  ( http://www.tokyo-motorshow.com/booth/exhibits/130_030_Kawasaki001.html ) 


=================

 

 わが家は12/5(月)に家族で出かけました。

 

 (韓国の新聞社が「みすぼらしくなった」などと書いたそうですが)

 平日とはいえ思った以上に賑わっており、活気がありました。

 

 今回のモーターショーは 先進技術ショー/未来技術ショーとしてとらえるのが妥当と思われ

 《 出展していないメーカーの未来は厳しいのでは、、》 とも感じました。

 

 展示は、LFAや86、BRZなどの"非実用車"がカッコよかったです。

 憧れとでもいうのでしょうか、やはりスポーツカーには "分かりやすい夢"を感じます。

 ほかは、電気自動車とか家とクルマの連携などなど、

 あるいは、子供にも配慮した"家族で楽しめるブース/子供も楽しめるブース"も多く、

 この点もよかったと思いました。

 

 次回の東京モーターショーは2014年、自動車も・社会も ずいぶん変化していると思います。

 クルマの未来を楽しみにしたいと思います。

 

DSC_7650_800.jpg  DSC_7599_800.jpg

 

DSC_7612_800.jpg  DSC_7577_800.jpg

 

  

□ ご参考) Google 『 東京モーターショー の画像検索結果 』

 → http://www.google.co.jp/images?q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC&rls=com.microsoft%3Aja%3AIE-SearchBox&ie=UTF-8&oe=UTF-8&sourceid=ie7&rlz=1I7GZHZ_ja&redir_esc=&ei=pTv7TsXGIOSZiAeiwN25AQ&oi=image_result_group&sa=X

 

□ ご参考) Google 『 東京モーターショー の動画検索結果 』

 → http://www.google.co.jp/search?q=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC&start=10&hl=ja&sa=N&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&rlz=1I7GZHZ_ja&prmd=ivns&source=univ&tbm=vid&tbo=u&ei=ez77To6tC6iImQWEyPSuAg&oi=video_result_group&ct=title&resnum=4&ved=0CCYQqwQwAzgK



□ ご参考) 【Yahoo!自動車】東京モーターショー2011の特集記事です。

 モーターショーで展示された車やバイク、コンパニオンの画像や情報が満載。

 → http://motorshow.yahoo.co.jp/

 

□ ご参考) 東京モーターショー2011特集 - goo 自動車&バイク

 東京モーターショー2011の展示車画像やコンパニオン画像など豊富に掲載。.

 → http://motorshow.goo.ne.jp/

 

□ ご参考) 東京モーターショー2011 特集 【 carview 】

 クルマの底力を見せるべく、熱気ムンムンで開幕した東京モーターショー2011。

 フォト&レポート、動画、コンパニオンを続々公開!

 → http://www.carview.co.jp/tms/

 

 

2011年も残すところ10日あまり、今週もがんばりましょう♪

今年の春、日本工業出版(株)から復刊を果たした加工技術の月間誌 『機械と工具』。

ただいま販売中の12月号、特集は「先進加工を支える最新計測技術」です。

12月号表紙_800.jpg

 

■ 日本工業出版Webサイト 『 機械と工具・12月号 』 紹介ページ

 → http://www.nikko-pb.co.jp/products/detail.php?product_id=2616

 

===========

 

ところで、11月号から、ITツール関連のインタビュー記事の掲載が始まっています。

( 各号2ページずつ、なんと小生が寄稿してます 。。。)

  

今回は、NCデータのシミュレーション&最適化ツール " VERICUT " がおなじみの

株式会社CGTech ( 本社 : 東京都 豊島区 ) を訪問して、

複合加工・多軸加工の普及とVERICUTの活用動向について最新状況を伺ってきました。

 

下のJPEGがそのページ。 読めるサイズにしてみましたので ご覧くださいませませ。

(クリックすると さらに大きな画像になります。 ブラウザ&画面サイズによっては

 画像全体が見られない場合があるようなので、「リンクを新しいウィンドウで開く」がおすすめです。)

 

12月号誌面_p66-67.jpg

 

前回11月号は「HyperMILL」、今回は「VERICUT」で2011年は暮れていきます。

明けて新年、「機械と工具」1月号では、"ユーザサイドのIT活用の最新状況"として、

京都府の部品加工メーカの訪問インタビュー記事を予定しています。

 

「機械と工具」のこの連載誌面に登場ご希望の加工メーカー様も、

この応援ブログにご連絡いただければ訪問インタビューを検討いたします。

( しかしながら、原稿料ロハのボランティアですので、

 遠い場所などですとご希望にお応えできないかもしれません 、、、。。。 )

 

一昨日の晩は皆既月食。 先週は首都圏にも今年はじめての雪が舞いました。

師走も中旬、今週もがんばってまいりましょう♪

 

掲題の件、ミクシィのトモダチつながりで知りました。

個人ブログですが、このホットな内容、是非に紹介させていただきたいと思います。

 

■ taliaspeedさんのブログ『フィアット500とロックな毎日』・11月28日投稿
 → http://ameblo.jp/italiaspeed/entry-11092119132.html

 

【 本文イントロ 】 

> いかにGT-Rが凄いというか、日本のクルマづくりやモノづくりの凄さを

> 実感できます。私のようなクルマは好きですが、ローテクで機械に疎い

> 者には目から鱗のような話ばかりでした。。。。

 

【本文アウトロ】

> ちょっと長くなっちゃいましたが、是非この講演はクルマ好きはもちろんのこと、

> 日本のすべてのビジネスマンに見ていただきたいです。今後日本がどうやって

> 進むべきか、がここにあるような気がします。是非ご覧くださいね!

上記ブログの途中、このような動画があります。 GT-R、すごいです。
Video streaming by Ustream  

==============

話は変わりますが、こちらも紹介させていただきます。

 

■ TechCrunch 『 驚異の日本テクノロジー―Aerial 3Dは何もない空中に3D動画を投影 』

 → http://jp.techcrunch.com/archives/20111115aerial-3d-amazing-system-shows-3d-objects-in-mid-air-with-no-screen-video/

 

【 本文イントロ 】

> 2006年以来、日本の川崎市を本拠にするBurtonはスクリーンを使わず、

> 何もない空中(あるいは水中)に3D映像を投影するAerial 3Dというテクノロジーの開発を行なってきた。

> 私はこれこそ真の3D技術だと評したい 。。。。

 

 

いよいよ12月。 いわゆる師走です。

ますます慌ただしくなりますが、無事故・無違反・無病息災で今月もがんばりましょう。

 

RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ