アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

新モデル発表&スノモビ体験@苗場 【彦】

user-pic
0

 寒さもまだまだ続きますが、春の近さも実感するこの頃であります。

 

3月5日(月)、ヤマハ発動機からスノーモービル関連の話題がありました。

 

今年11月に販売開始の2013年モデルのスポーツモデル4機種と

マルチパーパスモデル3機種の発表ならびに予約スタート、というニュースです。

( 余談ですが、同社は昨年も3月5日に新モデルを発表してます。)

 

■ ヤマハ発動機プレスリリース 『 スノーモビル 2013年モデルについて 』

 マルチパーパスモデル2機種の足まわりを一新、新深雪での走行性能を向上

 → http://www.yamaha-motor.co.jp/news/2012/0305/snowmobile.html

 

報道各社からの配信では、写真盛りだくさん&解説も丁寧なこちらのサイトがおすすめです。

■ レスポンス 『 ヤマハ スノーモービル 2013年モデル...新深雪での走行性能向上など 』

 → http://response.jp/article/2012/03/05/170903.html

  

====================

 

この冬の我が家、苗場スキー場でスノーモービルを体験乗車しました。

ニュースにちなんで、スノーモービルの関連情報、紹介いたします。  

 

DSC_9294_800.jpg

 

■ ヤマハWeb 『 スノーモビル 』 総合サイト

 全日本スノーモービル選手権シリーズ・各戦のレース動画も掲載されています。

 → http://www.yamaha-motor.jp/snowmobile/

  

■ ウィキペディア 『 スノーモービル 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%AB

 

 

体験乗車は、「 約10分、専用コースを3周。 子どもの同乗もOK 」 という内容、

料金は チケットなら1000円分、現金なら1200円 と リーズナブル、

公道以外ならば免許不要、すぐに運転できます。

 

スノーモービルは憧れのヤマハ製、、、を期待したのですが、、、知らないメーカーでした。

日本で製造しているのはヤマハだけですので、少なくとも海外メーカーのようです。

 

シートに、社名らしきロゴが 、、

BOM、、BAR、、DIA、、、、ボンバーダイア? なワケないか、、、

えーと、BOMBARDIA、ボンバルディア?、、ってあの飛行機とか鉄道車両のボンバルディア??

 

自宅に戻って調べると 、、、おおー。

スノーモービルそのものが、1922年にカナダ人ジョセフ・ボンバルディア氏が登場させた乗り物、

スノーモービルで財を成し、かの重工業メーカー・ボンバルディア社の設立に至った、とのことです。

 

果たして、苗場のスノーモービルは ボンバルディア・レクレーショナルプロダクツ社

( 通称:BRP、http://www.brp-jp.com/ ) の製品。 各地の「RSSパワースポーツランド」

( http://www.takakiya.com/brp_powersportsland/ )で乗車できます。

 

 

一方、ヤマハの体験乗車スポットはこちらでチェックできます。 各地にあります。

 

■ ヤマハWeb > スノーモビル > 『 ゲレンデ情報 』

 → http://www.yamaha-motor.jp/snowmobile/gelande/

 

□ ご参考) 日本スノーモビル安全普及協会・ホームページ

 → http://www.jssa-smb.org/

 

DSC_8422_800.jpg

↑ は、2009年5月に竣工式・艦旗授与式をおこなった砕氷艦「しらせ」積載のスノーモービル。

( 2009年6月、海上自衛隊・横須賀基地での着任前の一般公開にて撮影。)

南極観測隊員の仕事と生活を支える、"プロが選ぶ・プロのためのスノーモービル"。

つくりの良さにしびれました。

 

====================

 

なお、2010-2011年の冬の豪雪を機に、大雪で通行止めになった公道に限り、

所管の警察署への届出を条件にスノーモービルの通行が認められる例外規定が設けられました。

 

■ 長野県警察本部Webサイト 2011年2月18日

 『 通行止め区間における道路管理のためのスノーモービル使用に伴う留意事項等について 』

 → http://www.pref.nagano.lg.jp/police/keimu/koukai/jkkoutu/tt_snowmobile.htm

 

( この通達、2011年2月18日発表の警察庁丁規発第10 号、丁交指発第19号の

 『 通行止め区間における道路管理のためのスノーモービルの使用に関する留意事項等について 』

 [ http://www.npa.go.jp/pdc/notification/koutuu/kisei/kisei20110218.pdf ] がオリジナルです。

 が、このpdf、カルチャーショックといいますか、一般人が読んでもほとんど分からない気がします。

 このことも含めて興味のある方は見てみてくださいませ 。。。 )

 

====================

 

蛇足ですが、スキーブーム&バブル華やりし1991年、

このようなプロダクツも販売されていました。

 

■ 雪上走行専用車「ホンダEZSNOW(イージースノー)」

 オフロードバイク「EZ-9」の派生モデルとして 前輪にスキー板、

 後輪に無限軌道のユニットを装着し、二輪車感覚でウインターレジャーを楽しめる

 → http://www.honda.co.jp/news/1991/2911120.html 

 

ベース車両であるEZ-9の本体価格(24万9千円)より10万円ほど高価ながらも

世界最小クラスのスノーバイクとして注目され、1991年と1992年のみの販売ながら

国内だけで各年150台ずつの販売があったそうです。

バブルとともに去りぬ、、、という感じでしょうか。(TT 

 

今週もがんばってまいりましょう ♪

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/303

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ