アイテム

  • bigtomorrow-02
  • bigtomorrow-01
  • DSC_3410_800.jpg
  • Arcadia_800.jpg
  • DSC_3341_800.jpg
  • DSC_1426_800.jpg
  • 2231_800.jpg

2013年1月アーカイブ

当ブログの書評担当ochiさんが、1/25発売のBIGtomorrow3月号に載りました!

bigtomorrow-01 青春出版社
http://www.seishun.co.jp/big/13239/
bigtomorrow-02 株式会社モールドテック
http://www.pluto.dti.ne.jp/m-tec/


第一特集・すきま時間に人脈づくり
"ツイッターで取引先や仕事仲間と一気に仲よく!"
というタイトルでネット人脈の活用術について語っています。

この先、いまの仕事だけでやっていけるのか。
客先が無くなってしてしまったらどうしよう。
何かしたいけど何をしていいのかわからない、、、など
不安を抱いているひとは少なくないと思います。
僕もそのうちのひとりですが。
そんなひとは特に読んで頂きたい!

ochiさんは、いままで築いてきた人脈で経営危機を乗り越え、
さらに仕事のスタイルも変わってきているようです。

ochiさんの素敵な人脈とは。
またその繋がりでどのような変化が起きているのか。
これからの製造業は。
ochiさんの人脈活用術、だたいま絶賛発売中!650円です!!

-後記-
仕事や情報はひとが運んでくるものと言います。
豊かな人脈は私生活も仕事もきっと豊かにしてくるはずです。
しかし、だからと言って人脈作りに躍起になることもないのかなと思います。
人脈は自然に繋がる縁みたいなものだと思います。
無理をせずに時間を掛けてochiさんのような素敵な人脈を作っていきたいものですね。


おなじみ日本工業出版発行の加工技術の月間誌 『 機械と工具 』。

ただいま2013年1月号が販売中です。

特集は、「 JIMTOF2012にみる最新技術動向 」と、

「 第15回 国際工作機械技術者会議(IMEC)報告 」 の2本立てです。


DSC_3341_800.jpg

 

■ 日本工業出版Webサイト 『 機械と工具・2013年1月号 』 紹介ページ

 → http://www.nikko-pb.co.jp/products/detail.php?product_id=2933

 

■ セブンネット 『 機械と工具 2013年 1月号 』

 → http://www.7netshopping.jp/magazine/detail/-/accd/1200735077

 

■ Amazon.co.jp 『 機械と工具 2012年 1月号 』 および 関連書籍

 →
http://www.amazon.co.jp/%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E3%81%A8%E5%B7%A5%E5%85%B7-2013%E5%B9%B4-01%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B00APKFO4C

 

ちなみに 2013年1月号、拙寄稿の掲載はお休みです。

 

=================================

 

ところで。

年明け早々の1月4日、当ブログにもご登場いただいている東京都瑞穂町の

有限会社アルカディア( http://arcadia-net.net/ )を取材訪問、

貴重なお話・興味深いお話の数々をお聴かせいただきました。

 

代表取締役の高野二郎社長、この年末年始は休みなく加工に打ち込んだそうです。

高野社長へのインタビュー記事は春ごろ(4月~5月)発行の 『 機械と工具 』 に掲載予定です。

 

 ちなみに、今回のインタビューを振り返り、記事に収録予定のテーマは下記の4つ。

   ・ 2013年、リーマンショック前夜からの5年間を振り返って

  ・ 経営者として歯がゆいこと、自戒と理想像

  ・ 従業員の募集・福利厚生のスタンス

  ・ 2013年の新しいチャレンジ & 将来への抱負

 

4月号 or 5月号の 『 機械と工具 』 掲載が目標、もうしばらくお待ちくださいませ。

 

Arcadia_800.jpg DSC_3410_800.jpg

 

なお、応援ブログでは、2010年にご登場いただきました。

2010年8月1日 『 有限会社アルカディア 』 【yamag】

 → http://www.sugoizo-blog.com/2010/08/yamag-6.html

 

昨年からは応援ブログのレポーター/ライターとしても協力いただいています。

第一弾は、この記事でした。

2012年8月26日 『 株式会社かいわ訪問記 』 by (有)アルカディア 高野二郎

 → http://www.sugoizo-blog.com/2012/08/post-197.html

 

寒さもピークの1月後半、今週もご安全に、がんばってまいりましょう♪

 

もう一月も半ばとなってしまいました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今朝の日経新聞に「仕事ないね」が合言葉になったという中小製造業についての記事が載っていました。辛い世の中になってしまいましたね。
僕の周りでも「どう?忙しい?」から「どう?暇?」って冗談ですけど言うようになりました。
中小製造業は取引先や国の支援になんか頼らずもう自立していくしかありませんね。

"町工場が自立する"といえば、心技隊が行っているコマ大戦。
昨年一年間で地方予選が行われ、来月7日に横浜で全国大会が行われます。
コマ大戦公式サイト
僕も昨年、東海大会と信州場所へ行き、熱き戦いを見てきました。
25cmの土俵場で繰り広げられる2cmのコマの戦いは見ているこちら側も熱くなります。

この大会、コマの戦いやチームのパフォーマンスを楽しむ、それはもちのろんのことですが、
この大会がなぜ行われているのか、何のためにやっているのか、
この部分はやはり大事なところなので押さえておきたいです。

目的:
日本製造業に活気を与え、経済成長を目指します。
製造業のモチベーション向上、学生及び子供たちの製造業への就職、参加者の情報発信力の増強、日本国内および世界への技術アピール、BtoCの販路確立、市場の創造と拡大。

ちなみにコマ大戦が始まった経緯はこちらに書かれています。
第一回全日本製造業コマ大戦【起】
第一回全日本製造業コマ大戦【承】
第一回全日本製造業コマ大戦【転】
第一回全日本製造業コマ大戦【結】

新しいことを始め、受け入れられるまでには時間が掛かります。
僕もこのブログを始めたばかりの頃は、どこへ行っても相手にされず門前払いでした。
詐欺呼ばわりされたことさえあります。
誰もやっていない活動は地道に実績を積んで、ようやく受け入れられると思うのです。
(もちろん、みなさまのご支援、ご協力を頂いたことは忘れてはおりません!)

コマ大戦も一年掛けて、これほど大きなものとなりました。(当事者みたいな言い方だ。)
でも、まだまだコマ大戦を知らないひとはたくさん居ます。
みどりかわ大会委員長の思いが、もっともっとたくさんのひとに伝わり、
コマ大戦を通じて企業が自立し、町工場のおっちゃんたちが元気になってくれることを切に祈っています。
僕はこれからも陰ながらコマ大戦を応援していきます。

ここに載っている記事、すごくおもしろいです。
「大会出場者たちの熱い思い」

- 後記 -
何でもそうですが、イベントを運営するのにはお金が掛かります。
こんなにちっさな応援ブログの運営だってお金が掛かっています。
うちの場合は、少額なので交通費は手弁当、サーバー代は初期のころにみんなが寄付してくれたお金で賄えています。
しかし、コマ大戦はそんな金額ではとても運営できないでしょう。
この活動を続けていくのなら、スポンサーは必須だと思います。
大手企業が付いてくれたらこれ以上うれしいことはありません!
大手企業さん、これだけ頑張っている中小製造業をぜひぜひ応援してください!
よろしくお願いします!!
こちらからスポンサーになれます。
コマ大戦公式サイト

個人の方も少額から応援できるシステムもあるようですよ。
中小町工場に夢と希望を! 全日本製造業コマ大戦

新年明けましておめでとうございます。 2013年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

本来ならば 編集長 yamag が 新年恒例の年頭ご挨拶を投稿するべきタイミングですが、

今週の土曜日こと 1月12日 に 富士スピードウェイ・国際レーシングコースで開催される

自転車イベント 『 スーパーママチャリグランプリ ( 第6回 ママチャリ日本グランプリ )』 へ

yamag編集長自身が参戦するため、今回は急遽このイベント告知をさせていただきます。

 

参戦する 『 スーパーママチャリグランプリ ( 第6回 ママチャリ日本グランプリ )』 は

いわゆるママチャリを使用する自転車レース。 3~10人のライダーでチームをつくり、

適宜ライダー交替を行いながら7時間を走り続けて 周回数を競うレースです。

 

yamag編集長、ご当地ヒーロー『 スルガレンジャー 』 でもお馴染みの 静岡ものづくり連邦

( 代表: (株)エコックス代表取締役 椙田祐司さん )チームのコアメンバーとして参加します。

 

年末年始もくつろぐどころか猛烈トレーニングと肉体改造に余念がなかった模様。 

7時間もの長丁場、"ミスター応援ブログ" こと yamag編集長の大活躍が楽しみです。

静連チームのゼッケンNo.は 「 901 」 です。

 

そして、このレースには 静連とつながりのある "地域密着お茶の間プロレス!沼プロ!" こと

「沼津プロレス」チームも参戦します。 沼プロチームは ゼッケンNo.「 453 」 です。

 

なお、今回の参戦にあたって 静連チームは2012年の話題作 『 スルガザウルス 』 を超える

話題を提供するべく、ものづくりの夢・希望・勇気 (= 最近のCMでいえば『愛』でしょうか? )

を託した2台のマシンを製作。

そのようすは Facebookの静連ページ( https://www.facebook.com/#!/shizuren2011 ) の

2012年12月10~20日ごろの投稿に多数掲載されています。

 

レース当日、2台のマシンを囲んで 多くの人が 写真を撮ったり、さまざまに言葉を交わしたりする

様子が目に浮かぶようです。 自分も 実物を見るべく、そして 静連&沼プロを応援するべく

現地へ出かける計画です。

 

サーキットには、入場料(大人1000円、高校生700円、中学生以下無料)だけで、

どなたでも入場できます。 会場では 各種模擬店・屋台も 営業するそうです。

 

=======================================

 

■ スーパーママチャリグランプリ ( 第6回 ママチャリ日本グランプリ )公式サイト

 > 2013年の日本は"気合&忍耐"ではじまる!

 > 寒い・キツイ・辛いは当たりまえ、新春の「ママチャリ世界選手権」

 > F1を超えたいスーパーママチャリグランプリ

   > レース終了後は、国内最高峰カテゴリー「フォーミュラ・ニッポン」の全開走行を披露します。

   > 最新鋭のフォーミュラマシンと現役プロドライバーの走りを「見て」「聞いて」「肌で感じ」

   > "本物"を体感いただくとともに、真のサーキットの姿をご堪能ください。

     → http://www.japan-racing.jp/fsw/12/12mama_s.htm

 

  上記のサイトに 開催概要、ルールブック、ママチャリのレギュレーション等々

  ママチャリグランプリ関連の あらゆる情報が公開されています。

   

□ ご参考) 地域密着お茶の間プロレス!沼津プロレス公式サイト

 → http://numapro.com/

 

□ ご参考) ウィキペディア 『 富士スピードウェイ 』
 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4

 

 

《 《 《 当ブログでの 「 静岡ものづくり連邦 」 関連記事・関連企業 ご紹介 》 》 》

 

■ 2012年10月15日 ご当地ヒーロー『スルガレンジャー』・『イバライガー』

 → http://www.sugoizo-blog.com/2012/10/----2.html

 

■ 2012年 7月 2日 機械と工具・7月号 『 株)ジーズ・フィールド 』

 → http://www.sugoizo-blog.com/2012/07/post-170.html

 

■ 2012年 5月 7日 機械と工具・5月号 『 株式会社エコックス 』
 → http://www.sugoizo-blog.com/2012/05/post-95.html

 

=======================================

 

 ところで。

 ママチャリグランプリとはレースの雰囲気がかなり違いそうですが、

 富士スピードウェイを自転車で走るイベントとして、2011年5月7日に行われた

 『 富士チームチャレンジ 』( http://fuji-team.jp/guideline.html )の画像をご紹介します。

 

 このときも 500チーム+個人部門600人 くらいの自転車が走ったのですが、

 今回のママチャリグランプリでは1400チーム以上(!)が参加予定とのこと、

 すごい賑やかさになりそうです♪

 

2231_800.jpg DSC_1426_800.jpg

 

では、2013年の第1週。 今週も、そして今年も ご安全に 張り切ってまいりましょう!

 

RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ