CAE活用: 月別アーカイブ

アイテム

  • 移動支援ロボ.png
  • DSC_6907_800.jpg
  • DSC_9931_800.jpg
  • DSC_9929_800.jpg
  • DSC_9927_800.jpg
  • DSC_9920_800.jpg
  • DSC_0151_800.jpg
  • DSC_0046_800.jpg
  • DSC_0030_800.jpg
  • DSC_9825_800.jpg
  • DSC10065_800.jpg
  • DSC_0209_800.jpg
  • DSC_7196_800.jpg
  • DSC_7128_800.jpg
  • DSC_0262_800.jpg
  • DSC_0291_800.jpg

CAE活用の最近のブログ記事

去る11/11(月)、日本機械学会にて 『 低コストCAE活用による設計検討手法の紹介 』

( http://www.jsme.or.jp/event/detail.php?id=2583 ) を受講したことは11月30日の投稿

( http://www.sugoizo-blog.com/2013/11/post-255.html )で書きましたが、

今回は、当日の午後、3時限目に行われた(株)キャドラボ 栗崎 彰さんによる

 「オープンソースCAEの動向と設計現場での活用 」 の中で紹介された

3D-CADの無料ソフト各種をご紹介します。

 

DSC_7291_800.jpg 

 

【1】 オートデスク 「 123D Design(123Dシリーズ)」

 

 ■ オートデスクWeb『 AUTODESK 123D 』

  → http://www.123dapp.com/

 

 ■ Japanese Makers 情報サイト 『 AutoDesk 123D とは どんなソフトなの? 』

  → http://www.japanese-makers.com/archives/2184

 

 ■ 〃 『 Autodesk123D Design の一連の流れを体験してみる 』 ほか、3Dソフト情報一覧

  → http://www.japanese-makers.com/history/3d%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88

 

 ■ ド素人の3D-CADブログ 『 フリーの3D-CAD 「 Autocad 123D 」 ダウンロードとインストール 』

  → http://3dcad.seesaa.net/article/239543822.html

 

【2】 PTC 「 Creo Elemnts/Direct 」

  → http://ja.ptc.com/products/creo-elements-direct/modeling-express/

 

【3】 RS 「 DesignSpark Mechanical 」
  → http://www.designspark.com/jpn/page/mechanical


これらのほか、MacOSのみの無料3D-CADとして " Autodesk InventorFusion "

http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/pc/index?siteID=1169823&id=17212057 )、

おすすめ度は低めながら、STEP形式でデータ出力できる無料3D-CADとして " FreeCAD "

( http://sourceforge.jp/projects/sfnet_free-cad/ )も紹介されました。

FreeCADは 検索するとチュートリアルや操作ガイドもあります。

 

■ ウィキペディア 『 FreeCAD 』
 → http://ja.wikipedia.org/wiki/FreeCAD

 

==================================

 

なお、2D-CADのフリーウェアとして、下記7システムの名前が紹介されました。

 

1) DraftSight ( ダッソーシステムズ )

  → http://www.3ds.com/ja/products-services/draftsight/overview/

 

2) RootPro CAD Free ( (株)ルートプロ、本社:長野県駒ヶ根市  )

  → http://www.rootprocad.com

 

3) JW_CAD ( 清水治郎・田中善文・岡野輔仁 )

  → http://www.jwcad.net

 

4) LibreCAD ( オープンソース系 )

  → http://sourceforge.jp/projects/sfnet_librecad/

 

5) AR_CAD ( (株)システムハウス福知山 )

  → http://www.ar-cad.net/

 

6) QCAD ( メディアラボ(株) )

  → http://www.mlb.co.jp/linux/science/qcad/

 

7) SolidEdge Free 2D ( シーメンスPLMソフトウェア )

  → http://www.plm.automation.siemens.com/ja_jp/products/velocity/solidedge/free2d/

 

 よい休日をお過ごしくださいませ♪

 

JR総武線・信濃町駅から歩1分、慶応大学付属病院と同じ一角に本部のある日本機械学会

( http://www.jsme.or.jp/ )。 さまざまな分野について各地でいろいろなイベントを開催しています。

 

会員でなくても 参加できるイベントも多数あります。

参加できなくても 当日の教材や資料を良心価格 ( ほぼ実費 ) で 取り寄せることも可能です。

 

■ 一般社団法人・日本機械学会 イベント情報

  → http://www.jsme.or.jp/event/

 

近日開催イベントのひとつに、『 3Dプリンタによる金属部品製造の最前線 』 講習会

( http://www.jsme.or.jp/event/detail.php?id=2709 )があります。

日時は12/18(水) 10:55~17:30、会場は 東京農工大学 小金井キャンパスです。

 

  # 当日の5時限あるコマのうち、自分的には、とりわけ15時20分~16時20分の

  # 『 宇宙開発における金属積層造形技術の研究開発動向とJAXAの取り組みについて 』

  # ( 宇宙航空研究開発機構-JAXA- 升岡 正 氏 )など とても気になります。。。

 

DSC_0685_800.jpg

 

===============================

 

ところで。 去る11/11(月)、朝9時45分から17時まで まるまる1日、

同学会主催の講習会 『 低コストCAE活用による設計検討手法の紹介 』

( http://www.jsme.or.jp/event/detail.php?id=2583 ) を受講してきました。

 

DSC_7291_800.jpg 

 

【 午前 】

(株)本田技術研究所 内田孝尚さんによる15分間の 「 CAEを設計者が自ら用いて行う

設計仕様検討の動向 」 での講習会開催の背景となるCAE活用の現状報告に続いて、

10時からは 低価格CAEの実例として 村田製作所( http://www.murata.co.jp/ ) 100%出資会社

であるムラタソフトウェア( http://www.muratasoftware.com/ ) が開発・販売する19.8万円/年

で使用できる有限要素解析ツール 『 Femtet 』 の機能説明と操作実習。

 

■ ムラタソフトウェア 『 Femtet® 』 製品情報

 7つの解析機能(応力/圧電/電磁波/熱・温度/音波/磁界/電界)に加え、
 モデル作成(CAD)と 多彩な結果表示機能を標準装備しています。

  → http://www.muratasoftware.com/products/

 

【 午後 】

(株)キャドラボ 栗崎 彰さんによる 「オープンソースCAEの動向と設計現場での活用 」、

16時から 東京大学大学院工学系研究科の泉 聡志先生による 「東京大学におけるCAE教育と

CAE演習問題作成WGの活動紹介」 という盛りだくさんの1日でした。

 

近日、当日のメモの中から いくつか内容をご紹介できればと思います。

よい週末をお過ごしくださいませ♪

 

去る9月13日、(株)図研( http://www.zuken.co.jp )の横浜市都筑区の本社ビルを訪ね、

その100%出資会社である(株)キャドラボ主催の 『¥0構造解析セミナー』 を受講してきました。

  

■ (株)キャドラボ
 3DCAD運用支援、設計者CAEトレーニング・コンサルティングを行うCADと解析の専門家集団。

 → http://www.cadlab.co.jp/

 

■ 『 ¥0構造解析セミナー 』 Facebookサイト

 各地でのセミナーの開催予定を掲載。申込みもできます。

 → https://www.facebook.com/caeZero

 

DSC_8859_800.jpg

 

■ ITメディア MONOist 『 フリーソフトだけで構造解析をやってみる(上) (1/3) 』

 → http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1005/19/news103.html

 

■ ウィキペディア  『 構造解析 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%B3%E7%A0%94 

  

なお、(株)図研といえば プリント基板の設計支援など電気系CAD 『 CRシリーズ 』 の開発・販売元、

一方、電気系/機械系を連携させた設計環境「エレメカ連携」にも注力しています。

 

□ ご参考) ウィキペディア  『 (株)図研 』

 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%B3%E7%A0%94 

 

================================

 

この 『¥0構造解析セミナー』 を主宰する栗崎彰さんの著書、

『 図解 設計技術者のための 有限要素法はじめの一歩 』、

開発型企業/提案型企業を目指して これから有限要素法と構造解析を学ぶ技術者のみなさんに

初めの一冊として 是非におすすめです。

 

■  講談社Webサイト 『 図解 設計技術者のための 有限要素法はじめの一歩 』

  書籍内に掲載されているURLへのリンク集もあります。

 → http://www.cae1step.com/

   

DSC_0518_800.jpg

 

■ Amazon.co.jp  『 図解 設計技術者のための 有限要素法はじめの一歩 』 および 関連書籍
 → http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%B3%E8%A7%A3-%E8%A8%AD%E8%A8%88%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E6%9C%89%E9%99%90%E8%A6%81%E7%B4%A0%E6%B3%95%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%AE%E4%B8%80%E6%AD%A9-KS%E7%90%86%E5%B7%A5%E5%AD%A6%E5%B0%82%E9%96%80%E6%9B%B8-%E6%A0%97%E5%B4%8E-%E5%BD%B0/dp/4061565001

 

■ セブンネットショッピング 『 図解 設計技術者のための 有限要素法はじめの一歩 』
 → http://www.7netshopping.jp/all/search_result/?site=default_collection&client=facet_frontend&access=p&ctgySelect=all&kword_in=+%E5%9B%B3%E8%A7%A3+%E8%A8%AD%E8%A8%88%E6%8A%80%E8%A1%93%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE+%E6%9C%89%E9%99%90%E8%A6%81%E7%B4%A0%E6%B3%95%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%AE%E4%B8%80%E6%AD%A9&fromKeywordSearch=true&oop=on&prvlg=off&keywordInc=&componentID=&category1=&category2=&narrowing=all&occupation=all&ctgy=all
 

よい週末をお過ごしくださいませ♪ 

RSS

Copyright © 2008-2013製造業応援ブログ