アイテム

  • 121231-2.jpg
  • 121231-1.jpg
  • DSC_1143_800.jpg
  • DSC_1181_800.jpg
  • DSC_3386_800.jpg
  • DSC_3388_800.jpg
  • DSC_3393_800.jpg
  • 工具チョコ
  • DSC_1173_800.jpg
  • DSC_1166_800.jpg
  • DSC_1146_800.jpg
  • DSC_1202_800.jpg
  • DSC_1164_800.jpg
  • DSC_1160_800.jpg
  • DSC_1155_800.jpg
  • DSC_1140_800.jpg

2012年12月アーカイブ

皆様、今年も一年間応援ありがとうございました。

応援ブログはこの一年で70記事の投稿がありました。
うち一件は新しいライターさん、アルカディア高野さんが投稿してくださいました。
㈱かいわ訪問記 (有)アルカディア 高野二郎
僕が書いた記事は少なめで、代わりに彦さんが色々な情報をたくさん投稿してくださいました。

来年は景気が良くなる、いや悪くなる、どちらの噂も耳に入ってきます。
政権が変わり、どのような景気対策が行われどのように変わっていくのかわかりません。
しかし、すべてを政府や世の中のせいにしていては前に進むことはできません。
どのような状況になろうとも、自分たちの技術に常に磨きを掛け、ひととの繋がりを大事にしていくこと、そうすればいずれ道が開けてくると僕は信じています。
頑張っていきましょう。

今年も残りあと5時間となりました。
応援ブログはこれからも皆さんのお役に立てる情報を発信していきたいと思っています。
来年も引き続き、応援よろしくお願い致します。

それでは、皆様良いお年を。

787B、といっても昨年就航した今をときめく最新鋭ジェット機ではありません。

1991年のルマン24時間レースで優勝したマツダの787Bであります。

 

■ ウィキペディア 『 マツダ・787 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%80%E3%83%BB787

 

□ ご参考) ウィキペディア 『 ボーイング・787 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0787

 

□ ご参考) 当ブログでの ボーイング787 関連の投稿

 2011年10月17日 「 B787の勇姿に涙ちょちょぎれる件 」

  → http://www.sugoizo-blog.com/2011/10/post-151.html

 2011年11月01日 「 祝・B787就航 & ジェット機の燃費 」

  → http://www.sugoizo-blog.com/2011/11/post-146.html

 

DSC_1181_800.jpg  DSC_1143_800.jpg 

カーグラフィック誌50周年記念イベント( http://www.sugoizo-blog.com/2012/12/post-205.html )にて

 

 

去る12月9日(日)、岡山県の兵庫県寄り、中国自動車沿いの美作市にある

岡山国際サーキット( http://www.okayama-international-circuit.jp/ )で

「 マツダファンフェスタ2012 」 が行われました。

( 下記動画。 途中、787Bデモ走行の場面もあります。 )

 

□ ご参考) ウィキペディア 『 岡山国際サーキット 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88

 

 

ところで、マツダは来年のルマン参加チームへクリーンディーゼルレーシングエンジンを

供給して20年ぶりに復帰参戦。 そのチームによる動画が公開されています。

 

 

 

======================================

 

ところで、ここからは「ご協力お願いいたします」の転載です。

 

【 ルマン投票で787Bを再びサルトへ 】

 2013年に90周年を迎えるルマン24時間レース、レース主催者であるACOは90周年を

 記念して記憶に残るマシンの人気投票を行っており、選ばれたマシンは来年のルマンの

 パレードランに出走でき、パリにあるグランパレ博物館にも展示されるそうです。

 1990年代の候補車である「マツダ787B」をクリックして、再びルマンで787Bを走らせ

 4ローターサウンドを聞きましょう、というキャンペーン(?)のお知らせです。


下記URLページの中ほど、1990年代の"Your Choice" で787Bを選び、氏名・

メルアドなどを記入してSENDを押すだけ。 是非友達にもシェアして、多数の投票を

お願いします。by マツダレーシングファンサイト( http://www.mzracing.jp/ ) とのことです。

 

■ ルマン90周年パレードラン・投票ページ(英語)

 → http://www.lemans.org/en/elect-cars-24-hours-of-le-mans.html?utm_source=skyscraper

 

そして、今年の【彦】の投稿はこれでおしまいです。

メリークリスマス&よい新年をお迎えくださいませ。

 

2013年もよろしくお願い申し上げます。 

お歳暮の時期ですね。
みなさん、手配はもうお済でしょうか?
相手の顔を思い浮かべながら贈り物を選んでいる時間は楽しいですよね。
年に一度のことなので僕も忙しくてもこの時間は大切にしています。

先日もネットで贈り物をいろいろと物色していたのですが、その時におもしろいものを発見しました。

神戸フランツの工具チョコレートです。
工具チョコ

ボルト、ナット、ドライバー、モンキー、ペンチ、スパナ、レンチがかなりリアルに作られています。
よく見ると表面の細かいデティールまで忠実に再現されています。
本物の工具から型を取った、とはいえこのクオリティーの高さには驚きです。



バレンタインデー期間限定発売ということで、現在は在庫がなく、次回予約予定が2012年12月末となっています。
僕は見たことないのですが、テレビや雑誌で取り上げられてすぐに完売してしまうそうなので予約は必須のようです。

このブログを読んでくださっている方の中には、工具マニアがかなりいるのではないかと思います。
もしかしたら毎日使っているから見るのも嫌って言う方もいるかもしれませんけど。

来年のバレンタインは、大切なひとへの贈り物に、工具好きな自分へのご褒美に、工具チョコレートを贈ってみてはいかがでしょうか?


自分で作るって手もありますけどね。
・チョコレートのシリコン型[製作用]http://www.modelersstore.com/shopbrand/001/P/


2012年も大詰めですが、明日は衆議院議員選挙の投票日です。

 

昨年 3.11の地震と津波で原発事故が起き、電力供給のこれからを巡って

さまざまな意見が交わされるようになりました。 原発をどうするか、推進するか脱原発か、

脱原発だとすると、代替の"国産エネルギー"を どのように確保するか。。。

 

ご存知のとおり、原子力発電は昭和の中頃、1973年と1979年に起きた2回の

オイルショックの際の 『 脱石油 』 世論を受けて推進されてきました。

あるいは、当時は石油火力発電による大気汚染やぜんそくなどの公害も問題だったようです。

 

脱石油の重要性は当時も今も変わっておらず、もともとは民主党が推進していた原発。

たとえば、福島第一原発などは、廃炉にする計画さえ白紙にして運転延長を認めた経緯もあります。

 

しかし、原発事故によって想像していた以上に原発(からの放射性物質の飛散・流出)が

生活に影響することを知り、原発への慎重論が台頭しています。

 

一方、ソフトエネルギー・再生可能エネルギーといっても、

それだけで原発を代替して日本の電力需要を賄えるわけではありません。

  

エネルギー関連について、今年の夏休みに読むべく買った本3冊、

いずれも充実の内容でしたので ご紹介します。

 

DSC_3386_800.jpg

■ Amazon.co.jp 『 図解入門よくわかる最新発電・送電の基本と仕組み-系統か分散型か−

 3.11以降の論点を網羅 電気事業の常識 (図解入門 Visual Guide Bookシリーズ) 』

 →

 http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%B3%E8%A7%A3%E5%85%A5%E9%96%80%E3%82%88%E3%81%8F%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E6%9C%80%E6%96%B0%E7%99%BA%E9%9B%BB%E3%83%BB%E9%80%81%E9%9B%BB%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%81%A8%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF-How%E2%80%90nual-Visual-Guide-Book/dp/479803181X

 

 

DSC_3388_800.jpg

■ 紀伊国屋書店Web 『 再生可能エネルギーのキホン―普及に向けて技術革新が続く次世代発電システムの現状と可能性 』

 → http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4797367776.html

 

■ Amazon.co.jp 『 再生可能エネルギーのキホン(イチバンやさしい理工系シリーズ) 』

 →

 http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%86%8D%E7%94%9F%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%9B%E3%83%B3-%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%84%E3%81%95%E3%81%97%E3%81%84%E7%90%86%E5%B7%A5%E7%B3%BB-%E6%9C%AC%E9%96%93-%E7%90%A2%E4%B9%9F/dp/4797367776

 

DSC_3393_800.jpg

■ Amazon.co.jp 『 日本は再生可能エネルギー大国になりうるか (ディスカヴァーサイエンスシリーズ) ) 』

 →

 http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E5%86%8D%E7%94%9F%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E5%A4%A7%E5%9B%BD%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%86%E3%82%8B%E3%81%8B-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9-DISCOVER-SCIENCE-%E5%8C%97%E6%BE%A4/dp/4799311697

 

□ ご参考) huyukiitoichiさんブログ/書評  『 日本は再生可能エネルギー大国になりうるか 』

 → http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4797367776.html

 

 ================================

 

□ ご参考) ウィキペディア 『 再生可能エネルギー 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%8D%E7%94%9F%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC

 

□ ご参考) 資源エネルギー庁Web 『 再生可能エネルギー 』

 → http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/renewable/

 

□ ご参考) 資源エネルギー庁Web 『 買取制度|なっとく!再生可能エネルギー 』

 → http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/kaitori/

 

 では、よい日曜日をお過ごしくださいませ。

& 有権者のみなさん、必ず投票に出かけましょう♪

去る11月29日、今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーの発表がありました。

クリーンディーゼル搭載の「CX-5」に決定したそうです。

 

■ レスポンスWeb 日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY) 特別編集

 → http://response.jp/special/recent/1870/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%EF%BC%88JCOTY%EF%BC%89

 

■ 読売新聞Web 『 日本カーオブザイヤーにマツダ「CX-5」(動画)』

 2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤーにマツダのSUV(スポーツ用多目的車)「CXー5」が輝いた。

 また 輸入車部門のイヤーカーにはBMW3シリーズ(セダン/ツーリング) が選ばれた。

 ( メディア戦略局ストリーム班撮影 2012年11月29日公開 )

 → http://www.yomiuri.co.jp/stream/m_news/vn121129_3.htm

 

マツダといえば、リーマンショックのころにフォードが株式を手放して以来いばらの道、

株価も今年5月には1株100円を割ってしまいました。 しかし、今年後半からは

これまでのガンバリが実を結んだのではないでしょうか。

 

CX-5は受注好調、クリーンディーゼルは市民権を獲得、来年のルマン24時間レースから

そのクリーンディーゼルエンジンでへ復帰参戦の発表もありました。

 

秋には新型アテンザのリリースなどもあり、株価も今は150円付近まで回復、そういえば

Jリーグもサンフレッチェ広島が優勝しましたし、グローバルメジャーになれずとも|ならずとも

マツダには「地元とファンを大切にする企業」としてこれからもがんばって欲しいと思います。

 

■ クリーンディーゼル普及促進協議会Web 『 60秒でわかるクリーンディーゼル 』

 → http://www.cleandiesel.gr.jp/special/

 

■ マツダWeb 『11月に実施されたのクリーンディーゼル実車体験試乗会(※)の模様をまとめたサイト』

(※ 主催:クリーンディーゼル普及促進協議会)

 → http://www.mazda.co.jp/skyactiv/report/shiobara/

 

□ ご参考) ウィキペディア 『 ディーゼル自動車 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%AB%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A

 

=================================== 

 

なお、日本カー・オブ・ザ・イヤーの発表に先立つ11月3日、

このようなニュースがありました。 こちらも楽しみです。

 

■ 11月3日 レスポンスWeb 『 マツダRX-7、2017年に復活へ...開発主査が明言 』

 → http://response.jp/article/2012/11/03/184299.html

 

■ 11月3日 みんカラ・CarView 『 次期型RX-7、2017年に発売 』

 → http://minkara.carview.co.jp/userid/507493/blog/28211683/

 

DSC_3984_800.jpg DSC_3932_800.jpg 
( 写真2点:「マツダファン・サーキットトライアル」 http://circuittrial.nr-a.com/ @9月1日・筑波 )

 

さらに、来年秋の東京モーターショーあたりで、次期ロードスターの発表があるかも、、

というウワサも。 これからのマツダが楽しみです。

 

DSC_3929_800.jpg 

 

□ ご参考) ウィキペディア  『 マツダ・RX-7 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%80%E3%83%BBRX-7

 

□ ご参考) ウィキペディア  『 マツダ・ロードスター 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC

 

 # ちなみにわが家、嫁の両親が広島・岡山出身のため 親族みんなマツダ車ですww

 

そろそろ年賀状の準備も気になるこのごろ、今度の土曜日15日には郵便局の受付けスタート、

25日までに投函すれば元日に届くそうです。

 

よい週末をおすごしくださいませ♪ 

12月になりました。 9月に行われたイベントですが、

《 あ、こういう業界の盛り上げもあったんだ、、、》 と今年印象に残ったイベントなので

写真でご紹介します。

 

日本の自動車雑誌のビックネーム「カーグラフィック」。

最近は「カーグラフィックTV」や「WebCG」など、マルチメディア展開も行っています。 

その創刊50周年イベント 「CG FESTA 2012 ~50th Anniversary Celebration~」

( http://www.webcg.net/WEBCG/FromOurStaff/0000027056.html ) が、

9月9日(日)、ミュゼオ御殿場で行われました。

 

■ ウィキペディア 『 カーグラフィック 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF

 

■  『 カーグラフィック 』 ホームページ

 → http://www.cargraphic.co.jp/

 

■ カーグラフィックTV

 → http://www.youtube.com/user/cargraphictv

 → http://www.bs-asahi.co.jp/cgtv/

 → http://www.webcg.net/WEBCG/cgtv/

 

■ クルマ好きなら毎日見てる 『 webCG 』 -web CAR GRAPHIC-

 → http://www.webcg.net/WEBCG/

 

 

DSC_1187_800.jpg DSC_1140_800.jpg

DSC_1155_800.jpg  DSC_1160_800.jpg 

DSC_1164_800.jpg  DSC_1202_800.jpg 

DSC_1166_800.jpg DSC_1146_800.jpg

 

 

DSC_1173_800.jpg

□ ご参考) 『 御殿場みくりやそば 』 あなたのそばで振舞隊 公式ホームページ

 → http://gotemba-mikuriyasoba.com/

 

================================

 

ところで、9月1日に筑波サーキットで行われた 「 第23回・メディア対抗ロードスター耐久レース 」。

( 当ブログ 10月20日 http://www.sugoizo-blog.com/2012/10/post-192.html 後半に紹介記事 ) 

CGチーム、前半はトップを快走するも、ゴール時には惜しくも8位。 来年も応援します♪

 

DSC_4205_800.jpg

 

よい日曜日をお過ごしくださいませ♪

 

おなじみ日本工業出版(株)が発行する加工技術の月間誌 『 機械と工具 』。

ただいま2012年12月号 が販売中です。

 

特集は 「 加工技術の進展と計測技術 」 と 「 ツーリングの新技術 」 の2本立てです。

 

DSC_2604_800.jpg

 

■ 日本工業出版Web 『 機械と工具 2012年 12月号 』 紹介ページ

 → http://www.nikko-pb.co.jp/products/detail.php?product_id=2899

 

■ Fujisan.co.jp 『 機械と工具 2012年 12月号 』
 → http://www.fujisan.co.jp/product/477/b/871347/

 

■ Amazon.co.jp 『 機械と工具 2012年 12月号 』 および 関連書籍
 → http://www.amazon.co.jp/%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E3%81%A8%E5%B7%A5%E5%85%B7-2012%E5%B9%B4-12%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B00A8KKJT4

 

======================

 

12月号の連載は、

 11月26日にリリース開始の3Dモデラーの雄、ライノセラス(Rhinoceros)の新バージョン

『 ライノセラス5 』 と関連ソフトウェアの紹介です。

 

■ 3Dモデラー 『 ライノセラス 』 ホームページ → http://rhino3d.co.jp

■ 株)アプリクラフト (ライノセラス販売元) ホームページ → http://www.applicraft.com/

 

下のJPEGがそのページ。 読めるサイズにしてみましたので ご覧くださいませませ。

(クリックすると さらに大きな画像になります。 ブラウザ&画面サイズによっては

 画像全体が見られない場合があるようなので、「リンクを新しいウィンドウで開く」がおすすめです。)

 

DSC_2608_BW2k.jpg

 

今日から12月、今月も安全に、頑張ってまいりましょう♪

 

RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ