IT・ソフト・各種サービス: 月別アーカイブ

アイテム

  • DSC_7488_800.jpg
  • DSC_7359_800.jpg
  • DSC_6637_801.jpg
  • DSC_8993_800.jpg
  • DSC_8958_800.jpg
  • DSC_4207_800.jpg
  • DSC_4202_800.jpg
  • DSC_6643_800.jpg
  • DSC_6637_800.jpg
  • DSC_6649_800.jpg
  • DSC_6644_800.jpg
  • DSC_6663_800.jpg
  • DSC_1293_800.jpg
  • DSC_1282_800.jpg
  • DSC_1310_800.jpg

IT・ソフト・各種サービスの最近のブログ記事

樹脂フィラメントを溶かして積層する低価格機の登場で盛り上がる3Dプリンター市場。
各社からの新製品や代理販売の開始、新サービス、新規ビジネスの発表も相次ぎ、
情報が錯綜気味の感もあります。

3Dプリンターの関連情報をまとめたポータル、こちらなどいかがでしょうか。

■ 3Dプリンターの総合情報サイト「3Dクラフト」
 3Dプリンターや3Dスキャナーなど、3Dプリント関係のマーケット情報を中心に発信。

  # 上記のサイト、「サービス」の項目( http://3-d-craft.com/press/category/business/
  # に掲載の情報が "国内外での3Dプリンター活用例" として参考にできそうです。

■ Makers Love(メイカーズラブ)」
 MAKERSを目指す多様な分野のクリエイター向に3Dプリンターの情報を紹介。
 3Dプリンターや3Dソフト、ものづくりノウハウなどの情報を発信

また、カカクコムにも3Dプリンターのカテゴリーがあります。
「売れ筋」、「注目」、「予算別」など、参考にできます。

■ 価格.com 『 3Dプリンタ | 通販・価格比較・製品情報 』

注目製品のテスト記事としては、こちらが興味深いです。
 この記事では、次のような結言となっています。
  > 現時点で『ダヴィンチ1.0』は、本体とフィラメントの安さ、メンテナンスのしやすさという点で
  > ライバルより抜きんでている。
  > 造型品質も20万円クラスと同等かそれ以上のポテンシャルを備えており、
  > iPhoneケースやペン立てのような小物の作成は実用レベル。今まで3Dプリンター
  > に対して様子見だったユーザーも"買って損しない"はずだ。

 なお、「ダヴィンチ1.0」、通販サイト各社のほか、ビックカメラグループ各店
 ( ビックカメラ、コジマ、ソフマップ )の店頭でも販売されています。

■ 週アスPLUS 2014年3月18日 『 7万円切りの3Dプリンター「ダヴィンチ1.0」実力テスト 』


いずれも2013年の記事ですが、このような読み物もあります。

■ ダイヤモンド社Web 『 話題の「3Dプリンター」の原理がまいちわからない人にざっくり解説! 』

■ GIZMODO 『 3Dプリンター騒がれ過ぎ。それで飯食ってる僕が言うんだから間違いない 』

□ 参考) ウィキペディア『 3Dプリンタ 』

=========================

今年は東京ビッグサイトで6月25~27日に開催された設計製造ソリューション展/
機械要素技術展はじめとする『日本ものづくりワールド2014』( http://www.japan-mfg.jp/ )でも
3Dプリンター関連は注目を集め、出展各社も熱いPRを展開しました。

DSC_7359_800.jpg

設計製造ソリューション展でのアルテック(株)ブース。
米国Stratasys(ストラタシス)社の大小各種3Dプリンターを販売。
Webサイト:http://www.3d-printer.jp/  撮影:6月25日。

よい週末をお過ごし下さいませ♪

今年3月、日立製作所は、タブレット端末の地図で場所を指定すると自動で送り迎えをしてくれる

1人乗り移動ロボット「ROPITS」を発表しました。

 

高齢者や歩行が困難な人が近くの病院やスーパーへ出かける手段としての利用を想定し、

茨城県つくば市の「モビリティロボット実験特区」での特区専用ナンバーを取得した走行実験で

目的地に誤差1メートル以内で到着することを確認しています。

 

■ 日立製作所 2013年3月12日 プレスリリース

 『 歩道を自律走行する一人乗りの移動支援ロボット 「 ROPITS 」 を開発

   携帯情報端末で指定した送迎場所への自律走行が可能 』

 → http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2013/03/0312.html

 

 

移動支援ロボ.png

「 ROPITS 」 ・・・ 長さ1.5m、幅約0.7m、高さ約1.6m、重さ200kg。

リチウムイオン電池を使用したEVで、原動機付き自転車として登録。

( ただし、つくば特区では歩道を走行。 )


 

時速6kmで走行でき、「玄関の前」、「公園のこの場所」などと地図で場所を指定すれば

無人で迎えに来たり、移動の経路を指定したりできるほか、カメラやレーザー距離センサーなどで

周囲の環境や路面の凹凸、障害物などを検知し、障害物は大きくよけ、狭い場所では減速し、

人が飛び出してきた時は停止するなどの自律運転ができるそうです。

一般の人からも実験への参加を募り、開発・改良が進められています。


 


 

一方、人や荷物を載せて走るのではなく、「 荷物を積んで前を歩く人に付いていく 」 というアイデアも

実現に向けた研究・開発が進められています。

 

■ 2013年6月5日 日刊工業新聞Web

  『 豊田中研、買い物支援に向け特定人物を認識・追従する運搬ロボ開発 』

 → http://www.robonable.jp/news/2013/06/toyota-0601.html

 

=================================

 

ところで。

都市部では各種配達や警備会社の巡回に 「 ホンダジャイロ 」 など原付3輪車やそれを改造した

青ナンバー車が活躍していますが、4輪ならではの安定感と積載量、屋根ありで雨雪もOKなど、

駐車スペースに比較的余裕のある地方部ではEVマイクロカーも存在感があります。

 

  # 「マイクロカー」関連で、こちらの投稿もおすすめです。

  # 2012年6月12日 『 楽しみな超小型車&トヨタ車体「COMS」 』

  #  → http://www.sugoizo-blog.com/2012/06/post-189.html

 

DSC_6907_800.jpg

 

無人自動運転には エンジン車よりもEVが好適、

このようなマイクロカーが無人配達に走り始める日も近いのかもしれません。

 

よい休日をお過ごしくださいませ♪
 

 前々回、前回とエコカーやEVの話題を書きました。

 今回は、電力会社との共同開発など電気自動車の開発に長年の実績がある神奈川県厚木市に開発センターのあるエンジニアリング企業、(株)東京アールアンドデー(本社:東京都港区、http://www.r-d.co.jp/ )とその関連会社である(株)ピューズ(http://www.pues.co.jp/ )をご紹介します。

 2008年のこと、毎年5月にパシフィコ横浜でおこなわれる「人とくるまのテクノロジー展」に参考出品されたCFRP(炭素繊維強化樹脂)をフレームに用いた電動アシスト自転車の試作車、非常にグッドデザインでした。

 

 "XB1"と呼ばれるその試作車は、25V-3.5Ahのバッテリー容量を持つリチウムイオン電池と定格出力250Wの三相直流ブラシレスモーターを用いたアシスト装置(ピューズ社製)を持ちながら、バッテリー含んだ状態での車両重量は、一般的な電動アシスト自転車の約半分(=一般的な自転車とほぼ同じ)11.7kg。

 

 同社は、フォーミュラカーやモーターショーなどで展示されるコンセプトカー、冬季五輪のスピードスケート靴などでCFRP利用の実績が豊富です。 CFRP工場は神奈川県平塚市にあります。

 「価格をつければ"今はクルマと同じくらい"。100万円以下が目標だったけど、ちょっとキビシかった。」

 XB1について開発責任者の方に伺うと、「プロトタイプなので市販の予定はないです。」とのことでしたが、CFRPでなくアルミフレームで十分なのでこのデザインで是非とも市販をお願いできれば、と感じた次第です。

 なお、独自のモーターやインバータなど、電気車輌の動力システムについて仕様の策定・設計・試作・評価という一連のエンジニアリングを手がける(株)ピューズは、完成車メーカ・自動車部品メーカ・素材メーカ・電力会社などからの受託開発やエンジニアリングサポートに加え、近年はロボットなどの分野でも実績を出しはじめています。


(株)東京アールアンドデー
http://www.r-d.co.jp/
本社:東京都港区六本木2-3-8
厚木事業所:神奈川県厚木市愛甲1516
平塚事業所:神奈川県平塚市大神2583-1 


■ EVシステム『主要な開発成果品』
http://www.r-d.co.jp/division2/evsmen.htm

■ コンポジット事業『主要な事例』
http://www.r-d.co.jp/division2/evsmen.htm

 

■ (株)ピューズ
http://www.pues.co.jp/

■ お客様実施例
http://www.pues.co.jp/customer/


o0580080010200984881.jpg


●写真上:(株)東京アールアンドデーが2003年に発表した電気スクーター「ELEZOO」(エレゾー)。一充填走行距離:50km、税込販売価格:420,000円。
●写真下:電動アシスト自転車「XB1」。向こう側の赤いクルマは同社が設計・開発を手がけ2004年3月にリリースした2座スポーツカー「VEMAC」。(ガソリンエンジン車。ホンダ製インテグラ・タイプR用VTEC4気筒2リッター220psをミドシップ横置きに配置し、6速MTを介して後輪を駆動。車重890kg。)


o0605080010200984883.jpg


●写真上:『人とくるまのテクノロジー展』にて、同社が設計、英国ヴィーマック・カー・カンパニーが製造を担当する日英合作の少量生産スポーツカー「VEMAC」。初期型のVemac RD180は、日本国内では2台が現存。現在は後継車種のVemac RD200が市販。標準価格は867万3千円。
●写真下:横浜赤レンガ倉庫イベント広場をゴール地点として5月下旬に開催される『ジャパン・ヒストリックカー・ツアー』(主催:(株)ネコ・パブリッシング、http://www.hobidas.com/event/jhct/2009/yokohama/ )のスーパーカー部門に出走したVemac RD180。欧州の名車達とともに。いつか、スーパーEVカーになったVemacの参加を見てみたい(=できれば自分で参加してみたい!)と思うばかりです。


 

「製造業応援ブログ」発足パーティー開催決定!詳細はこちら

こんにちは。彦です。

6月になって雨降りの日が増えてきました。

いかがお過ごしでしょうか。


編集部には、このブログでも取りあげた竜家.net(株)さん(http://ameblo.jp/gs-field/entry-10245681113.html )から、新しいニュースが届きました。

CAD/CAMシステム構築に実績のある(有)日本キャドキャムセンター(=略称:NCCC)と連携して、各種データレスキューや旧いながらも現役のUNIXワークステーションやWindowsマシン、サーバーなどの修理→システム復旧を出張サポートする「リバースプロ事業部」をNCCC社内に立ち上げたそうです。

写真はその出張サポートのための"移動ラボ"。

後部座席のスペースに作業机を取り付け、強力な電源装置、各種工具、代表的な交換部品も常備。

データレスキューやメンテナンスの依頼があればすぐに急行し、5月半ばの本格稼働からの1ヵ月で20件以上のトラブルシューティングに出動したそうです。

データレスキューを手がける業者の中には足元をみるような高額な料金設定をみかけることもありますが、「この仕事が好きだから」という基本スタンスで、パソコンメーカーや量販店よりも安い"良心価格の維持"を目指しているそうです。

それにしても、『現場へ急行+車内での作業』の仕事術、車中泊旅行が大好きな自分には(別の意味で)ある種の憧れを感じます。


o0800080010196971564.jpg


【写真?】


o0600080010196971574.jpg


【写真?】
<リバースプロ事業部の"データレスキュー車"と作業風景。計500Wの電源装置の取り付けとクルマ側の電源関係の強化などを実施。>

 

大型連休が明け、お盆休みまで続く“夏の陣”の始まりであります。

ときに“夏場所”とおっしゃる方もいます。

どちらも日々の仕事に四季折々の変化を映しこむ、日本人ならではの風流な感性かと思います。
さて、本来でしたら編集長【Yamag】が「(株)ミナロ・その2」を書くところですが、おかげさまの業務多忙と体調不良のため、急遽【彦】がリリーフ投稿いたします。


株式会社ミナロ (横浜市金沢区)

(株)ミナロといえば、去る4月28日に配信された日経BP社のメールマガジン[ものづくり No.1201]の「技術がつなぐ中小企業リレー」欄にもダイジェストが掲載されていました。
・作業者全員がCADと工作機械の操作をこなし、
・高精度で見栄えの良い木型やモックアップを短期間で
・創業からわずか5年で多くの取引先を獲得、
・メンバーの多能工化の効果が大、、、などなど。
日経BPのWebサイト「Tech-on」に全文が掲載されています。
(Tech-onへのログインが必要です)
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090421/169103/

本題からそれますが、最近のTech−onの記事の中で、下記のコラムは考えさせられることも多く、読み応えがありました。

お読みになった方も多いと思いますが、ご紹介いたします。
「ムダと一緒に捨てたもの」(4月10日掲載)
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090409/168563/


さて、(株)ミナロ。
同社は日経ものづくり2007年9月号でも紹介されており、今回が2度目の掲載。

各メディアにしばしば取りあげられる同社ですが、その信頼感の醸造を担っている普段の“課外活動”(?)の一端について、写真を2点ご紹介したいと思います。


【写真1】 「京浜地域新産業創造シンポジウム〜コラボレーションが織りなす新産業創造〜」へパネリストとして参加(2006年3月9日、於:川崎市産業振興会館)

o0800070010179082748.jpg

 
<経済産業省関東経済産業局の主催による“京浜地域の製造業をもう一度見直していこう”、“地域ネットワークを活性化しよう”という趣旨で行われたシンポジウム。

地域ネットワークへの取り組みに実績をあげる企業各社の声かけの効果もあって定員100名の会場は満員。
シンポジウムの前半では、(株)産業立地研究所による「京浜地域の産業集積特性の報告」に続いて、品川区、大田区、横浜市、川崎市から1社ずつ各地区を代表するパネリストが各社の取り組みを発表。

写真は、横浜地区代表として自社の取り組みと起業の経緯、起業時の社会環境や制度面での問題点をスピーチする(株)ミナロ・緑川賢司氏。
後半はパネルディスカッション。

1)現在の地域ネットワーク活動、

2)新規開拓(=出会い)の進め方と受発注の課題、

3)今後の展開・施策要望、について各パネリストが意見を開陳。

緑川氏は、「関東経済産業局の主催とはいえ横浜市と川崎市、神奈川県と東京都という行政区分の枠を越えた集まりが開催できたことは画期的。京浜工業地帯という広いエリアをカバーするために、異業種交流とともに“異行政交流”の活発化を期待したい」など、広域的課題に対処できるしくみづくりの必要性を述べた。>



【写真2】 「サマースクール in Minaro」(2008年7月24日、於:(株)ミナロ3Fフリースペース)

o0383080010179082757.jpg


最近は夏休みに体験教室やサマースクールを取り入れる小学校が増えています。

神奈川県においても、お茶の作法体験や鎌倉彫り、しいたけ作り、地元の食材を使って親子で料理、竹のおもちゃ作り&竹を使った流しそうめん、ボランティア講座「車いすダンス」などがおこなわれています。

中にはやや我田引水的な PR中心のものもあるようですが、普段の生活で見ることのない仕事の様子や“職人の技”に触れられるのは素晴らしいと思います。
このような中、首都高速神奈川線の幸浦インターからほど近い横浜市立並木第四小学校( http://www.edu.city.yokohama.jp/sch/es/namiki4/ )も、横浜市で最も規模の大きな産業団地である地元・横浜金沢産業団地を舞台として、5年生・6年生の自由参加によって2007年からサマースクールを開催しています。
その会場に選ばれているのが(株)ミナロ。

「新しい経営手法への取り組み」、「将来の伸びしろへの期待」、「地域イベントへの積極参加」などが評価されて選出・委託されているそうです。


【参考】(財)神奈川県経営者福祉振興財団によるレポート
「立体」を強く意識、教科書で勉強するより、モノを作ってみる。
〜ケミカルウッド壱番店、小学生を迎えてのサマースクール開催〜
http://www.navida.ne.jp/sangyo/coment/todaykoten0724.html

サマースクールin横浜金沢産業団地(2007年)
http://www.kanaloco.jp/report/entry/entry_r74/


大手メーカーの在庫調整も終わりつつあり、加工業にもだんだんと仕事量が戻りつつあるこのごろ、次回は、編集長【Yamag】が「(株)ミナロ・その2」を掲載予定です。

引き続き、心をこめたものづくりで一緒に元気な日本を作っていきましょー!

・年中無休のパソコン修理会社

仕事にも普段の生活にも欠かせない存在のパソコン。

去る米国時間の4月14日(日本時間は4月15日)、マイクロソフト社による「Windows XPとOffice 2003のメインストリームサポート終了」はご存知の通りと思います。

今後は2014年4月8日まで予定されている「延長サポート期間」に入り、セキュリティ更新プログラムの提供のみが継続され、メインストリームサ ポート期間でおこなわれていたセキュリティ以外の新しいコンポーネントやService Packの提供、セキュリティ関連以外の修正プログラムのリクエスト対応、そのほか各種の有償・無償サポートがストップすることになりました。


それにしても、パソコンの故障で困った経験はありませんか。

使えて当たり前、というふうに毎日使って、いざトラブルが起きて顔を青くしたり、サポート担当者の対応のお粗末さに激昂して顔を真っ赤にしたり、という過去の一度や二度はあると思います。

今回ご登場いただくスゴい会社は、サービス業と製造業をミックスしたような業務内容のパソコン修理会社『竜家.net株式会社』です。
2月4日(水)〜6日(金)の3日間、パシフィコ横浜にて開催された『テクニカルショーヨコハマ』( http://www.tech-yokohama.jp/tech2009/ )では、「心技隊」ブースに製作例の参考出品もおこなった企業です。


 

o0800045010168522529.jpg

<心技隊ブースに参考展示された竜家.net(株)によるハードディスクレスの耐久仕様ノート PC。ハードディスクの代わりに可動機構が存在しないコンパクトフラッシュメモリカード(写真の機種では8GBタイプ)を使用。高耐久・耐振動・耐衝撃だ けでなく、省電力にも効果があります。>

【ご参考】 当ブログでの「心技隊」の紹介記事
http://ameblo.jp/gs-field/entry-10216889958.html


・事業のコンセプトは「コンピュータ専門の医療機関」
パソコンの修理・サポートを主力事業とする竜家.net(株)は、「電気製品の修理屋」ではなく「コンピュータ専門の医療機関」という意識を基本に、エンドユーザーとしての立場で「こんなサービスを提供してくれる会社があったらいいな!」を実現したくて作った会社です。

パソコンメーカーや量販店など他社では行わない修理・改造や、メーカーのサポートが終了してメンテナンスができないパソコンやワークステーションへ の対応、故障などにより各種ディスクドライブやメディアからの読み取りができなくなったデータの復旧、WindowsのOS修復など、他社では治せない不具合を治す仕事をしています。

修理の担当者はスタッフではなく、“ドクター”。

“機械いじり”とアルファロメオをこよなく愛する“Dr.タナカ”こと田中 聡氏と、水冷FR系ポルシェの職人技的メカニカルな機械造形・設計思想 にどっぷりハマっている“Dr.シモダ”こと下田リョウ氏の2人が在籍、いつもパソコンユーザーの気持ちでPC修理をしています。


 

o0800060010168522534.jpg

<夜間もOKの竜家.net。4名のPCドクターが在籍。Dr.シモダとDr.タナカの2人は常駐して、24時間体制でPCの救急救命を運営しています。>

 

o0800050010168522537.jpg

<社内(=「ラボ」と呼んでます。)のようす。まさにクリニックのような部屋で、専用のスリッパに履き替えて入ります。写真には写していませんが、見積中〜修理中(ならびに、修理待ち・修理済み)のパソコンがたくさんあります。>


同社は年中無休の営業で、修理はどこで購入したパソコンでもOK。

現地での出張作業も行い、藤沢市市内をはじめ、横浜・逗子・平塚・厚木などの近隣エリアであれば基本作業・出張費込みで15,750円。

この金額で大抵のトラブルには対応可能(その他のエリアへの出張は応相談)で、電話などの問い合わせは午前10時から午後10時頃まで対応するそうです。
OSのアップグレードから、メモリー増設、ハードディスクの交換はじめ、壊れたパソコンからのデータ取り出し、CPUの交換、マザーボードの換装まで、旧 いマシンの改造修理などなど、そこまでこだわった修理をしても、パソコンメーカーや量販店よりも安いPC修理費用を目指して良心価格。

初期診断と見積もりは無料、“この仕事が好きだから”という心意気にしびれます。

さらに、守秘義務誓約書・各種証明書類等の作成も行い、大手企業や公共機関向けの実績も多数。

事前に電話予約すれば対面修理も可能。

「緊急の場合には、即日持ち込み対面修理の相談にも前向きにお応えします」(Dr.シモダ)とのことです。



 

o0800050010168522541.jpg

[修理風景]<朝10時から夜10時迄営業。日本中のお客様から相談や依頼があり、クロネコヤマトのパソコン宅配便を使ってパソコンを受け渡しすることで全国どこでも完全対応。梱包が難しいパソコンやパソコン周辺機器にもぴったりの梱包資材があるそうです。>


o0800060010168522546.jpg

 

<PC修理作業は市販の部品はもちろん、販売中止になった部品も多数在庫。さらに、「入手不可 能な部品もできる限り自前で作って用意する」という徹底ぶり。写真は、回路の基本部品「コンデンサー」。電源、デジタル、アナログのそれぞれの系統に多数 用いられるものの、経年劣化するため古いハードウェアの不具合の原因のひとつ。>


o0600080010168523010.jpg

 

[工具棚]<他社でできない修理ができる理由のひとつが豊富に揃ったた専用工具。JISや ISOの規格にない特殊なネジや端子に対応できることも同社の強み。ちなみに、写真の上のほうにある聴診器はハードディスクなどドライブ類の動作音を聴い てトラブル原因を判断するために使用するそうです。>



 

o0760080010168523012.jpg

[メンテナンス前(上)]<トラブルで持ち込まれたCAD/CAM用のWindowsワークス テーションの内部。1日の稼働時間が長いCAD/CAM用のハードウェアやサーバー機の場合、内部はホコリだらけで放熱に問題を生じている場合も多いそう です。CAD/CAMシステム構築に実績のある(有)日本キャドキャムセンターとの連携で、旧いながらも現役のUNIXワークステーションや Windowsマシン、サーバーなどの修理→システム復旧にも対応。>


 

o0605080010168523016.jpg

<写真5のワークステーションのメンテナンス例。メンテナンス前(上)とメンテナンス後(下)。パソコンの動力源にあたる電源ユニットのパワーUPと高性能電源への換装も。各種ドライブやグラフィックボードなど追加のデバイスが増えても安定動作。>


 

o0800060010168523025.jpg

<冷却ファンの吹き出し口にホコリがびっしりのメンテナンス前(上)と、ホコリを取り除いた上に、吹き出し口のメッシュを細かい紙ヤスリでつるつるに磨いてホコリがつきにくくなるようにしたメンテナンス後(下)。>



 

o0700080010168523034.jpg

<毎日会社に出勤してお客様を接待する看板犬「チュッチュ」君。2006年6月10日生まれの 2歳ゴールデンレトリーバー♂ 肩書きは、「竜家.net株式会社 営業部  ワンコ部長」。 ひとこと ・・・ いつも会社でまったりしているのでワンコ好きな方もぜひ遊びに来てくださいね!>


パソコン修理専門店 竜家(りょうや)
〒252−0816 神奈川県藤沢市遠藤5608番地
電話 0466−49−3090
FAX 0466−60−0026
メール 
info@ryoya.net


今回、紹介致しました竜家さんの技術にご興味のある方は、
直接、お問い合わせ頂くか、
もしくは seizo-ouen@gs-field.net へご連絡ください。

どうぞお気軽にご連絡ください。

RSS

Copyright © 2008-2014製造業応援ブログ