アイテム

  • DSC_8816_800.jpg
  • DSC_2093_800.jpg
  • DSC_2085_800.jpg
  • DSC_2087_900.jpg
  • DSC_2090_800.jpg
  • DSC_2068_800.jpg
  • DSC_4506_800.jpg
  • DSC_4482_800.jpg
  • DSC_8009_800.jpg
  • DSC_8010_800.jpg
  • DSC_8011_800.jpg

2013年9月アーカイブ

( この記事は「機械と工具」など19誌を発行する日本工業出版( http://www.nikko-pb.co.jp/ )向け
 寄稿をもとに加筆・編集した投稿です。 )

 

 

日本ものづくりワールド4展のうち、設計製造ソリューション展/3D&バーチャルリアリティ展

においては、廉価な新製品の登場もあり、普及期を迎えた3Dプリンターの注目度が高かった。

 

装置の原理や構造は以前から光造形やラピッドプロトタイピングとして既知でもあるため、

会場では最近の各種3Dプリンターについて、自社の業務とも照らしながら、造形方法、材質、

精度や強度、得意分野などを確認する来場者も多かった。

 

新製品としては、(株)キーエンス( http://www.keyence.co.jp )が

展示会開幕の前日の6月18日に発売した高精度3Dプリンター「AGILISTA-3100」

( http://www.keyence.co.jp/marking/3d_printer/agilista_3000/agilista_3100/ )が注目を集めた。

 

インクジェットプリンターの要領で紫外線硬化樹脂を1層の厚み(標準モード20μm、

高分解能モード15μm)ずつ吐出し、紫外線を照射して硬化させる。

耐水・耐湿性にも優れた透明なモデル材に対して、サポート材は水溶性

( 世界初、http://www.keyence.co.jp/req/c/giqzme2/show.jsp )で、水槽への

つけ置きで除去でき、細かな凹凸や複雑形状でもサポート材を取り残すことなく

目的形状を再現できる。 造形サイズは297×210×200mm ( A4サイズ×

高さ200mm )、装置本体サイズは W944×D700×H1360mm。

 

なお、(株)キーエンスブースでは、2013年2月に発売した ワンショット3D測定マクロスコープ

「VR-3000シリーズ」( http://www.keyence.co.jp/microscope/3d_maesurement/vr_3000/

も注目を集めた。 独自のアルゴリズムと光学ハード技術により、最速4秒で広い範囲を

非接触3D測定する。 75mm離れた位置から面で測定するため、大きな凹凸や奥まった形状にも

対応でき、最下点や最長点なども正確に測定可能。 人による調整が不要で

ワークを置いて測定ボタンを押すだけで測定できるため、作業者による結果のバラツキがない。


DSC_6800_800.jpg

 

よい週末をお過ごしくださいませ♪

( この記事は「機械と工具」など19誌を発行する日本工業出版( http://www.nikko-pb.co.jp/ )向け

 寄稿をもとに加筆・編集した投稿です。 )

 

去る6月19~21日の3日間、東京ビッグサイトを会場として、

ものづくり関連の4つの展示会( 機械要素技術展、設計製造ソリューション展、

3D&バーチャルリアリティー展、医療機器開発・製造展 )の合展である

『日本ものづくりワールド』( http://www.japan-mfg.jp/ ) が開催された。

4展あわせて1,930社が出展、3日間の来場者は76,701人。

(昨年は出展:1,824社、来場者:75,015人。いずれも主催者発表)

 

DSC_6779_800.jpg  DSC_6784_800.jpg

4展の中では、機械要素技術展がもっとも大きなフロア面積を占める。

さらなる販路開拓を求める企業展示の増加とともに、北海道から沖縄にいたるまで、各地からの

自治体や商工会、地場産センター、ものづくりのグループや地域振興の協議会など地域団体・

業種団体の出展も多く、毎年10月にインテックス大阪で開催される「関西 ものづくり ワールド」

(出展:818 社、来場者:30,673人、2012年実績)の2倍以上の規模となっている。

 

DSC_7143_900.jpg DSC_7150_900.jpg

地域広報誌の例(いずれもにいがた産業創造機構ブース)

地域や地元企業のPRであると同時に、企業誘致の効果もある。 地域性も反映してか、

とりわけ新潟・長野エリアが積極出展しており、両県だけで自治体など10団体以上が出展。

 

地域の担い手として

 自治体はじめ各地団体の積極出展の一方、企業の出展として興味深かったのが

 青森県南津軽郡田舎館村を本拠地とする(株)ソルテック ( http://www.saltec.co.jp/ )である。

 

 自社ブースにおいて 本業の加工サンプルに加え、田舎館村の夏の風物詩「田んぼアート」

 ( http://www.vill.inakadate.lg.jp/ )のポスター掲示や「1/350スケール"田舎館村役場"プラモデル」

 も展示。 展示会初日には 同村の鈴木孝雄村長もブースを訪れた。

 同社は東京都墨田区に本社のある(株)塩入製作所の分社として平成元年に同村にて設立。

 地元企業が自治体のPRをも担う一例として注目される。

 

DSC_6812_1k.jpg

 

ソルテック、当ブログでは2008年にご登場いただいています。

 

◆ 2008年10月25日 『株式会社ソルテック』 

 → http://www.sugoizo-blog.com/2008/10/post-2.html

 

■ ほぼ毎週水曜日更新 『 ソルテックのブログ 』 ( ソルテック・スタッフブログ )

 → http://saltec-blog.cocolog-nifty.com/

 

よい週末をおすごしくださいませ♪

おなじみ日本工業出版発行の加工技術の月間誌 『 機械と工具 』。

ただいま2013年9月号が販売中です。

 

DSC_8816_800.jpg

 

今号、特集は 「 新たなニーズに応える最新切削工具 」 です。

 

■ 日本工業出版Webサイト 『 機械と工具・2013年 9月号 』 紹介ページ
 → http://www.nikko-pb.co.jp/products/detail.php?product_id=3096

 
■ Fujisan.co.jp 『 機械と工具 2013年 9月号 』
 → http://www.fujisan.co.jp/product/477/b/978630/

 
■ Amazon.co.jp 『 機械と工具 2013年 9月号 』 および 関連書籍
 → http://www.amazon.co.jp/%E6%A9%9F%E6%A2%B0%E3%81%A8%E5%B7%A5%E5%85%B7-2013%E5%B9%B4-09%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B00EO87O44/ref=pd_sim_b_1

 
=================================
 
今回も拙寄稿、おやすみです。

 

よい連休をお過ごしくださいませ♪ 

 

前回の投稿 『 からくり改善くふう展、今年は10月3・4日 』

( http://www.sugoizo-blog.com/2013/09/post-240.html )にて

昨年の同展についての「機械と工具」向け拙寄稿(しかし不掲載w)を転載しましたが、

今回は、( ブログが長くなりすぎるため ) そこから省いたところの

マツダ( http://www.mazda.co.jp/ )関連部分のご紹介です。

 

DSC_2093_800.jpg

マツダおよびマツダ関連企業の展示ブース

 

今回(2012年)は本社工場5作品・防府工場6作品・関連企業6作品の計17作品を出品。

本社工場 第2パワートレイン製造部のエンジンヘッドカバーを締め付ける15本の

ボルトのセットをワンアクションで行う『スマートポン!』が【協会特別賞】、

防府工場 西浦地区の圧縮エアー供給ホースと継ぎ手金具をテコの原理で安全かつ

簡単・きれいに切り離す『名刀カズヤ(スパッと切れる)』が【努力賞】、さらに、2000年から

13年連続出品により「車体製造部」と「防府工場 西浦地区」が【連続出品賞】を受賞。


同社は2002年より「からくり改善道場」と名付けた育成プロジェクトを本社工場と

防府工場で部門横断的に展開、従業員のアイデアを活用した改善活動による

モチベーション向上と作業の効率化、コスト削減を推進。 2006年からは

「J-ABCからくり改善道場」も開催し、関連企業も交えたグループ全体の取り組みを続けている。

  

なお、今年の 「 からくり改善くふう展2013 」 (  http://www.jipm-topics.com/karakuri/ )は

10月3日(木)~4日(金)の2日間、ポートメッセなごや にて開催されます。

 

==========================

 

ところで、昨日9/7(土)は、8月12日の投稿

http://www.sugoizo-blog.com/2013/08/post-237.html )で紹介したところの

 『 第24回・メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 』が開催されました。

 

■   『 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 』 公式サイト

 → http://www.media4tai.com

 予選の結果は http://www.media4tai.com/pdf/media4tai2013result_q.pdf にて、

 決勝の結果は http://www.media4tai.com/pdf/media4tai2013result_f.pdf にて

 公開されています。

 

■ マツダWebサイト  『 第24回・メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 』

 昨年まで歴年大会の写真・動画がアップされています。

 → http://www.mazda.co.jp/carlife/event/endurance/

 

 

よい日曜日をおすごしくださいませ。

 

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会は、「からくり改善くふう展2013」を

10月3日(木)~4日(金)の2日間、ポートメッセなごや にて開催します。


本展示会は、国内企業各社の製造現場での「からくり改善」が一堂に会する

「お金をかけない、創造性に優れた、たのしい作業改善」の展示会です。

  → http://www.jipm-topics.com/karakuri/

 

=============

 

以下、「機械と工具」向け 昨年の拙寄稿(しかし不掲載w)です。

 

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会は、2012年10月25日・26日の2日間、

東京都立産業貿易センター浜松町館にて「からくり改善くふう展2012」を開催。

( 昨年の開催概要 : http://www.jipm-topics.com/karakuri/outline/2012.php )


製造現場での「お金をかけない、創造性に優れた、楽しい作業改善」を広く募り、

からくり改善作品として産業界全体へ紹介することで、製造現場の現場力向上や

オペレーターの技能・技術レベル向上を目指す「製造業の現場改善が一堂に展示される

日本で唯一のイベント」という位置づけで、今回はおよそ35社 ・60事業場・180作品の

「からくり改善」が集った。 また、今回は新企画として「からくり改善体験コーナー」を新設、

トヨタ車体の社内体験広場の再現コーナーが設けられた。


同展では、出品、ならびに出品した企業に対して、関係者・来場者によるアンケートや投票の

得票を集計して決定される賞が多数用意されており、

【最優秀からくり改善賞】をトヨタ自動車九州(株)『Newトントン』、

【優秀からくり改善賞】を(株)デンソー『SKY吊り』とトヨタ車体(株)『チョロキュー君』が受賞。


そのほか、

【協会特別賞】 トヨタ自動車東日本(株)『ぐるぐる・かえーる君』、富士重工業(株)

   『うたれツヨシ』、マツダ(株)本社工場 第2パワートレイン製造部『スマートポン!』、

 

【アイデア賞】 カルソニックカンセイ(株)『楽々テック(小型AGV)+連結台車もアンロック』、

   豊田合成(株)『だるまおとし』、マロックス(株)『ほいるしーそー君』、

 

【努力賞】 コベルコ建機(株)『腰振れ舞さん』、(株)豊田自動織機『と~りゃんせ』、

   マツダ(株) 防府工場 西浦地区『名刀カズヤ( スパッと切れる)』、

 

【ネーミング賞】 トヨタ自動車北海道(株)『ペロリ君』、トヨタ車体(株)『タイヤ施台 カッチャマン』、

   北海道石油共同備蓄(株)『はいっちゃイヤ4(よん)』 )

 

ならびに【最多出品賞】として 9作品を出品したコベルコ建機(株)、

【連続出品賞】として14年連続出品のアイシン精機(株) 、アイシン高丘(株)はじめ、

13年連続の北海道石油共同備蓄(株)、マツダ(株)車体製造部、

マツダ(株)防府工場 西浦地区が表彰された。

 

また、昨年から始まった併設イベント「装置産業における『見える化』改善展2012」が

今年も開催され、宇部興産、JX日鉱日石エネルギー、パンパシフィック・カッパーなどの

エネルギー・資源系の企業が参加し、見える化をキーワードに「安全」「5S」などの改善作品を展示、

JX日鉱日石エネルギー(株)が【最優秀「見える化」改善賞】を受賞した。

 

DSC_2068_800.jpg

表彰式風景

 

DSC_2090_800.jpg

1事業所最多の9作品を出品したコベルコ建機(株)。【最多出品賞】を受賞。

 

DSC_2087_900.jpg

『はいっちゃイヤ4(よん)』で【ネーミング賞】、13年連続出品で【連続出品賞】を受賞した

北海道石油共同備蓄(株)展示ブース。

 

DSC_2085_800.jpg
PRブースに出展した遠藤工業(株) (新潟県燕市、 http://www.endo-kogyo.co.jp/
PRブースには、旭デュポンフラッシュスパンプロダクツ、SUS、日本生工技研などが出品した。


■ 問い合わせ

公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会

( 東京都港区芝公園 3-1-22、http://www.jipm.or.jp/ )

生産活動において直面する安全、省資源、環境、効率性の追求等の諸課題の解決に

必要な活動を推進・支援することにより、我が国産業の発展と国民生活の安定向上を

目的として、1981年(昭和56年)4月に設立され活動している。

 

よい日曜日をお過ごしくださいませ♪

RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ