アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

祝・可夢偉@鈴鹿、祝・トヨタ/日産@富士

user-pic
0

日本の秋は、モータースポーツのイベントが目白押しです。

 

10月5日(金)~7日(日)は、鈴鹿サーキットで 『 F1日本グランプリ 』

http://www.suzukacircuit.jp/f1/ )、その翌週10月12日(金)~14日(日)は

当ブログでも紹介( http://www.sugoizo-blog.com/2012/09/post-190.html )した

ツインリンクもてぎにて 『 MotoGP 』、 同じ週末、富士スピードウェイにて 『 2012 FIA

世界耐久選手権・第7戦・富士6時間 』( World Endurance Championship、

略称:WEC 、http://www.wec-fuji.net/ ) が開催されました。

 

いずれも世界各地を転戦する4輪・2輪の最高峰クラスのレース、

さらに、この週末10月20日(土)・21日(日)は、鈴鹿サーキットにて

『 2012 FIA 世界ツーリングカー選手権シリーズ 日本ラウンド 』

http://www.twinring.jp/supergt_m/news/20120801-01.html )

が開催されています。

 

4つもの世界クラスのレースがはるばる来日、ほんとうにありがたく、嬉しい限りです。

 

さらに、今年のF1日本グランプリでは小林可夢偉が3位ゴールで表彰台、

WEC富士ではトヨタのハイブリッドレーシングカー『 TS030ハイブリッド 』(ドライバー:

中嶋一貴、アレックス・ブルツ(オーストリア)、ニコラス・ラピエール(フランス))が優勝、

同・LMP2 クラスでは、日産エンジン搭載の 「ADRデルタ・オレカ03・ニッサン」がクラス優勝

など、日本人/日本チーム大活躍でした。

 

オリンピックなどを見ていても常々思うのですが、最高峰のレースでの表彰台、

ましてやそのまん中など、並の努力で登れるものではありません。

この場をお借りして、心からお祝い申し上げます。

 

■ トヨタ モータースポーツ Webサイト

 → http://ms.toyota.co.jp/jp/

 

■ 日産 モータースポーツ Webサイト

 → http://www.nissan-motorsports.com/

 

■ ホンダ モータースポーツ Webサイト

 → http://www.honda.co.jp/motorsports/

 

□ ご参考) 産経新聞10月21日配信.『 トヨタ、雪辱の凱旋V ~ 集大成のレース WEC第7戦・富士 』

  (前)→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121021-00000529-san-moto

  (後)→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121021-00000535-san-moto

 

■ オートスポーツ10月14日配信 『 中野信治、F3以来の富士の表彰台の頂点に「本当に嬉しい」』
  ( LMP2 クラス優勝、ADRデルタ「オレカ03・ニッサン」をドライブ )

  → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121014-00000034-rcg-moto

 

■  小林可夢偉 オフィシャルサイト

  → http://www.kamui-kobayashi.com/

 

□ ご参考) ウィキペディア 『 小林可夢偉 』

  → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E5%8F%AF%E5%A4%A2%E5%81%89

 

□ ご参考) ISM web 『 小林可夢偉、鈴鹿で大きな一歩 』

  → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121008-00000111-ism-moto

 

===================================


ところで。

投稿の機を逃してしましましたが、日産リーフをめぐるニュースを追記しておきます。


日産「リーフ」、バッテリーから一般住宅へ電力供給するシステム公開
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/sech-20110803-20110803_00006/1.htm


日産、EV リーフ から住宅への電力供給システムを開発 2011年8月3日(水)

電力制御装置(PCS)の容量は6kW、一般家庭の家電を同時に使用することが可能という。

リーフのバッテリー容量は24kWhで、家庭のほぼ2日分の消費をまかなえる。

従来の住宅向けの蓄電ユニット(2次バッテリー)は、容量が2kwhクラスの小容量で

100万円前後の価格となっている。

 → http://response.jp/article/2011/08/03/160380.html


日産渡部執行役員、EV・住宅の電力供給装置は「競争力ある価格に」

2011年8月2日

日産、震災が リーフ からの給電システムの商品化を早めた

2011年8月2日

http://response.jp/article/2011/08/02/160340.html


日産、太陽光発電によるEV充電システムの実証実験を開始

2011年7月11日

http://autoc-one.jp/news/791116/


自動車レースもEV時代へ 日産「リーフ」が先陣

2011.6.7

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110607/biz11060708560010-n1.htm

モーター音響かせ、「リーフ」のレーシングカーがテスト走行

2011.6.6

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110606/biz11060613100003-n1.htm

電気自動車時代の幕開けは欧州から - 日産 リーフ 試乗レポート

2011年3月25日

http://www.carview.co.jp/green/report/road_imp/nissan_leaf02/287/

日産、リーフが米新車アセスメントの最高評価を獲得
2011年8月1日
http://www.carview.co.jp/news/2/150951/

 

株式会社ハセテック( 横浜市港北区新羽町735 )では、電気自動車用急速充電器、

パワー半導体ユニットの開発製造、アルミ筐体・アンテナ反射板(電波機器)、

産業用FA装置・半導体製造装置の設計製造、大型電力素子の受託製造を行っています。

http://www.hasetec.co.jp/product/batterycharger/index.html

 

DSC_3844_800.jpg

わが家から30分あまり、カレスト座間にて。

 

DSC_3773_800.jpg DSC_3769_800.jpg

こちらは東京都小平市ブリヂストンのコミュニティ館にて

 

よい日曜日をお過ごしくださいませ♪

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/339

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ