マツダ&スバル応援: 月別アーカイブ

アイテム

  • DSC_0928_800.jpg
  • DSC_0918_801.jpg
  • DSC_0900_900.jpg
  • DSC_0481_800.jpg
  • DSC_0398_800.jpg
  • DSC_0474_800.jpg
  • DSC_0425_801.jpg
  • DSC_0450_800.jpg
  • DSC_0380_800.jpg
  • D71_0565_800.jpg
  • D71_0572_801.jpg
  • DSC_1270_800.jpg
  • DSC_1298_800jpg.jpg

マツダ&スバル応援の最近のブログ記事

9月6日(土)、筑波サーキットで 「 第25回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 」が
開催されました。 この日、8月に幕張メッセで公開された新型ロードスターがコースを
走行しました。

DSC_0900_900.jpg

■ マツダ公式ブログ2014/9/22
 『ロードスターと歴史を共にした「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」。
 25周年を迎える今年「新型ロードスター」がサーキットを駆け抜けました!』

■『 第25回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 』公式サイト
自動車メディアの編集部員やジャーナリスト自らがチームを組み、
クルマの走る楽しさを伝えるべく各メディアが意地とプライドをかけて挑戦する伝統のレース。

■ マツダWeb『 ロードスター 』

■ ウィキペディア『 マツダ・ロードスター 』

なお、メディア対抗"だけあって、レース展開と結果、イベントの様子等は
各メディアそれぞれに配信されました。

DSC_0918_801.jpg DSC_0928_800.jpg

よい週末をお過ごしくださいませ♪

=============
[10月18日追記] 
 去る10月13日、2014-2015日本カーオブザイヤーの最終選考が行われ、
 今年はマツダ新型デミオが大賞に選ばれました。受賞理由は、

> 国産コンパクトカーの常識を打ち破るデザインとクオリティ、
> そしてテクノロジーをリーズナブルな価格で実現したこと。
> 低燃費技術を追求するなかで、新しい選択肢として
> 小型クリーンディーゼルを採用する一方、MTモデルをリリースするなど
> 多彩なニーズに配慮している点も好印象で、軽快なフットワークと相まって
> クルマの楽しさを再認識させてくれた。独自の魅力にあふれ、
> 日本から世界に向けてアピールできる実力を持ったコンパクトカーである。

 とのこと。
 昨年は日本車ではなくVWの新型ゴルフが受賞。( その前年、2012年は
 マツダCX-5。) 日本人が選ぶ国内色の濃いアワードとはいえ
 とくに昨年・今年と、ますます重要になる世界視点・世界品質を実感します。

■ 日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト

■ ウィキペディア『 日本カーオブザイヤー 』

■ マツダWeb『 デミオ 』

■ ウィキペディア『 マツダデミオ 』

-以上です-

東京・上野駅前の上野公園内にある国立科学博物館で、

通常の展示に加えて 第5回ものづくり日本大賞のコーナーが設けられています。

期間は4月6日(日)まで。  春休みシーズン、ご家族でお出かけになってはいかがでしょうか。

 

■ 経済産業省Web 『 第5回 ものづくり日本大賞について 』

 "人から人へ。未来に受け継ぐ、日本のものづくり"

  → http://www.monodzukuri.meti.go.jp/

 発表・表彰式など → http://www.monodzukuri.meti.go.jp/outline/ceremony.html

 

■ 経済産業省2013年9月13日プレスリリース

  『 第5回「ものづくり日本大賞」受賞者を決定しました! 』

 経済産業省、国土交通省、厚生労働省、文部科学省は、第5回「ものづくり日本大賞」の

 内閣総理大臣賞受賞者(24件75名)などを決定しました。

 → http://www.meti.go.jp/press/2013/09/20130913004/20130913004.html

 

□ ご参考) 国立科学博物館 ( 東京都台東区上野公園7 ) ホームページ

 → https://www.kahaku.go.jp/

 

DSC_3245_800.jpg DSC_3243_801.jpg

 

DSC_3264_801.jpg

写真、上が 『 液晶ディスプレイの世界的普及を支えた光学フィルムの高度生産プロセスの

開発 』(富士フイルム)、下が 『 再現力のある精密臓器シミュレーター 』 ((株)クロスエフェクト、

本社:京都市伏見区、http://www.xeffect.com/ )。 いずれも内閣総理大臣賞。

 

これら2件のほか、

・『 業界最短の製造時間で高品質の豆乳製造を実現した豆乳製造方法 』

  ( (株)ワイエスピー 、福岡県飯塚市、http://www.ysp-soybean.com/ )

・『 自家培養軟骨ジャックの製品化  -わが国発の再生医療製品の実現- 』

  ( (株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング、愛知県蒲郡市、http://www.jpte.co.jp/ )

・『 世界初、裏面照射型 CMOS イメージセンサーの開発と量産化 』

  ( ソニーセミコンダクタ(株)、http://www.sony-semiconductor.co.jp/ )

・『 地球温暖化と日本のものづくり競争力強化に貢献する次世代エアコンの開発 』 

  ( ダイキン工業(株) 、大阪市北区、http://www.daikin.co.jp/

・『 洪水から人を守る無動力自動開閉樋門ゲート(オートゲート)の開発 』

  ( 旭イノベックス(株) 、札幌市清田区、http://www.asahi-grp.co.jp/ironworks/ )

・『 伝統的箔押印刷技術を応用し、装飾性や医薬用途に優れる高機能フィルム製品群を開発 』

  ( ツキオカフィルム製薬(株)、岐阜県各務原市、http://www.moonhill.jp/ )

が、内閣総理大臣賞に選ばれています。 

 

また、厚生労働省からは 「 卓越した技能者(現代の名工) 」や「技能五輪国際大会」の

金メダリストへの賞の授与、文部科学省からはデザイナー(今回は帽子デザイナー)や

伝統工芸(今回は手漉き和紙の紙製作者)、コンピュータ関連ソフトウェア技術者への

賞の授与も行われています。

 

DSC_3269_800.jpg  DSC_3267_800.jpg   

こちらは 経済産業大臣賞(18件・85名)のひとつ、

グローリー株式会社( 本社:兵庫県姫路市、http://www.glory.co.jp/ ) による

『 ヒト型ロボットを活用した生産方式構築による「ものづくりイノベーション」の取組 』

 

■ グローリーWeb 『 第5回ものづくり日本大賞「経済産業大臣賞」を受賞 』

 → http://www.glory.co.jp/company/news/2013/0920.html

 

===================================== 

 

経済産業大臣賞として 『自動車業界のものづくりの発想を根本的に変えた製造プロセス

「マツダ モノ造り革新」 』 も選ばれました。 一般にも馴染みある"クルマ"というプロダクツを支える

取り組み内容、、もさることながら、来場者には実車展示のウケが良かったようです。

 

■ マツダ公式ブログ 『 お子さまも大満足^^ 国立科学博物館でSKYACTIV技術を実感しよう! 』

 → http://blog.mazda.com/archive/20140328_01.html

 

DSC_3256_800.jpg  DSC_3312_801.jpg

DSC_3248_800.jpg   DSC_3251_800.jpg

 

良い週末をお過ごしくださいませ♪

 

11月20日~12月1日、東京ビッグサイトで開催される第43回東京モーターショー。

今回のテーマは 『 世界にまだない未来を競え。 』 です。

 

「 ~クルマの未来が社会を変える~ SMART MOBILITY CITY 2013 」

http://smc.tokyo-motorshow.com/ ) と  「お台場モータフェス」

http://fes.tokyo-motorshow.com/ )( トヨタ メガウェブ を中心会場として

ひとあし早く11月16日スタート) も開催中です。

 

■ 第43回・東京モーターショー ホームページ

  各メーカー ホームページ(=トップページ)への出展社リンク集もあります。

 → http://www.tokyo-motorshow.com/

 

 

==================================

 

 国内各社の特設サイト・スペシャルサイトを集めてみました。

 

「Be a Driver~走る歓び~」マツダ → http://www.mazda.co.jp/motorshow/2013/

 

「 Confidence in motion 」スバル → http://www.subaru.jp/tms2013/

 

スズキ → http://www.suzuki.co.jp/car/entertainment/motorshow/2013/

 

ヤマハ → http://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/event/2013tokyomotorshow/sp/

 

ホンダ → http://www.honda.co.jp/motorshow/2013/

 

トヨタ → http://www.toyota.co.jp/jpn/tokyoms2013/

  

三菱自動車 → http://www.mitsubishi-motors.com/jp/events/motorshow/2013/tms2013/

 

「もっと軽にできること」ダイハツ → http://www.daihatsu.co.jp/

 

「Always Next to You~暮らしのそばに、いつまでも、どこまでも~」 いすず

 → http://isuzumotorshow2013.com/

 

「あしたをはこぶ、世界のあなたへ」日野自動車 → http://www.hino.co.jp/tokyomotorshow2013/

  

「地球と生命を守り、次世代に明るい未来を届けたい。」デンソー

 → http://www.globaldenso.com/en/newsreleases/events/tokyomotorshow/2013/booth/

 

 # 残念ながら カワサキと日産自動車は見つけられませんでした。

 

では、今週もがんばってまいりましょう!

前回の投稿 『 からくり改善くふう展、今年は10月3・4日 』

( http://www.sugoizo-blog.com/2013/09/post-240.html )にて

昨年の同展についての「機械と工具」向け拙寄稿(しかし不掲載w)を転載しましたが、

今回は、( ブログが長くなりすぎるため ) そこから省いたところの

マツダ( http://www.mazda.co.jp/ )関連部分のご紹介です。

 

DSC_2093_800.jpg

マツダおよびマツダ関連企業の展示ブース

 

今回(2012年)は本社工場5作品・防府工場6作品・関連企業6作品の計17作品を出品。

本社工場 第2パワートレイン製造部のエンジンヘッドカバーを締め付ける15本の

ボルトのセットをワンアクションで行う『スマートポン!』が【協会特別賞】、

防府工場 西浦地区の圧縮エアー供給ホースと継ぎ手金具をテコの原理で安全かつ

簡単・きれいに切り離す『名刀カズヤ(スパッと切れる)』が【努力賞】、さらに、2000年から

13年連続出品により「車体製造部」と「防府工場 西浦地区」が【連続出品賞】を受賞。


同社は2002年より「からくり改善道場」と名付けた育成プロジェクトを本社工場と

防府工場で部門横断的に展開、従業員のアイデアを活用した改善活動による

モチベーション向上と作業の効率化、コスト削減を推進。 2006年からは

「J-ABCからくり改善道場」も開催し、関連企業も交えたグループ全体の取り組みを続けている。

  

なお、今年の 「 からくり改善くふう展2013 」 (  http://www.jipm-topics.com/karakuri/ )は

10月3日(木)~4日(金)の2日間、ポートメッセなごや にて開催されます。

 

==========================

 

ところで、昨日9/7(土)は、8月12日の投稿

http://www.sugoizo-blog.com/2013/08/post-237.html )で紹介したところの

 『 第24回・メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 』が開催されました。

 

■   『 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 』 公式サイト

 → http://www.media4tai.com

 予選の結果は http://www.media4tai.com/pdf/media4tai2013result_q.pdf にて、

 決勝の結果は http://www.media4tai.com/pdf/media4tai2013result_f.pdf にて

 公開されています。

 

■ マツダWebサイト  『 第24回・メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 』

 昨年まで歴年大会の写真・動画がアップされています。

 → http://www.mazda.co.jp/carlife/event/endurance/

 

 

よい日曜日をおすごしくださいませ。

 

8月7日は立秋でした。 残暑お見舞い申し上げます。

 

あと3週間あまり、9月7日(土)は 『 第24回・メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 』

が筑波サーキットで行われます。

普段は取材する側のメディアがチームを組みドライバーとして参加する同レース、

1989年から毎年1回ずつ、20台あまりの参加で開催されています。

 

エントリーリストを見ますと、今年は 下記4チームが新たにエントリーしています。

「 AutoProve 」( http://autoprove.net/ )、「 driver 」( http://www.yaesu-net.co.jp/driver/

「 ahead 」( http://www.ahead-magazine.com/contents/)、「 月刊自家用車 / オートメカニック 」

( http://www.naigai-p.co.jp/jikayosha/ / http://www.naigai-p.co.jp/automechanic/ )、

かつて愛読したあの雑誌も出場(♪)、応援する楽しみ倍増です。 

 

■ マツダWebサイト /イベント情報 『 第24回・メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 』

 → http://www.mazda.co.jp/carlife/event/endurance/

 

さらに、パドックに設置されるイベントステージには、伝統芸能、ご当地ヒーロー、

ご当地アイドルが大集合、大人からこどもまで楽しめる企画が盛りだくさん、

「漫遊空間いばらき」の魅力を発信。 また、恒例のレースクィーンオンステージや、

マツダ開発陣によるトークショーも予定されています。

> 「 レース好きでなくともサーキットを一日楽しめますので、家族や友達を連れて是非お越しください。]

とのことです。 ( 詳しくは下記サイトをご覧ください )

 → http://www.media4tai.com/events/

 

 

■ 『メディア対抗ロードスター4時間耐久レース』 公式ホームぺージ

 レース仕様のロードスターに、各媒体のジャーナリストや編集者自らがドライバーとして参加。

 雑誌やウェブ、テレビなど、普段は取材する側のメディアがチームを組み、そのプライドを賭けて

 レースに参加。 マツダから初代ロードスターが誕生した1989年から毎年開催。

 国内でも有数の歴史と人気を有するレースです。

  → http://www.media4tai.com/media4tai/

 

========================

ここからは、昨年(第23回レース)の情報です。

 

この秋 出かけて大いに楽しめたのが 『メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 』。

おすすめです。

 

■ マツダ公式ブログ 『 第23回・ロードスター4時間耐久レース参加「人馬一体」チーム参戦記 』

 → http://www.mazda.co.jp/blog/archive/20120919_01.html

 

DSC_3348_800.jpg

第23回のポスター・チラシ。

 

DSC_3969_800.jpg  DSC_3975_800.jpg

スタート前、チーム&ドライバー紹介を兼ねたセレモニー。

左写真、上は「女性ジャーナリスト連盟」チーム。 下は「レブスピード」チーム、向かって

一番左はプロドライバー枠の織戸学さん。 右写真は、強豪「Start Your Engines」チーム。

プロドライバー枠は荒 聖治さん、この日のレースでは総合2位。

  

DSC_3966_800.jpg DSC_4247_800.jpg 

レース模様。 左写真の下側はピット風景(ドライバー交代+給油)。

ガソリンは90リットルまで(スタート時:満タン50L+レース中の補給20L×2回)。

 

DSC_4240_800.jpg DSC_4291_800.jpg

午後4時スタートのため、レース中盤からは夜間走行。 耐久レースのためドライバーだけでも

人数が多い上、その身内や仲間も含めてパドックは賑やか&和やか。

 

お盆休みを迎えた方もいらっしゃると思います。

よい一週間をお過ごしくださいませ♪

 

残暑お見舞い申し上げます。

 下記、マツダFacebookページ( https://www.facebook.com/Mazda.Japan )からの情報です。

 

> 「NHKスペシャル」の拡大版でマツダが紹介されます!

> 5月に放送されたNHKスペシャル「メイドインジャパン 逆襲のシナリオⅡ」はご覧になりましたか?

> 今回、以前の放送では入りきらなかった未公開映像をふんだんに盛り込んだ拡大版の番組が

> 放送されることになりました。

> 番組の一部で、「広島からマツダが世界で戦うための戦略とは」が紹介されます。

> 前回見逃した方も、ご覧になった方も、ぜひご覧くださいませ♪

> ◇「メイド・イン・ジャパン 逆襲のシナリオ」

> 放送日:2013年8月11日(日) 23:00~0:50

> チャンネル:BS1  http://www4.nhk.or.jp/P2740/

>

 

よい週末をお過ごしくださいませ♪

 

7月14日(日)~28日(日)の土・日・祭日 計6日間、

横浜市神奈川区守屋町にある マツダ横浜R&Dセンターにて 2013年の

『 ロードスター展 』( http://www.open-inc.co.jp/rcoj/event_info/ )が行われました。 

 

DSC_7565_800.jpg

 

同車の紹介と昨年の同展、こちらの投稿をご覧くださいませ。

2013年7月8日投稿、『 マツダロードスター、100万台へ向けて 』

 → http://www.sugoizo-blog.com/2012/07/post-191.html

 

DSC_7550_800.jpg DSC_7552_800.jpg

今回、存在感が光ったのは『 M2 1006 』。  当時を懐かしむ来場者のみなさんも多数。

 

■ ウィキペディア 『 M2 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/M2_(%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%80)

 

DSC_7554_800.jpg  DSC_7557_800.jpg

エンジンルームの比較。 左が M2 1006、 右が ほぼノーマル。

 

もうすぐ夏休み|お盆休み、今週もがんばってまいりましょう♪

前回投稿( http://www.sugoizo-blog.com/2012/10/post-192.html )レース、わが家はいずれにも出かけられませんでしたが、

この秋 出かけて大いに楽しめたのが 『メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 』。

普段は取材する側のメディアがチームを組みドライバーとして参加するレースで今年は23回目。

1989年から毎年1回ずつ、20台あまりの参加で開催されています。( →下の写真7コマ )

 

そして、この 「 ロードスター4h耐久レース」のフォーマットを活かして今年から開催されている

モータースポーツイベントが 『 マツダファン・エンデュランス(通称:マツ耐) 』。

7月8日にエビスサーキット(福島県)、11月11日に筑波サーキット(茨城県)、

12月9日に岡山国際サーキット(岡山県)で開催されます。

 

■ 『 マツダファン・エンデュランス(マツ耐) 』 公式ホームページ

  11月11日の筑波ラウンドのエントリー受付、締切りは10月22日(月)です。

  → http://endurance.nr-a.com/

 

========================

 

■ 『メディア対抗ロードスター4時間耐久レース』 公式ホームぺージ

 レース仕様のロードスターに、各媒体のジャーナリストや編集者自らがドライバーとして参加。

 雑誌やウェブ、テレビなど、普段は取材する側のメディアがチームを組み、そのプライドを賭けて

 レースに参加。 マツダから初代ロードスターが誕生した1989年から毎年開催。

 国内でも有数の歴史と人気を有するレースです。

  → http://www.media4tai.com/media4tai/

 

■ マツダWebサイト /イベント情報 『 第23回・メディア対抗ロードスター4時間耐久レース 』

   → http://www.mazda.co.jp/carlife/event/endurance/

 

■ マツダ公式ブログ 『 第23回・ロードスター4時間耐久レース参加「人馬一体」チーム参戦記 』

 → http://www.mazda.co.jp/blog/archive/20120919_01.html

 

DSC_3348_800.jpg

今回のポスター・チラシ。

 

DSC_3969_800.jpg  DSC_3975_800.jpg

スタート前、チーム&ドライバー紹介を兼ねたセレモニー。

左写真、上は「女性ジャーナリスト連盟」チーム。 下は「レブスピード」チーム、向かって

一番左はプロドライバー枠の織戸学さん。 右写真は、強豪「Start Your Engines」チーム。

プロドライバー枠は荒 聖治さん、この日のレースでは総合2位。

  

DSC_3966_800.jpg DSC_4247_800.jpg 

レース模様。 左写真の下側はピット風景(ドライバー交代+給油)。

ガソリンは90リットルまで(スタート時:満タン50L+レース中の補給20L×2回)。

 

DSC_4240_800.jpg DSC_4291_800.jpg

午後4時スタートのため、レース中盤からは夜間走行。 耐久レースのためドライバーだけでも

人数が多い上、その身内や仲間も含めてパドックは賑やか&和やか。

 

ドライブはじめクルマが楽しいシーズン、よい日曜日をお過ごしくださいませ ♪

RSS

Copyright © 2008-2014製造業応援ブログ