アイテム

  • D71_1192_800.jpg
  • DSC_0928_800.jpg
  • DSC_0918_801.jpg
  • DSC_0900_900.jpg
  • DSC_0481_800.jpg
  • DSC_0398_800.jpg
  • DSC_0474_800.jpg
  • DSC_0425_801.jpg
  • DSC_0450_800.jpg
  • DSC_0380_800.jpg
  • D71_0565_800.jpg
  • D71_0572_801.jpg
  • DSC_1270_800.jpg
  • DSC_1298_800jpg.jpg
  • D71_0538_800.jpg
  • DSC_1531_800.jpg

植松電機 植松努さん基調講演@SWWJ2014

user-pic
0
東京会場では11/11(火)、大阪会場では11/14(金)に、ソリッドワークスのユーザー会こと「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2014 」( 略称:SWWJ2014 )に出かけました。

この日の基調講演は植松努さん(植松電機専務取締役、カムイスペースワークス代表取締役、
NPO法人北海道宇宙科学技術創成センター理事)による
『 思うは招く ~夢があればなんでもできる~ 』でした。 

以下、SWWJ2014のWebページ( https://swj-event.com/swwj2014/  )より引用。
Webページには植松努さんのプロフィールも掲載されています。

> 皆さんは、宇宙開発できると思いますか?たいていの人が、「宇宙開発なんてやったこ
> とがないからできない。」と思ってしまうはずです。でも、人は、やったことがないことと
> しか出会わないのです。やればできるんです。
> 僕には夢があります。それは、人の可能性が「どうせ無理」という言葉で奪われない社会
> を作ることです。
> この講演を最後まで聞いていただいて、人の可能性の大切さを再確認していただければ
> と思います。
> 

■ (株)植松電機ホームページ

■ (株)カムイスペースワークス

■ ウィキペディア 『 CAMUIロケット 』

■ NPO法人 北海道宇宙科学技術創成センター

□ ご参考)砂徳子の起ーパーソンWeb
 【 ㈱植松電機専務取締役・㈱カムイスペースワークス代表取締役 植松努さん 】

D71_0572_801.jpg

D71_0565_800.jpg


当日の講演語録のメモの中から、いくつかご紹介します。

 ・(お金ではなく)人生の時間を使って得たものこそがほんとうの自分の能力である。
 ・楽をすると無能になる。
 ・責任の向こう側に信頼がある
 ・奇跡(の起こし方)は仕様書には書かれていない。
 ・教育とは「死に至らない失敗を安全に経験する」こと
 ・「だったらこうしてみたら」で夢はかなう。

 ・「欲しいものを買いたいけれど今日はガマンする」というガマンはガマンではありません。
   ほんとうのガマンとは何か。 
   「明日のために、今日の屈辱に耐えるのだ」
        by 宇宙戦艦ヤマト艦長 沖田十三
  「失敗の屈辱に耐え(て前進す)ることこそほんとうのガマンだと思います。

 ・人の出会いには意味がある。
 ・一生続く仕事はない、必ず変化する。
 ・中途半端でも何もしないよりはずっと良い。

よい週末をお過ごしくださいませ♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sugoizo-blog.com/mt/mt-tb.cgi/456

コメントする


RSS

Copyright © 2008-2015製造業応援ブログ