アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

機械と工具・6月号、CAD/CAM@インターモールド

user-pic
0

 おなじみ日本工業出版発行の加工技術の月間誌 『 機械と工具 』。

ただいま2013年6月号が販売中です。

 

今号、特集は 「 最新研削盤と、その機能を高める周辺技術 」 です。

 

 

DSC_6299_800.jpg

 

■ 日本工業出版Webサイト 『 機械と工具・2013年 6月号 』 紹介ページ

 → http://www.nikko-pb.co.jp/products/detail.php?product_id=3019

 

■ Fujisan.co.jp 『 機械と工具 2013年 6月号 』

 → http://www.fujisan.co.jp/product/477/b/938920/

 

■ Amazon.co.jp 『 機械と工具 2013年 6月号 』 および 関連書籍

 → http://www.amazon.co.jp/%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E3%81%A8%E5%B7%A5%E5%85%B7-2013%E5%B9%B4-06%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B00CWF73OC/ref=pd_sim_b_1/375-5977230-2921014

 

=================================

 

今回の拙寄稿は、4月17日(水)~20 日(土)の4日間、東京ビッグサイトで開催された

インターモールド/金型展/金属プレス加工技術展 ( http://www.intermold.jp/2013/ )

でのCAD/CAM関連のフォトレポートです。

 

下のJPEGがそのページ。 読めるサイズにしてみましたので ご覧くださいませませ。

(クリックすると さらに大きな画像になります。 ブラウザ&画面サイズによっては

画像全体が見られない場合があるようなので、「リンクを新しいウィンドウで開く」がおすすめです。)



DSC_6295_1k.jpg

 

グローバル化や円高が進むに連れて、残念ながら 次第に活気ダウン気味だった同展、

今回は全部で6区画ある東京ビックサイト東ホールの2区画( 東4・東5 )のみでの開催となり、

どちらかというと 『 海外メーカーが日本企業にPRするための展示会 』 の感が強まった気がします。

 

国内メーカーは、どちらかというと 東京ビックサイトで6月中旬に行われる 『 機械要素技術展 』

( http://www.mtech-tokyo.jp/ 、通称「 M-Tech 」 )、または インテックス大阪で10月上旬に

行われる 『 関西・機械要素技術展 』( http://www.mtech-kansai.jp/、通称「 M-Tech関西 」 )

に PRの場を移している気がしなくもありません。

 

第17回となる今年の 『 機械要素技術展 』 は6月19日(水)・20(木)・(金)の開催。

自分としては インターモールドとの対比や 円安の影響などにも興味大です。

 

今週もがんばってまいりましょう ♪

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/382

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ