アイテム

  • DSC_0928_800.jpg
  • DSC_0918_801.jpg
  • DSC_0900_900.jpg
  • DSC_0481_800.jpg
  • DSC_0398_800.jpg
  • DSC_0474_800.jpg
  • DSC_0425_801.jpg
  • DSC_0450_800.jpg
  • DSC_0380_800.jpg
  • D71_0565_800.jpg
  • D71_0572_801.jpg
  • DSC_1270_800.jpg
  • DSC_1298_800jpg.jpg
  • D71_0538_800.jpg
  • DSC_1531_800.jpg
  • DSC_1164_801.jpg

2014年12月アーカイブ

ご報告

user-pic
0
yamagです。

今年も一年間お付き合いいただきありがとうございました。

さて、みなさまにご報告があります。
このたび、応援ブログの現状、ソーシャル・ネットワーク環境の変化など
さまざまな角度からこの活動を見つめ直した結果、
突然ではありますが、この応援ブログの更新を本日を持って終了、
来年一年で掲載記事をまとめ、まとめ終えた時点で応援ブログ完結という形で
活動を終えることにいたしました。

まだまだアクセスがあり、メールなども頂いたりするのですが、
現在、僕自身が活動に集中できる環境でないこと
町工場自ら情報発信しやすい環境になったこと
主にこの2つの理由からピリオドを打つ決断をいたしました。
ここまで支え育ててくださった応援ブログを僕の勝手な都合で終了させてしまい
大変申し訳ありません。

2008年9月。
損得勘定なしで純粋に製造業を盛り上げたいとの想いから立ち上げた応援ブログ。
あれから6年。
様々な出会い、ドラマがありました。
人とは。会社とは。守るべきものは。様々な考え方に触れ、
自分の生き方を見つめ直す機会も数多くありました。
ブログで会社を紹介するだけの単純な活動内容でしたが、
それ以上の何か大切なものプライスレスなものを得られたような気がします。

製造業界にはあまり貢献できませんでしたが、
このような貴重な経験をさせていただき、
思い切って一歩を踏み出して良かったなと心から思います。

僕のつたない記事を読んでくださった方々、ありがとうございました。
この活動を通じて出会った方々、応援、協力してくださった方々
こんな僕に力をくださり、ありがとうございました。
みなさまには言葉にならないほどの感謝の気持ちでいっぱいであります。
本当に本当にこの6年間ありがとうございました。

今後、僕はまた違う形で製造業界に貢献できる何かを模索していこうと思っています。
まだまだやれることはたくさんあるはず。

それでは、またどこかでお会いできることを願って。

2014年12月31日 yamag


今後の予定。
1)2月のコマ世界大戦に応援ブログのリーフレットを配布する予定です。
  ブースはB55です。
  コマ大戦に行かれる方でもしお時間ありましたらぜひお立ち寄りください。
2)紹介した企業を1社ずつPDF化する予定です。
  トップページからQRコード等のリンクを貼り、携帯、スマホから
  簡単にアクセスできるようにします。
  削除してほしい画像や記事がありましたら、お問い合わせページからご連絡ください。

トヨタ自動車は、市販開始時期を「2014年度中」としていた
燃料電池車「ミライ」について、生産のめどが立ったため、
発売日を12月15日として年内に間に合わせる方向で調整に入ったそうです。
 
当初の販売先は官公庁が中心だが、販売店を通じて一般向けにも販売。
一般向けの販売は当初は年245台を計画しているそうです。

価格は700万円程度ながら、政府が検討している補助金分を差し引いた実質的な
購入者 の負担は、500万円程度になる見通し。 「世界初」や「日本初」はじめ、
"新しい"のが大好きな個人からの発注も多いのではないでしょうか。

■ トヨタWeb『 MIRAI 』

■ CarWatch2014/11/19 /岡本幸一郎
『 インプレッション:トヨタ「ミライ(プロトタイプ)』

■ 東洋経済オンライン/川端 由美 :モータージャーナリスト 
『 トヨタ「MIRAI」が圧倒的にすごい2つの理由世界初の量産燃料電池車に乗ってみた! 』

■ ウィキペディア『 トヨタ・MIRAI 』

□ ご参考)Yahoo!知恵袋 2014年11月28日
『トヨタのミライって ガス欠になったら、JAFが水素持ってきてくれるのですか?』
 → http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14138761249

■ SankeiBiz『 トヨタ、「ミライ」生産能力を3倍増強 受注4割はクルマ好きの個人客 』

■ ウィキペディア『 トヨタ・MIRAI 』

===========================

燃料電池車の要、水素ステーション関連のリンクです。

■ トヨタWeb『 toyota.jp MIRAI | 水素ステーション 』

■ イワタニWeb『 水素とイワタニ | 水素ステーション |水素と自動車 』

■ JHFC( 水素・燃料電池実証プロジェクト )『 水素ステーション 』

■ J-CASTニュース『 セブンイレブン、燃料電池車用に水素ステーションを併設 来年から一部店舗で 』

===========================

話はとびますがクルマ関連のニュース、
JAMA(日本自動車工業会)では、自動車製造に関連する統計を公表しています。

11月28日に発表された2014年10月の自動車生産実績は次のようになっています。

■ 2014年10月分四輪車生産実績速報および2014年1月~10月四輪車生産台数

■ JAMAニュースリリース2014.11.28
 『 2014年10月の自動車生産実績 』 

これらによると、今年10月の乗用車の国内生産台数の首位はトヨタ(238,562台)、
続く2位は。マツダの80,293台、以下、ホンダ:73,090台、スズキ:68,201台、
富士重工:67,759台、日産:64,022台、三菱:48,304台、ダイハツ:43,747台

トラック・バスを加えるとどうでしょうか。
トヨタ:271,285台、スズキ:89,468台、マツダ:81,476台、
ホンダ:75,994台、日産:73,111台、富士重工:67,759台、
ダイハツ:58,586台、三菱:49,103台、、、という具合です。

そういえば、今年の日本カーオブザイヤーは新型デミオでした。
国内生産比率がもともと高いマツダ、
フォードとの関係もあって海外進出が遅れたともいえますが
デミオのような量産車種のモデルチェンジによって、
国内生産台数が大きく増えたようです。

よい週末をお過ごしくださいませ♪

おなじみ日本工業出版発行の加工技術の月間誌 『 機械と工具 』。
ただいま2014年12月号が販売中です。

D71_0538_800.jpg

今号、特集は 「 最新計測技術が変える加工の現場 」です。
具体的には、 ○計測プログラムを効率よく作成するために/ミツトヨ/坂田大輔
  ○加工を支える表面微細形状の計測技術/小坂研究所/吉田一朗
 ○計測高度化のための最新プローブの活用/マーポス/小柳典雅
 ○精密加工に貢献する「エア式精密着座センサ」と活用事例/メトロール/甲斐 智
といった特集記事をはじめ、
特設記事『新ツーリングが実現する加工の高度化』では、
 ○エクストリームチャック&エクストリームシャンク/日研工作所/三角 進
このほか、
 ■台湾企業レポート ○第2回 高い競争力を持つ周辺機器メーカー/編集部
 ■新技術 ○機上自動工具研磨装置「電研」/ KMC/佐藤声喜・安部新一
 ■技術解説 ○各種材料の表面改質に求められる機能性/ジェイテクト/齊藤利幸
 ○高硬度歯車のホブ切り仕上げ加工-ホブ盤によるハードホビング-<その2>/カシフジ/取違典嗣
などが収録されています。

■ 日本工業出版Webサイト 『 機械と工具・2014年 12月号 』 紹介ページ
■ Amazon.co.jp 『 機械と工具 2014年 12月号 』 および 関連書籍
■ セブンネットショッピング 『 機械と工具 2014年 12月号 』 → http://www.7netshopping.jp/magazine/detail/-/accd/1200979774/subno/1/pg_from/rcmd_detail

■ Fujisan.co.jp 『 機械と工具 2014年 12月号 』
12月もがんばりましょう♪

RSS

Copyright © 2008-2015製造業応援ブログ