板金プレス: 月別アーカイブ

アイテム

  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg
  • DSC_0485_800.jpg
  • DSC_0123_1k.jpg
  • DSC_0580_800.jpg
  • DSC_0582_800.jpg
  • DSC_7291_800.jpg
  • DSC_0604_800.jpg
  • DSC_0685_800.jpg
  • DSC_0625_800.jpg
  • DSC_0518_800.jpg
  • DSC_8859_800.jpg
  • DSC_9250_1K_bw.jpg

板金プレスの最近のブログ記事

引き続き、昭和精工の訪問記です。今回は昭和精工の広い工場内を大公開。

 

工場見学

 

工場内を案内していただきました。

 

110401-01.jpg ショールームです。
昭和精工の公開できるすべての技術がここで見られます。順送プレス加工サンプル、FBプレス加工サンプル、削出し部品、レンズ。。。こんなものまで作っているのかー。と思う製品がいくつもありました。
製品一覧 → http://www.showa-seiko.co.jp/product/index.html
110401-02.jpg 左の写真は順送プレスの工程を並べたものです。順送プレスは、成形工程をいくつにも分けて、順番に成形し、最終形状に仕上ていきます。この成形工程を設計するのが一番肝で大変な作業なのだそうです。
110401-06.jpg 機械加工室です。
マキノ、オオクマの高速高精度加工機があります。その他にも汎用フライス、精密旋盤などがあります。
機械設備一覧 → http://www.showa-seiko.co.jp/facilities/machine/machine.html
110401-07.jpg HERMLE5軸加工機です。
しかも、C30とC40、2台もあります。CAMソフトは、work-NCを使用しています。5軸の加工データを作成している方が言われていた言葉が印象に残りました。「CAMソフトを使えるようになるのは簡単。どれだけ効率の良いパスを作るか、段取りはどのようにするか、実際に物を作る過程で考えなければならない部分については、やはり経験値が必要。ソフトがあるからできるってもんじゃない。」
110401-05.jpg 放電室です。
FBプレスは精密な形状のため、切削加工では難しい形状があります。その部位を放電加工で仕上げます。電極素材にはグラファイトと銅がありますが、昭和精工では主に銅電極を使用しています。
放電加工(wiki) → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E9%9B%BB%E5%8A%A0%E5%B7%A5
110401-08.jpg CAD設計室です。
とても広くてきれいでした。背中合わせではなく、コミュニケーションが取りやすい様に皆の顔が見えるように配置してあります。
110401-04.jpg 従業員の憩いの場所。休憩室です。
自動販売機、喫煙場所も設備されています。このような福祉の面もしっかり整っています。
充実した施設 → http://www.showa-seiko.co.jp/facilities/institution.html
110401-09.jpg 食堂です。
従業員130名がらくに座れる大きさのイスとテーブル。中央には大きな液晶テレビがあり、とてもゆったり食事を楽しめそうです。社内に厨房があり、栄養バランスをしっかり考えて作られたメニューになっています。働く人を大切にしていることがよく分かります。
110401-10.jpg 研究開発棟という関係者以外は一切立ち入れない場所があります。お客様からの難易度の高い開発要求に応えるべく、昭和精工のありとあらゆる技術が持ち込まれ、日々研究開発を行っています。

 

工場内はとにかく広くてきれいでした。社員の方もみなさん元気良くあいさつしてくれました。
どの部署のホワイトボードにもワークフローやスケジュールが貼られており、誰が見てもひと目で進捗がわかるように各担当者の予定が書き込まれていました。部署内の進捗を部署内全員が把握し、ミスなく作業効率を高める。昭和精工の高品位な製品はこうして生まれているのですね。

 

昭和精工ブランドを世界に

 

昭和精工は、海外へ向けた戦略も行ってます。高いFB技術を世界で流通させ、世界各国から受注が入るような企業を目指しています。どんなに複雑な難解な仕事でも積極的に受け、世界№1を目指し日々技術を高めています。

昭和精工の経営理念 → http://www.showa-seiko.co.jp/company/index.html

 

3時間に及ぶ工場見学は、海老澤さんの
当社は、『世界から認められる存在価値のある企業』になる。
という力強い言葉で締めくくられ終了しました。

 

 

海老澤さん、お忙しい中丁寧に対応して頂きありがとうございました。
プレス成形は、自動車ボディの何千トンという大物成形しか見たことがなかったので、今回、精密プレス成形の緻密な技術を見ることができて大変勉強になりました。同じプレスでもまったく世界が違うのですね。順送プレスはメンテナンス中で見られませんできたが、また機会があればぜひ見せてください。今後ともよろしくお願い致します。昭和精工の益々の発展を願っております。

 

今回ご紹介した昭和精工の技術に興味のある方は、直接、お問い合わせ頂くか、当ブログのお問い合わせページからご連絡ください。
http://www.sugoizo-blog.com/toiawase.html

 

昭和精工株式会社
神奈川県横浜市金沢区福浦1-4-2
http://www.showa-seiko.co.jp/


昭和精工の工場見学に行ってきました。
http://www.showa-seiko.co.jp/
横浜市金沢区。横浜シーサイドライン産業振興センター駅を降りてすぐのところにあります。今まで僕が取材訪問した会社の中では、敷地面積も社員数も一番大きな会社です。出迎えてくださったのは、課長の海老澤様。お忙しい中、この日のために時間を作ってくださいました。

 

110330-01.jpg

今回の工場見学は、他に@ochi_workさん、@seigyoyaさん、@SUGI_7さん、@T_U_R_N_さんの4名が参加しました。皆、ツイッターやブログなどで繋がり、オフ会や勉強会などで顔を合わせている仲間です。
エントランスから皆で建物の中へ移動。2階の10名ほどの会議室へ案内して頂きました。海老澤さんと5人が向かい合うかたちで着席。海老澤さんから簡単な挨拶があり、会社案内(ミニパンフ)が配られました。


110330-07.jpg

この会社案内は、この日のために特別に海老澤さんが作ってくださったそうです。(ありがとうございます!) 中央のページ開いてホッチキスを取れば、A4のバインダーに綴じることができます。

この会社案内に沿って説明をして頂きました。


 

ファインブランキング(FB)プレス加工

 

昭和精工は、引抜きダイスの製造販売から始まり、現在はプレス関連の金型製作、金型部品加工、研究開発、試作品などの様々な業務を行っています。特に力を入れているのが、FBプレス加工。FBプレス加工とは、スイスで開発された精密せん断打抜法というものです。通常のプレス成形の打抜クリアランスは10%程度(T=3mmの材料ならクリアランスは0.3程度)ですが、FBの場合、0.5%前後といった極めて狭いクリアランスで設定することにより平滑な打抜せん断面が得られます。

 

110330-08.jpg

 

上下にあるV形状で板を押さえ込み、内部応力を持たせた状態(静水圧)でせん断します。この方法だと成形寸法にバラつきがなく、キレイにせん断できます。FBは極めて良好なせん断面を得られる付加価値の高い加工技術ですが、専用のプレス装置と金型構造を必要とし、静水圧をかけながら打ち抜く為、一般プレス加工と比べると生産性は低くコストのかかる生産方法です。

 

昨今、プレス加工部品へのコスト要求が強まり、要求精度とコストとが見合わなくなってきています。そこで、昭和精工では通常のプレス技術でもFB並の打抜精度に近づける取り組みを行っています。現在、板厚の70%程度までならFB並のせん断精度を確保しつつ、生産性の良好な一般プレスで加工出来る技術を確立しています。

 

110330-02.jpg

身近なものだと、カンのプルタブ成形を行う金型(製缶金型)を設計製作しています。製缶金型は高速で連続生産(600spm以上)出来るように1000点近い全ての金型部品に「再現性」を持たせている為、非常に高価な金型になります。一点一点がスペシャルパーツで構成される製缶金型部品の価格は通常の金型と比べると約5倍。ものによっては15倍ほどにもなります。「プシュ」っと開くあの飲み口。飲み口の溝深さは±0.005という精度でコントロールされており、開きやすく破裂しないという相反する機能を満たす為の性能維持に昭和精工の金型技術が必要とされています。


昭和精工はこのほかに、試作品加工や医療部品加工、レンズ金型製作など、幅広い業務を行っています。http://www.showa-seiko.co.jp/product/index.html
その数ある業務の中に自社商品の販売があります。

 

LAP-UPマシン

 

110330-03.jpg 110330-04.jpg

 

上の写真はレンズパターンを磨く装置です。NCデータを作成するソフトから加工機までをすべて自社で開発したものです。第2回ものづくり日本大賞優秀賞など多くの賞を受賞しています。

 

 

ものづくり大賞出品の詳細です。
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/seizousangyou/monodukuri/data/yuusyu04.pdf

 

110330-05.jpg 110330-06.jpg

 

いままでは職人がパターンひとつひとつの球面をすべて手で仕上げていたため、精度のバラつきや人手不足などの問題が起こっていました。この装置の誕生により、精度が安定し、磨き時間も短縮、人材の問題も解消しました。
当初、この装置は自社内とある一部の得意先のみで使用する予定でした。しかし、この装置へのニーズが高いことを知り、現在は販売用にカスタマイズし、企業向けに販売しています。

 

後編へつづく。

 

『株式会社 桃谷』

user-pic
0

今週は、広島県尾道市にある『株式会社 桃谷』さんを紹介します。


1977年3月創業。
31年間、プレス金型の作製をされています。
従業員は24名です。
平均年令は40歳
若い力がみなぎっている会社です。
スピードと品質には絶対の自信があります。
お客様からの評価も高く、これからも益々成長していく会社です。


10112670674.jpg



保有設備です。
・マシニング マキノGF12 2500×1200×700
・マシニング マキノH1710 1700×1000×1000
・マシニング マキノV77L 1500×700×750
・マシニング マキノGF6 1300×600×600
・ワイヤー マキノU53i 530×370
・プレス成形シミュレーション P-form
・3D-CADCAM Space-E
・2D-CAD AutoCAD
・非接触3次元デジタイザ
・AIDA 500tメカプレス 3000×1250×1000
・ダイスポ 200t 2000×1500×1150
・AMADA シャーリング M-2560 2500×2800×t6.5


 

10112670676.jpg


受注金型サイズは、

タンデム型で200?〜500?トランソファ型で3000?クラスまで対応可能で、2010年3月には1000?プレスの導入も決まっており、今まで以上の大型部品の受注を目指されています。


 

10112670675.jpg


プレスの工程設計には、高い経験値が必要です。
板金にしわや破れが起きないように工程設計をしなければなりません。
複雑な形状になると、穴開けや外形トリムのタイミングや方法も考えなければなりません。
スプリングバック等の見込みもあります。
桃谷さんは豊富な経験値から、これらの要素を素早く正確に設計することができます。


 

10112670678.jpg


桃谷さんは、難しい金型を積極的に受けています。
難しさの中に面白さがあるといわれていました。
さすがです!
ものづくりの神さまです!
難しい問題を皆で議論するということは、個人のレベルも会社のレベルも上がりますし、より一層の連帯感も生まれてきます。
仕事のために人がいると言うよりも、人の成長のために仕事をしているという感じがしました。


10112670680.jpg



桃谷さんの拘りは、金型を製造することだけではありません。
社員に対する思いがとても強いのです。
会社の経営理念の第一に、誰もが働きたくなる企業を目指す、と謳ってあります。
会社は利益を追求する場。
会社が得た利益は社員に還元する。
そして社員が幸せになる。
これが桃谷さんの考える会社のありかたです。


将来のための育成もしっかり考えられています。
職人技を数値化、データを蓄積し、人材育成システムを作る計画をしています。
将来は、職人がいなくても同じレベルの金型が作れるシステムを目指しているそうです。


 
10112670774.jpg

桃谷さんは、「私たちは金型屋ではない」と言います。
確かに会社沿革表を見ると2004年に「桃谷金型工業」から「桃谷」へと社名変更されています。
金型だけをやっていては社員に利益還元できなくなる時期が必ず来ると、2001年から環境事業部という金型とは全く別の事業を立ち上げました。
この環境事業部では、ディーゼル車から排出される大気汚染物質、NOX(窒素酸化物)及びPM(粒子状物質)低減装置の製造・販売を行っております。
これからの時代、収入の柱をいくつも持っている会社は強いと思います。
桃谷さんは、これからもたくさんの柱を立てていくことと思います。


 

10112670775.jpg


最近では、大型のレーザースキャンを導入しました。
具体的な使い方は、企業秘密ですが、更なる品質の向上リードタイムの短縮など、厳しい金型業界において他社との優位性を持たせるべく、またお客様への新たな技術提案をしていけるように研究開発をしていくそうです。
これからの桃谷さんの技術発展を願っております。


今回、紹介致しました桃谷さんの技術にご興味のある方は、
直接、お問い合わせ頂くか、
もしくは僕の方へご連絡頂ければ、ご紹介を致します。
どうぞお気軽にご連絡ください。


株式会社 桃谷
〒722-0055 広島県尾道市新高山三丁目1170-160
TEL 0848-46-2506
FAX 0848-46-2521
http://www.momometal.co.jp/index.html


最後に、
桃谷さん、お忙しい中、貴重なお時間を頂きまして誠にありがとうございました。
いろいろなお話を聞かせて頂き、大変勉強になりました。
またお伺いさせて頂きますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
一緒に元気な日本を作っていきましょー!


RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ