アイテム

  • Koma_120914.gif
  • DSC_0996_2K.jpg
  • DSC_0992_800.jpg

2012年9月アーカイブ

残暑の厳しかった首都圏もようやく涼しくなってきました。

 

ロンドンでのオリンピック ( 7月25日~8月12日 ) と パラリンピック

( 8月29日~9月9日 ) で盛り上がったこの夏でしたが、

そのメイン会場に設置されたモニュメントをめぐって、このようなニュースがありました。

 

■ 読売新聞Web  8月12日 『 ロンドン五輪で輝く、小さな会社のチタン技術 』

 → http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2012/news/topic/1/20120808-OYT1T00424.htm

 

[ 以下引用 ]

> ロンドン五輪で日本勢のメダルラッシュが続く中、新潟県燕市の中小企業が製作に参加した

> チタン製のモニュメントが、ロンドンのメーン会場近くの道路に設置され、五輪に華を添えている。

> モニュメント製造に携わったのはチタン製品メーカーの「ホリエ」。従業員数16人の小さな会社だ。

> 同社が作ったチタン製パーツを使ったモニュメントはロンドン市内のメーン会場と最寄り駅の

> ストラトフォード駅をつなぐ道路脇に、約250メートルにわたって設置された。

>

> パーツは縦3メートル、横6メートルの葉っぱような形で、風で揺れるときらきら輝き、

> 五輪の華やかな雰囲気を演出している。 同社は1984年に創業し、東西の緊張緩和により

> 軍事需要が高かったチタンの価格が下落したことをきっかけに、88年からチタンの加工分野に進出。

> 食器からバイクの部品まで幅広く手がけてきた。

> チタンの表面にある薄い酸化皮膜の厚さを1ナノ・メートル(ナノは10億分の1)単位で調節し、

> 塗料を使わずに約500種類の発色が出来る。

>

> 五輪でモニュメントを製作する英国の学生から多彩な発色ができるか問い合わせがあったのは、

> 2010年7月。 堀江拓尓(たくじ)社長(66)は「できますよ」と即答。 渡英して製作に携わる

> 地元企業などの前で実演してみせ、受注した。

>

> 昨年8月から作業を開始。中国製のチタン表面の保護材が粗雑で加工に苦労したが、

> 丁寧に表面を研磨し3か月遅れで仕上げた。 通常の塗装と比べ表面がほとんど劣化せず、

> 何十年たっても同じ色合いを残せるという。

>

[ 引用ここまで ]

 

□ 関連記事 ) 新潟新報Web 7月25日記事

  『 燕の技術で五輪を飾る、モニュメントに素材提供 』

 → http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/38124.html

 

□ 関連記事 ) 毎日新聞・地方版Web 7月26日記事

  『 ロンドン五輪:モニュメント、燕のメーカーが加工 社長ら知事表敬 / 新潟 』

 → http://mainichi.jp/area/niigata/news/20120726ddlk15050037000c.html

 

□ 関連記事 ) 森村商事 2012年6月26日 プレスリリース

 2012年ロンドンオリンピックメインスタジアムのチタン製リーフモニュメント制作に携わりました。

 → http://www.morimura.co.jp/pdf/news_201206.pdf

 

□ ご参考) ウィキペディア 『 ロンドンオリンピック (2012年)』  

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF_(2012%E5%B9%B4)

 

□ ご参考) ウィキペディア 『 ロンドンパラリンピック 』  

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF

 

=========================

 

一方、オリンピックの話題とは関係ないのですが、チタンといえば

東京ビックサイトで6月に行われたM-Tech(機械要素技術展)に出展した

【 (株)東京チタニウム 】 ( 本社:埼玉県さいたま市岩槻区 )も思い出されます。

 

存在感のある個性的なブース、加工サンプルはもちろんのこと、

節電もあってか温度高めの会場内にぴったりなおそろいの浴衣とウチワ。

《 うーむ、合理的 、、 》 とシビレました。

Webと会社紹介動画のURLをご紹介します。

 

■ 『 東京チタニウム 』 ホームページ

 日本におけるチタン事業のパイオニアとして、最高品質のチタン加工技術をご提供致します。

 → http://www.tokyo-titanium.co.jp/

 

■ 同社 動画紹介ページ

 【 東京チタニウム 】 のチタン(材料)加工製造の対応範囲を動画でご覧いただけます。

 → http://www.tokyo-titanium.co.jp/movie/

 

DSC_2951_800.jpg

 

=========================

【 追記 】

 

ちなみに、チタンをめぐっては、先日このようなニュースもありました。

 

■ マイナビニュース 9月19日記事

 『 NEDO、産業用チタン合金の低コスト化・生産性向上技術を開発 』

   → http://news.goo.ne.jp/article/mycom/world/ecoscience/mycom_694960.html

[ 一部抜粋して引用 ]

>  同成果は、チタン合金の製造コスト低減に貢献でき、すでに超塑性加工されている製品全般に

>  展開できると研究グループでは説明しており、例えば、航空機用チタン合金部材、自動車、

>  化学プラント、エネルギー製造用プラント、一般民生品、スポーツ用品などといった用途が

>  考えられるという。 さらに同成果の超塑性加工技術は、Ti-6Al-4V合金以外の他の(α+β)型合金

>  にも展開可能であることから、それらの製造コストの低減にも寄与することが期待される。

//

 

今週もがんばってまいりましょう ♪

 

はやいもので今から半年あまり前、編集長 【yamag】 が当ブログにて紹介

 ( http://www.sugoizo-blog.com/2012/01/yamag-33.html および

  http://www.sugoizo-blog.com/2012/02/-yamag-2.html ) したところの

 『 全日本製造業コマ大戦 』 こと 「 コマ大戦 」。

 

あと10日後、9月30日(日)午前10時より、関東ブロック予選となる 「 八王子場所 」が

日本工学院 八王子専門学校 ( http://www.neec.ac.jp/campus/hac/ )で開催されます。

( 前日18時から、京王プラザホテル八王子にて 「 前夜祭 」 あり。)

 

以降、第2回となる来年2月の コマ大戦 に向けて各地区のブロック予選が続きます。

状況整理 & 自分のスケジュール確認も兼ねつつ コマ大戦 の開催を一覧にしてみました。

よろしければ参考としてご活用くださいませ。

 

 Koma_120914.gif

 

   # 印刷したい場合は ↓ のpdfファイルがおすすめです。    #  コマ大戦カレンダー(9月14日更新版).pdf

 

■ 『 全日本製造業コマ大戦 』 公式ホームページ

 → http://www.komataisen.com/

 

よい週末をお過ごしくださいませ♪

9月半ば、まだまだ残暑が厳しいものの、これからだんだん涼しくなってきます。

 

真夏は過酷な場所ですが、秋のサーキットは過ごしやすくて快適。

国内外の最高峰クラスのレースから、一般向けの草レース・市販車での走行イベントまで

お出かけシーズンの週末・祝祭日、サーキットへ出かけませんか?

 

国際レースを開催できる設備を備えた3大サーキット(もてぎ・富士・鈴鹿)での

有力イベントをメモしておきます。 今回は「もてぎ」情報です。

 

【 ツインリンクもてぎ 】

 今年は開業15周年。当ブログの2010年3月8日の投稿 「 博物館めぐり-3 」

 (http://www.sugoizo-blog.com/2010/03/--1.html)で、サーキット敷地内の

 『 Honda Collection Hall 』 や 『 ファンファンラボ 』 などのみどころを投稿しましたが、

 秋には 2輪レースの世界最高峰 『 MotoGP 』 はじめ、国内4輪レースの最高峰

  『 SUPER GT 』 など、大きなレースやイベントが多数あります。

 

9月15日(土)・16日(日)

 本田宗一郎杯 Hondaエコ マイレッジ チャレンジ 2012 第32回 全国大会

 http://www.twinring.jp/ecopa_m/ 

9月17日(月・祝)・18日(火)

 SUPER GT 公式テスト

 http://www.twinring.jp/supergt_m/news/20120801-01.html

9月29日(土)・30日(日)

 第2回 RUN and BIKE in MOTEGI 7時間エンデューロ (ジョギング&自転車)

 http://runandbike.jp/rbinmotegi/index.html

10月12日(金)~14日(日)

 2012 FIM MotoGP世界選手権シリーズ 第15戦

 AirAsia 日本グランプリ ツインリンクもてぎ 開業15周年記念大会

 http://www.twinring.jp/motogp/

10月27日(土)・28日(日)

 2012 SUPER GTシリーズ 第8戦 もてぎGT250kmレース 開業15周年記念大会  

 http://www.twinring.jp/supergt_m/

 

 

■ 『 ツインリンクもてぎ 』ホームページ

 http://www.twinring.jp/

 

■ ウィキペディア 『 ツインリンクもてぎ 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%82%E3%81%A6%E3%81%8E

 

■ ウィキペディア 『 ロードレース世界選手権(MotoGP) 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E4%B8%96%E7%95%8C%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9

 

■ ウィキペディア 『 SUPER GT 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/SUPER_GT

 

DSC_5529_800.jpg DSC_5611_800.jpg

DSC_5615_800.jpg DSC_5351_800.jpg

 写真4点は昨年の MotoGP 。 左下は、ヤマハ発動機の"MotoGP参戦50周年"を記念した

特別メニューの販売ブース。 右下は、ツインリンクもてぎの最寄り「道の駅・もてぎ」

http://www.motegiplaza.com/  )の朝、開店すぐの店内。

 

よい連休をお過ごしくださいませ♪

 

=========================

9月18日追記

 

■ レスポンスWeb 2012年9月17日(月)記事

 最高燃費は3242.784km/リットル、ホンダエコマイレッジチャレンジ2012

  → http://response.jp/article/2012/09/17/181438.html

 

-以下引用-

 これまでの歴代最高記録は、2011年の全国大会で記録された3644.869km/リットルで、

 今回「水曜クラブ」が記録した燃費3242.784km/リットルは歴代3位の成績。

 湿度や温度によりエンジンの燃焼具合や路面との走行抵抗なども変化し、

 天候に左右されるシビアな競技となっている。

 同大会は合計7クラスで開催され、中学校クラスでは、長野県から参加の

 「篠ノ井西中Evolution」が燃費1031.167km/リットルで優勝。

 高等学校クラス優勝は「千葉県立下総高等学校 自動車部A」が

 燃費2067.621km/リットルで昨年に続き連覇を達成した。

 大学・短大・高専・専門学校クラスでは、石川県から参加の

 「KIT夢考房」が燃費2009.233km/リットルで昨年に続き優勝。

 そのほかニューチャレンジクラスは「矢板高校機械技術研究部OB」、

 2人乗りクラスは「矢板高校機械技術研究部C」、市販車クラスは、

 愛知県から参加の「Little Cubs」が、それぞれ優勝を獲得。

-引用ここまで-

 

各クラスの上位チームと燃費は記事(上記URL)に出ています。

いずれもスゴイ記録、感服するばかりです。

 

おなじみ日本工業出版(株)が発行する加工技術の月間誌 『 機械と工具 』。

ただいま2012年9月号 が販売中です。

 

9月号の特集は、

 ・「 高付加価値加工のための最新切削工具と活用技術 」です。

 

DSC_0992_800.jpg 

 

■ 日本工業出版Web 『 機械と工具 2012年 09月号 』 紹介ページ

 → http://www.nikko-pb.co.jp/user_data/mk_top.php?category_id=178

 

■ Fujisan.co.jp 『 機械と工具 2012年 09月号 』
 → http://www.fujisan.co.jp/product/477/b/836517/

 

■ Amazon.co.jp 『 機械と工具 2012年 09月号 』 および 関連書籍
 → http://www.amazon.co.jp/%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E3%81%A8%E5%B7%A5%E5%85%B7-2012%E5%B9%B4-09%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B0090O0UYS 

 

======================

 

9月号の拙連載は、東京都葛飾区で 『 小ロットから大量生産まで

希望に応じた金型製作・成形・各種後加工 』 を手がける

株式会社ミヨシ 専務取締役 の杉山 耕治 さんに ご登場いただきました。

 

株式会社ミヨシ

  〒124-0025 東京都葛飾区西新小岩5-19-14

  ホームページ http://www.miyoshi-mf.co.jp/

 

下のJPEGがそのページ。 読めるサイズにしてみましたので ご覧くださいませませ。

(クリックすると さらに大きな画像になります。 ブラウザ&画面サイズによっては

 

画像全体が見られない場合があるようなので、「リンクを新しいウィンドウで開く」がおすすめです。)

 

DSC_0996_2K.jpg

 

======================

 

DSC_2008_800.jpg DSC_1987_800.jpg DSC_1907_800.jpg DSC_1962_800.jpg

DSC_1957_800.jpg DSC_1986_800.jpg

DSC_1899_800.jpg 

DSC_1928_800.jpg DSC_1940_800.jpg

DSC_1980_800.jpg DSC_1915_800.jpg 

 

インタビュー時のミヨシ様お写真。 杉山専務、ありがとうございました!

 

======================

 

話は変わりますが 、、、、 新刊のお知らせです。

9月3日、「機械と工具」を発行する日本工業出版から ↓ が発売となりました。

 

「社会に貢献する中・小形ガスタービン発電装置」

 大槻幸雄(元・川崎重工業) 乃村春雄(川重冷熱工業)

 井上俊彦・中安稔・西谷理(川崎重工業) 共著

 A5判 約140頁 定価2415円

   目次案内 ⇒ http://www.nikko-pb.co.jp/products/detail.php?product_id=2832

 

 # 将来のエネルギー源として大いに期待される中・小型ガスタービンについて、

 # 新たな発電装置として導入を検討する方、ならびに この分野の状況を理解

 # するために最適な解説書、とのことです。

 

では、今週もがんばってまいりましょう♪

先日、VirtualEXPO2012というイベントを知りました。
ネット環境さえあればいつもでどこでも参加できるインターネット上のイベント。
今年で3回目を迎えるのだそうです。
参加費は無料。来週9月11日から28日までの17日間、開催されます。
http://www.itmedia.co.jp/info/virtualevent/expo2012/

バーチャル会場には14本の特別講演が用意されていて、どれも面白そうなものばかりです。
モノづくりITゾーンでは、バンダイのシニアマイスターが語る「ガンプラ設計製造の裏側」という講演が予定されています。
紹介文に寄ると、"ガンプラ設計・製造の裏側。試作品や設計資料の一部も公開。"ということなのでガンダムファン、ガンプラファンは要チェックですね。もちろん自分も見るつもりです。
過去にTVなどで公開されていない内容が聞けることを期待しています!

同じモノづくりITゾーンで、dysonの「イノベーションはどこから生まれるのか?」という講演も予定されています。
こちらも気になります。
町工場が世界と戦って生き残っていくためには、自社内や業界内でのイノベーションが必要ですよね。
自分がそうですが、社内で実務だけをこなしていても新しい考えはなかなか浮かんできません。
どのようなところからアイデアが生まれるのか、どうしたら発想できるのか。そのヒントを得たいと思います。

その他にもNHN-Japan、マンガ家すがやみつる氏、twitterエンジニアなどすぐにでも聴きたい内容のものばかり。
17日間あるので一日一講演でもぜんぶ制覇できそうですね。
開催まであと1週間。楽しみです。

ITmedia Virtual EXPO 2012 http://www.itmedia.co.jp/info/virtualevent/expo2012/
 

RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ